ETC周遊割引とは?いろいろある割引!燃費向上・時間短縮

ライフ

車にETCを装着していますか?ETCが実用化してかなりの時間が経ち、多くの人が利用するようになっています。一度使うとその便利さから手放せなくなりますね。ETCは便利なだけでなく、上手く利用すると得でもあります。ETCで得する方法を紹介します。

スポンサードリンク

注目!!
▼▼車についての情報はこちら▼▼
電気自動車、保険、スタッドレスなど車に関することまとめ

ETCで燃費向上・時間短縮・温暖化ガス排出削減

NEXCO東日本によると、今年のETC利用率は88.5%を超えています。もはやETCを利用する人がほとんどで、ETCを利用しない人が少数派です。

ETCを使えばすぐに分かりますが、料金所を停車せずに通過することができ、料金所周辺の渋滞が著しく緩和されます。これはETCが普及する前から車の運転をしていた人ならばよくわかることでしょう。昔は本当に高速道路の料金所周辺が渋滞したものです。

渋滞が減るということは、車のガソリン・軽油の浪費が大きく減ります。特に最近はハイブリッドカーが普及し、停車時のアイドリングストップや低速走行時のエンジンストップ機能などがありますので、ガソリン・軽油の節約効果が大きいです。それは燃費向上につながりますし、温暖化ガス排出削減にも大きく貢献できます。

渋滞が緩和されるということは、時間の短縮にもなり、ドライバーとしては一番嬉しいことかもしれません。これらだけでもETCを装備する十分な理由になりそうですね。さらにETC割引まで活用すれば、高速道路を使えば使うほどお得で、ETC車載器の費用も回収できそうです。

ETCの割引とは?お得?

ETC搭載車だけの以下のような割引制度があります。

・平日朝夕割引
・休日割引
・深夜割引
・アクアライン割引
・外環道迂回利用割引
・関越特別区間(水上〜湯沢間)のETC料金
・ETC2.0割引

それぞれの割引を受けるためには、いくつかの条件を満たす必要があるので、事前によく確認しましょう。

これ以外に登録することでETCマイレージサービスが利用できます。これは高速道路等の通行料金の支払い額に応じてポイントが貯まり、そのポイントを還元額(無料通行分)と交換できます。


スポンサードリンク

ETC周遊割引とは?利用方法は?

前述のETCを使った割引制度は比較的知られていますので、詳しい説明は省略しましたが、案外知られていないのが「ETC周遊割引[ドラ割]」です。これは、NEXCO3社(東日本・中日本・西日本)の設定するエリア内の高速道路が、定額料金で乗り放題になるという非常にお得なプランです。高速道路からの乗り降り自由なので、高速道路を利用してエリア内の観光スポットを周遊することもできます。

ETC周遊割引[ドラ割]は割引率が高いのですが、期間限定でいくつかのプランが販売されている関係で、いつでも自分のドライブエリアにピッタリのプランがあるとは限りません。「ドラぷら」のサイトでチェックしてみましょう。

宿泊を伴うドライブの場合は、日本旅行とNEXCO中日本が提供する「ドライブパック」がお得です。中日本エリアの高速道路料金が約半額になるインターネット予約限定の宿泊付きパックプランです。JAF会員の場合、さらにこのパックプランを割引価格で利用できます。

まとめ

高速道路を利用する人は、すでにほとんどの人がETCを利用しています。ETCは高速道路を利用するほど割引が使えます。さらにクレジットカード払いによるポイントも活用できます。上手に色々な割引を活用して節約しましょう。

▼▼車についての情報はこちら▼▼
電気自動車、保険、スタッドレスなど車に関することまとめ

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました