ヘルス

土踏まずがつる原因は?対処・予防方法は?足の裏が痛い!

投稿日:2017年11月12日 更新日:

足の裏の土踏まずがつることはありませんか?つると結構痛いですよね。私はつりやすく、一時期はつるのが怖くて正座さえできませんでした。そのため最近の数年間、土踏まずをつらないようする方法を調べ、実践し、効果がありましたので紹介します。

スポンサードリンク

土踏まずがつる原因は?

土踏まずがつる原因は何でしょうか?特に怪我や病気ではない場合、一般に以下のようなことが原因と言われています。

1.足の裏の筋肉の疲労

長時間立っていたり、スポーツなどによって足の裏の筋肉が酷使されると疲労が蓄積し、土踏まずがつりやすくなります。また高級な革靴のように、靴底に硬い革が使われている靴は足の裏が疲れやすくなります。

2.水分やミネラルの不足

筋肉を正常に動かすためには十分な水分とミネラルが必要です。これらが不足すると筋肉がつる・痙攣するなどの症状が起こりやすくなります。そのため、発汗時には水分とミネラルの補給が重要で、最近ではほとんどのプロスポーツ選手がこれらがバランス良く含まれるスポーツドリンクを試合中に飲んでいます。

夏場は大量の汗をかくので水分・ミネラル不足に気を配る方が多いのですが、実は冬場も空気が乾燥しているので身体の水分が蒸発し易く、注意が必要です。

3.血行不良

人間は血流によって全身の細胞に栄養を運び、また老廃物を細胞から運びます。冷えなどによって血行が悪くなると、筋肉がつるなどのトラブルが起こりやすくなります。

4.外反母趾

身体に歪みがあると、特定の部分に負荷がかかりやすくなります。特に外反母趾があると足の裏の筋肉のバランスが崩れ、疲労しやすくなります。

土踏まずがつる 対処方法は?

足の裏の土踏まずがつると、痛くてたまらなくなるでしょう。「つる」とは筋肉が収縮している状態ですので、対処法としては基本的にはつっている筋肉を伸ばすことになります。

その際にまず注意したいのは、痛む部分に骨折や脱臼がないことを確認することです。そのような怪我がなければ、つっている筋肉をストレッチによって伸ばしましょう。つま先を立てて正座をした姿勢が、つま先に体重をかけられて効率よく足の裏を伸ばせるでしょう。

しかし、非常に強く筋肉が収縮してつっている時は、痛すぎて「つま先を立てて正座をした姿勢」が取れないこともあります。そんな時は、手で足の指を後ろに反らしながら足の裏をマッサージし、少しずつ筋肉を緩めましょう。少々時間がかかりますが、筋肉を痛めないように処置しましょう。

このようにして少しずつ足の裏の筋肉を伸ばしても、油断するとまたすぐに同じ所がつってしまうことがあります。水分・ミネラルを補給し、時間をかけてストレッチをした方が良いでしょう。


スポンサードリンク

土踏まずがつる 予防方法は?

前述の主な原因から以下のような予防方法が考えられます。

1.外反母趾の症状あるいは兆候がないかを足を見て確認しましょう。外反母趾は、基本的には靴が足に合っていないことによりなります。自分の足に合った靴を選んで履くようにしましょう。

2.靴底の硬すぎる靴を毎日履くのは避けましょう。最近はHawkins Air Lightのように、クッション性に優れたソールの革靴もありますので、試してみると良いでしょう。

3.水分・ミネラルを積極的に補給しましょう。寝ている間は、身体から水分が蒸発し、脱水状態になりやすくなります。特に起床時にはすぐに水分補給しましょう。また運動をして発汗した時などは、水分だけでなく、ミネラルの補給にも気を配りましょう。

4.足を冷やしすぎないようにしましょう。特に睡眠時に布団から足が出ていて、部屋の温度も低かったりすると、足が冷やされてつりやすくなります。

5.できるだけ毎日ストレッチをして、土踏まずを伸ばしましょう。ストレッチは効果抜群です。毎日ストレッチしてあげると、筋肉に溜まった老廃物を流しやすくなり、疲労の蓄積を防ぐことができます。実際、私も忙しくてストレッチを3日間程度やらなかったりすると途端につりやすくなります。逆に言えば、毎日欠かさずストレッチしてあげれば、かなり「土踏まずがつる」のを予防することができます。

まとめ

足の裏がつると本当に辛いです。またあまりに強くつってしまうと、筋肉を痛めてしまうこともあります。しっかりケアして予防しましょう。

スポンサードリンク


-ヘルス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

蕁麻疹ができたらまず原因を考える!治らない?薬は?

スポンサードリンク 先日、急に太ももの付け根の後ろ側が痒くなりました。オフィスで椅子に座っていて、汗で蒸れる部分です。トイレに行ってズボンを脱いで見てみたら、蚊に刺されてように腫れて赤くなっている …

足が冷える原因は?つらい冷え性を改善する方法と対策

スポンサードリンク 足の冷えは辛いですよね。寝ている時も足の冷えが原因で目が覚めてしまうことがあります。他の人はそのようなことはなくても、冷え性の人は自分だけそんな辛い目にあうこともあります。 「 …

スマホ腱鞘炎で手首・親指が痛いのはなぜ?治療は?予防は?

スポンサードリンク スマートフォンが普及して、街に出れば、電車の中、歩きながらなどにスマホを見ている人が大勢います。ブロードバンド化により通信速度も速くなったので、スマホで色々なコンテンツが視聴で …

熱中症の予防に水をたくさん飲んでもダメ?水の飲み過ぎは危険

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で厳しいです。2018年7月16-22日の1週間で2万2647人の人が熱中症で搬送されています。また多くの人が熱中症で命を落としています。命の危険があるほどの暑さ …

歯間ブラシは虫歯予防に効果がある?ワイヤー入りと使い捨てタイプ

スポンサードリンク 治療していない虫歯や治療済みの虫歯はありますか?30年ぐらい前と比べると、歯磨きや虫歯予防の啓蒙活動等により、日本人の虫歯は減っているのですが、それでも「虫歯が全くない」「虫歯 …

最近のコメント