ヘルス

パソコンでめまいがする?原因と対策は?ドライアイ?眼精疲労?

投稿日:2017年11月9日 更新日:

屋外での肉体労働も身体への負担が大きいですが、実はオフィスでのパソコンを長時間使うデスクワークも、身体への負担が大きいことが分かってきています。身体の不調が感じられたら、原因を調べて重症化させる前に対策を施すことが必要です。

最近は増えているのは、デスクワークで長時間パソコンことを使用し続けることによる「めまい」です。仕事でパソコン画面を見続けなければならない人は、調子が悪からといっても仕事を休めないため、「めまい」の症状が出るとかなり辛いです。

パソコンによる「めまい」の原因と対策について紹介します。

スポンサードリンク

パソコンでめまいがする?原因は?

仕事でパソコンで使っていて「めまい」がする方。めまいの原因はいろいろあります。本当にパソコンが原因かどうか調べて見た方が良いでしょう。

めまいの種類もいくつかあり、例えばグルグルと目が回る「回転性のめまい」の場合は、三半規管に異常である可能性が高く、メニエールや内耳炎が疑われます。そのような場合は、医療機関で診察・治療を受けることが必要です。

パソコンの使用によるめまいの多くは、眼精疲労からくる「視性めまい」で、ふらつきなどの症状が見られます。めまいが起こる時に目の疲労を感じたり、パソコンをあまり使用しない休日などに「めまい」の症状が治まるようであれば眼精疲労による「視性めまい」である可能性が高いでしょう。

パソコンでめまいがする原因はこれだ!

眼精疲労と似た言葉に眼疲労があります。同じ意味と誤解されやすいのですが、実は異なります。

眼疲労は、文字通り目の疲労で、休憩・睡眠などによって回復できます。そのため、身体の他の部分への悪影響はありません。

眼精疲労は、目の疲労がひどくなり、休憩・睡眠などによっても回復できず、慢性化した状態です。その結果、めまい、肩こり、目の痛みなど色々な症状が出てきます。眼精疲労になると、根本的な改善をしないと症状が治りません。

眼精疲労を引き起こす主な原因を以下に記します。

1.目の筋肉の過度な緊張

人間の目は、パソコン画面のように近くを見る時は目の筋肉を緊張させ、水晶体の厚さを調節しています。特に画面内の細かな文字を長時間読むと、その緊張は相当なものになります。また最近のパソコンの画面はかなり明るく表示することができます。必要以上に明るくすると、目への負担が大きくなります。もちろん、極端に暗くした場合も目によくありません。見やすい明るさに調節しましょう。

2.目の乾き(ドライアイ)

パソコンの画面を凝視しているとまばたきが少なくなり、目が乾きやすくなります。涙液は目に栄養を与え、保護する役割を果たしています。その涙液が少なくなり、乾いてくると目が傷つきやすくなります。眼科で「ドライアイ」と診断されるには、涙液の量などの診断基準を満たす必要がありますが、「ドライアイ」と診断されなくてもかなり辛い状態である場合もあります。私も、目が非常に乾いていたので眼科で診断を受けたら「ドライアイ」ではない程度の涙液が出ていました。後で調べて分かったのは、職場のエアコンの風が顔に当たりやすい席だったらしく、涙液は分泌されているのに非常に目が乾いて辛かったようです。

3.姿勢

パソコンの画面を見続けると、同じ姿勢で固まってしまっていることが多いようです。人間誰でも、長時間同じ姿勢をしていると、筋肉が固まって、血行が悪くなり、身体が凝ってしまいます。さらに姿勢が悪いと、肩や首など身体の一部に非常に負担がかかります。これらも眼精疲労と関係があります。


スポンサードリンク

パソコンでめまいがする 対策は?

前述のような主な眼精疲労による「視性めまい」を予防するための対策を以下に紹介します。

1.パソコンを置く位置、机、椅子などを調節し、良い姿勢・距離でパソコン画面を見られるようにする。

2.パソコンの画面の明るさを見やすい明るさに調節する。
  部屋の照明などのパソコン画面への写り込みを確認し、見やすくな量な角度にする。

3.エアコンの風が直接顔に吹き付けていないか確認する。
 どうしてもエアコンの風が避けられない場合は、目を保護するメガネをかけるか、衝立などを活用して目を守るようにする。

4.目薬を利用し、目に潤いを与える。

5.メガネ・コンタクトレンズを使用している場合は、自分の視力にあっているか眼科でチェックする。
 目の視力は変化しますので、定期的に検査を受ける必要があります。遠近両用のメガネは、レンズの下側が老視用になっていて、パソコンの画面の位置によってはレンズの度数と見る角度があっていないことがあります。

6.定期的に休憩をとり、目をリラックスさせる。
 近い距離にピントを合わせ続けることが最も目の筋肉を緊張させます。少し遠くをみたり、目を閉じるなどして目をリラックスさせることが大切です。首や肩などのストレッチをして、コリをほぐし、血行を良くすることも効果があります。

まとめ

パソコンを使うことも長時間になるとかなり身体に負担がかかります。めまいなどの辛い症状が出る前に対策をとり、慢性化させないようにしましょう。

スポンサードリンク


-ヘルス
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

歯周病と糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞は関係がある?リスクは?

スポンサードリンク 日本では歯磨きなどの虫歯予防の啓蒙により、子供の虫歯が大きく減少しています。また虫歯になっても早めに治療を受けることにより、抜歯する本数を減らすことに成功しています。生活の質( …

気化式加湿器で雑菌を繁殖させない方法 おすすめ?効果は?

スポンサードリンク 冬になって空気が乾燥してくると、喉が辛いので加湿器が欲しくなります。加湿器は気化式が良さそうな気がするのですが、おすすめなのでしょうか?最近は加湿器内に雑菌が繁殖することが原因 …

夏バテの症状は?原因を理解して対策しましょう!

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で厳しいです。熱中症で搬送される人も多いです。水分・塩分を注意して補給し、熱中症予防を心がけたとしても、なんだか身体がだるくなって、不調を感じている人も少なくない …

風邪予防に効果的なのは手洗い?マスク?加湿器?

スポンサードリンク 受験生は大切な入学試験の際に万全の体調で臨みたいですね。それだけに風邪やインフルエンザにならないように予防することは重要です。受験生以外の人でも、風邪をひいて休まなければならな …

ギックリ腰の症状・原因・治療 ある日突然襲ってくるかも?

スポンサードリンク ある日、急になるのがギックリ腰。欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれています。ギックリ腰になったことがあればご存知かと思いますが、腰が痛くて身動きができなくなると本当に大変です。自 …

最近のコメント