ライフ

冬の節電・省エネ エアコン・カーテン・ウォシュレット

投稿日:

日本では、東日本大震災以降、節電の意識が高まり、多くの人の努力で着実に消費電力量が減っています。またエコカーの普及に象徴されるように、電気だけでなく、ガソリン・軽油などのその他のエネルギーについても省エネルギーの努力が続けられています。

日本では、多くの人が冷房を使用する真夏の最も暑い日のピーク電力が話題になることが多いですが、月別の電力使用量を見ると寒い時期の使用量が夏を上回っています。それは電気を使って暖めるということに最も電力が必要だからです。日本全体のエネルギー消費を減らすためにも冬の節電・省エネが重要です。

一般家庭でも冬の電気代・ガス代が最も高くなるケースが多いでしょう。冬の節電・省エネについて紹介します。

スポンサードリンク

冬の節電 エアコンの設定温度

節電・省エネが重要と言っても、寒い時期に暖房を使わないで耐えるなどといったことをすると場合によっては命にかかわりますので、無理せず、適切に暖房を使用しましょう。

暖房器具にはエアコン以外にも、カーボンヒーター、ハロゲンヒーター、オイルヒーター、石油ストーブなどがあります。電気を使う暖房器具としては、エアコンが最もエネルギー効率が高く、優れています。他の電気を使う暖房器具は、電気で加熱して暖めるのに対し、エアコンはヒートポンプという方式で熱を移動させるためです。

石油ストーブは、灯油を燃やして部屋を暖めるために、単純にエアコンと比較しにくいのですが、部屋内で灯油を燃焼させるために空気が汚れる、火災の危険がある、ストーブが高温になるため火傷の危険があるなどの特徴から避ける方が良いでしょう。最近は高齢者だけの単身世帯が増え、ゴミをゴミ集積所に出すことさえ困難になる人が増えています。定期的に灯油を購入して、ストーブに入れないといけないということも、無視できない短所です。

エアコンによる節電方法は、設定温度を低めにすることです。一般的には20℃程度に設定すると良いとされています。エアコンのモードは「自動」にするのがポイントです。エアコンの効率を向上させるために各社研究開発を進めています。多くの技術を投入して、最も効率よく暖房できるような制御が「自動」モードでは利用できますが、その他のモードでは十分に利用できないからです。

またエアコンによる暖房は、低い温度から目標温度まで部屋の温度を上げる時に最も電力を使用します。したがって、こまめにオン・オフするとかえって消費電力量が増えてしまいます。短時間だけ部屋を出る時などもオンのままにした方が節電になります。

部屋の中に温度差が大きいところがある場合は、サーキュレーターなどを使って部屋の空気を攪拌すると良いでしょう。これにより部屋の一部が寒くなり、設定温度を上げるなどといったことを避けることができ、節電になります。

エアコンの室外機は、ヒートポンプとしての重要な機能を果たしています。周囲にものを置いて空気の流れを妨げないようにしましょう。またエアコンのフィルターが詰まっていると効率が落ちます。2週間に1度程度はフィルターを掃除しましょう。

カーテンによる節電方法

エアコンなどで部屋を暖める時に、その効率を左右するものは部屋の断熱性です。部屋を暖めても、熱がどんどん外に逃げてしまったら効率が非常に悪くなります。

部屋の中の熱の出入り口として最も大きいのが窓です。窓の部分をしっかり覆う厚手の断熱性カーテンを取り付けると、大きな断熱効果が得られます。ポイントは床近くまで覆えるような長さのカーテンにすることです。冷たい空気は下に行き、カーテンの丈が短いと簡単に下をくぐってくるからです。


スポンサードリンク

窓の断熱による省エネ

最も効果のある窓の断熱方法は、二重窓や複層ガラスのような断熱性の高いガラスを取り付けることです。この効果は絶大で、結露も無くなります。問題は費用がかかることと、賃貸住宅では工事ができないケースが多いことです。

費用に関しては、断熱性の高い窓の普及でかなり下がってきているようですので、自宅の場合は工事してしまった方が、他の方法を試すより結果として安くなることもあるでしょう。

賃貸でできる方法としては、プチプチなどの断熱材を窓に貼る方法です。オシャレで粘着剤などが最初から付いているものも販売されていますが、DIYのお店でプチプチを購入し、自分で貼ってしまうのが最も安くできます。一般のテープなどで貼る場合は、粘着剤が窓や窓枠に残りやすいので、粘着剤が残りにくい養生用テープなどを使うと良いでしょう。

ウォシュレットの節電方法

冬になるとウォシュレットの便座を暖める機能が快適です。トイレが暖房されていない住宅などでは、非常に助かる機能です。しかし、このように電気で温めるものは、やはり消費電力量が多くなります。

便座の暖房は使うとしても、温度は低めに設定しましょう。また便座の蓋を締めるだけでも大きな節電効果があります。

風呂のふたによる省エネ

オール電化住宅以外では、ほとんどの場合ガスでお風呂のお湯を沸かしているでしょう。そのため、ここでは節電ではなく、省エネという意味でお風呂について紹介します。

お風呂でお湯を沸かして入浴する場合、沸かしてすぐに入浴することがポイントです。時間が経つほどお湯が冷めてきますので、沸かし直したりしなければなりません。家族がいる場合は、できるだけ連続してお風呂に入るようにしましょう。

そうは言ってもある程度の時間間隔が空いてしまうのは止むを得ません。そんな時にお風呂にしっかりと断熱性の蓋をかぶせるだけでかなりの省エネになります。

まとめ

冬は日本で最も電力消費量が多くなる季節です。みんなが少しでも節電・省エネルギーの努力をすれば、積もり積もって大きな効果になります。原油・天然ガスなどのエネルギー源の多くを海外から輸入しなければ日本にとっては、節電・省エネルギーは重要な課題です。また節電・省エネルギーを進めるとお金の節約にもなりますので、無理のない範囲で実践してみましょう。

スポンサードリンク


-ライフ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

冬でも脱水症状になるのでしょうか?便秘になる?対策は?

スポンサードリンク 冬になると空気が乾燥してきて、お肌や喉・鼻の粘膜が乾いて辛いですね。男性はカミソリ負けしやすくなるので、そのケアを入念にしている方もいらっしゃるでしょう。それだけでなく、もしか …

魚の養殖は日本と世界でどうなっているの?自給率は?

スポンサードリンク 日本では多くの魚介類が食べられています。世界でも人口の増加とともに一人あたりの魚介類の消費量が増えて、世界全体の魚介類の消費量は増え続けています。これに応えるために魚介類の生産 …

ゴキブリ駆除方法で効果があるのはこれです!

スポンサードリンク 湿気が高く、ジメジメする梅雨ごろから、気温も上がり、ゴキブリが活発に動き始めます。衛生上の観点からも対策が必要ですが、何と言ってもゴキブリを見るのが嫌な方は、精神衛生上の観点か …

クレジットカードは持たない方がいい?使うメリットは?

スポンサードリンク クレジットカードを使い過ぎて借金が増えてしまい、返済ができなくなって破産するといった事例を聞くことがあります。そのためクレジットカードを作ることに恐怖を感じる人もいるようです。 …

傘を長持ちさせる方法!すぐ壊す・撥水しなくなるなら必見!

スポンサードリンク 梅雨になると雨が多くなり、ジメジメした日が続きますね。梅雨時は傘をさすことが多くなります。もちろん梅雨だけでなく、夏は雷雨になることも多いですし、日本では一年中雨が降らない月は …

最近のコメント