ライフ

ジューンブライドに憧れますか?結婚式はいつが多いの?

投稿日:

結婚式は人生のビッグイベントです。結婚する2人はもちろんのこと、親族にとっても大切ねイベントですね。

日本ではジューンブライドがある程度定着しています。

結婚式について考えてみたいと思います。

スポンサードリンク
  

6月に結婚式を挙げるジューンブライドに憧れる

6月に結婚式を挙げる、いわゆる「ジューンブライド」は人気があります。これはなぜでしょうか?

「6月に結婚すると幸せになれる」という言い伝えがあります。

それはローマ神話で女性の結婚生活を守護する女神ユーノー(Juno)にちなんだもので、ユーノーが6月の女神であることによります。

しかし、ローマ神話はもちろん欧米の文化であり、昔から日本にあったものではありません。

ブライダル業界から「ジューンブライド」のプロモーションが始まり、「6月に結婚するカップルは幸せになれる」というイメージを定着させたようです。

梅雨時の6月は、日本ではもともと結婚式が少なかったようです。

このプロモーションにより、6月に結婚式を挙げるカップルは増えようですが、今でも最も多いというわけではありません。

スポンサードリンク

結婚式はいつが多い?

最も結婚式が多いのは春と秋。4~5月、10~11月です。気候もよく、腫れも多いようです。

それらに比べると6月は雨も多く、蒸し暑く、祝日もなく、少々不利な条件が多いようですね。

それでも結婚式は屋内で行うことが圧倒的に多く、雨によって大きな問題が発生することはほとんどないでしょう。

また雨が降ると言っても、台風のように暴風雨にさえならなければ結婚式場に集まることも支障はないでしょう。

祝日に結婚式を挙げるのは迷惑?

結婚式の日取りを決めるのは悩みますね。

連休に結婚式を入れると招待客に嫌がられるという話も聞きます。

確かにゴールデンウィークのような長い連休の中に結婚式がある場合は、旅行や普段できないようなことを計画する人も多く、その気持ちもわからなくはありません。

最近は土日が休みの人も多く、その場合は金曜か月曜が休みならば3連休になります。

その中のどこかに結婚式があることも多いのですが、人によっては結婚式に出てもその前あるいは後にまだ休みがあると捉える人もいるでしょう。

つまり、考え方は人それぞれですので、できるだけ招待客に早く結婚式の日取りを伝えることが大切でしょう。
それで断られたらやむを得ないでしょう。

祝日に結婚式を挙げた場合、毎年、結婚記念日が祝日になるというメリットがあります。

私も祝日に結婚式を挙げたのですが、結婚記念日を忘れにくく、いつでも休みになるので嬉しいです。

ちなみにその祝日は「晴れの特異日」でもあり、いつも記念日に目覚めると青空が広がっていて良い気分になります。

まとめ

1.「ジューンブライド」は欧米の文化で、ブライダル業界がプロモーションをして定着させたらしい。

2.日本では春と秋の気候が良い時に結婚式を挙げる人が最も多い。

3.祝日に結婚式を挙げると、結婚記念日がいつでも休日になるメリットがある。

スポンサードリンク


-ライフ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

スーツの汗染みはクリーニングで落とせるの?

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で厳しく、冷房の効いていない屋外などを歩けば、すぐに汗をかいてしまいます。仕事でスーツを着る人は、スーツに汗が染み込んでしまいますね。クールビズになってからは、ス …

日本トラスティが大株主になっている企業はGPIFが買っているのか?

スポンサードリンク 株式投資をするならば、投資先となる企業について調べることが大切です。売上、利益などの業績だけではなく、株主構成も重要です。最近は株主構成を調べると、日本トラスティ・サービス信託 …

ETC周遊割引とは?いろいろある割引!燃費向上・時間短縮

スポンサードリンク 車にETCを装着していますか?ETCが実用化してかなりの時間が経ち、多くの人が利用するようになっています。一度使うとその便利さから手放せなくなりますね。ETCは便利なだけでなく …

体力をつける方法 40代以上向け!無理なく楽しく体力向上!

スポンサードリンク 40代以上の方で、体力の衰えを感じている方は多いのではないでしょうか?20代まで何らかの競技のプロあるいはトップアマチュアで活躍していたような方は別として、一般のあまり本格的に …

住宅ローンで破綻する原因は?家を売却して残債を返せる?

スポンサードリンク 日本では社会人になってある程度働くと、長期の住宅ローンを組んで家を購入する人が多数派です。終身雇用制度と年功序列の賃金体系が続いていれば良いのですが、現代の日本社会では、すでに …

最近のコメント