ネクタイのシワ伸ばしの方法は?アイロンをかけても良いの?

スーツとネクタイとシャツ

仕事やフォーマルな場面でスーツにネクタイを着用する時に、ネクタイにシワが入っているとショックですね。ネクタイは着用する時に結ぶので、使っていればシワができるのはある意味当たり前です。それならば自分でシワを伸ばせれば助かりますね。ネクタイのシワを伸ばす方法について紹介します。

スポンサードリンク

注目!!
▼▼メンズスーツ、ネクタイ、ワイシャツの情報についてはこちら▼▼
メンズスーツ、ネクタイ、ワイシャツのことがわかるまとめ

ネクタイのシワをアイロンのスチームで取る

ネクタイのシワはアイロンのスチームを使って伸ばせます。まずスチーム機能の付いたアイロンとアイロン台、当て布を用意しましょう。

ネクタイをアイロン台に乗せ、当て布をかぶせます。アイロンをネクタイのしわを伸ばしたい部分に近づけ、当て布越しにスチームをかけます。この時に当て布にアイロンを接触させるのではなく、1cm程度浮かせた状態でスチームをかけるのがポイントです。

ある程度スチームをかけたら、当て布を外し、シワを伸ばす方向にネクタイを優しく引っ張りましょう。

さらに当て布を被せ、スチームを当て、同様にシワを伸ばすという作業を繰り返します。

最近はほとんどのアイロンにスチーム機能が付いていますが、このようにスチームでシワを伸ばそう等する場合は、スチームのパワーが大きな機種の方が便利です。アイロンのスチームをボタンを押して、ワンショット狙った場所に出せる機種もあります。これも便利なのですが、普段のアイロンがけの時にこれを使っていなくて、ネクタイのシワ伸ばしの際にたまに使うだけですと、水のミネラル分が白い粉状になって出てくることがあります。そんな場合も当て布をしてあればネクタイに直接白い粉がかかるのを防ぐことができます。

ネクタイにアイロンをかけてはダメなの?

前述の方法でネクタイのシワをある程度伸ばすことができます。しかし、シワを取り除くのにかなり時間がかかったり、うまくシワが取れなかったりする場合もあります。他の衣類のようにアイロンをかけてはいけないのでしょうか?

絶対にアイロンをかけてはいけないということではなく、いろいろな配慮をすればアイロンをかけることも多少はできます。

まず避けた方が良いのは、ネクタイに直接アイロンを押し付けること。テカリが出てしまって、ネクタイが台無しになってしまうことがあります。テカリはアイロンの熱によって発生することもありますし、熱せられたアイロンを動かすことによる生地との摩擦で生じることもあります。必ず当て布を使うようにしましょう。

それから温度は「中温」程度まで下げましょう。高温では生地にダメージを与えてしまう場合があります。

またネクタイの裏側をよく見てみると、そもそも1枚布が平坦になっているわけではなく、布が折り返されていますし、小剣通しなどがあり、凹凸も一様ではありません。そのような状況でネクタイの表側から強くアイロンでプレスすると、裏面側の凹凸が表側に転写されるようになり、かえって不自然な状態になります。

通常は、ネクタイを結ぶ部分の周辺にシワが入りやすいと思います。どうしてもスチームだけではシワが取りきれない場合は、当て布越しにシワの入った部分だけをそっとアイロンがけしましょう。強くやりすぎて裏面側の凹凸が表側まで出ないように気をつけるようにしましょう。

ネクタイの下側の幅広な部分をアイロンがけする時は、ハンカチなどを後ろ側に挿入して、ネクタイが潰れないようにそっとかけるようにしましょう。


スポンサードリンク

ネクタイの収納は吊るす?

スペースの都合などでネクタイを吊るして収納することも多いと思います。しかし、長期間の収納としては、ネクタイの生地が自重で伸びるなどしてしまうため、あまり良くないようです。また下に落ちてしまったり、数が多くて重なったりすると、見つけにくくなります。

実際に試してみると、ネクタイを軽く巻いて収納する方法がおすすめです。丸めると案外シワになりにくく、またネクタイの柄も確認しやすいからです。いろいろなネクタイ収納ケースが販売されていますので、スペースに合わせて使いやすいものを選びましょう。

まとめ

ネクタイは男性にとっては重要なファッションアイテムです。好みのネクタイをお手入れして、良い状態で大切に使いましょう。

▼▼メンズスーツ、ネクタイ、ワイシャツの情報についてはこちら▼▼
メンズスーツ、ネクタイ、ワイシャツのことがわかるまとめ

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました