ヘルス

ガングリオンとは?原因は?治療法は注射?手術?

投稿日:2017年11月16日 更新日:

ふと気がつくと、身体のある部分が出っ張って、コブのようなものができたりすることがあります。もしかしたらそれはガングリオンかもしれません。自分の身体にコブのようなものができると誰でもきになるものです。以下にガングリオンについて紹介します。

スポンサードリンク

ガングリオンとは?原因は?

ガングリオンとは、手や足の関節などにできる腫瘍で、多くは良性です。中にゼリー状の物質の詰まっています。大きさは米粒大からピンポン玉大のものもあり、軟らかいものから固いものまであります。ガングリオンそのものは、基本的にはそのままにしておいても、身体に悪影響ありません。

通常は、ガングリオンそのものは痛みがありませんが、ガングリオンが神経を圧迫したりすると、しびれや痛みなどを感じます。また大きくなると関節の動きを妨げたり、美容上も気になるようになりますので、治療を考える方が多いようです。

ガングリオンができる原因は、関節の使い過ぎ、ストレスなど諸説がありますが、明確な原因がわからないのが現状です。

ガングリオンの治療:注射

ガングリオンが大きくなり神経を圧迫したり、目立つようになると、治療したくなります。通常は、整形外科で、ガングリオンに注射器の針を刺し、ガングリオンの中のゼリー状の物質を吸引して取り除くことで治療します。

この方法では、ガングリオンの袋が残っていますので、再び中にゼリー状の物質が溜まり、ガングリオンが大きくなることが多く、繰り返し注射器で中身を吸引する必要があります。針を刺しますので、その痛みがあり、それが複数回になることが多いわけです。しかし、繰り返し吸引すると、ガングリオンが消失することが多く、また場合によっては何もしなくても消失することもあります。

したがって、小さなガングリオンを発見したら、しばらくは様子を見ても良いでしょう。ガングリオンが大きくなってきたら、治療を考えるということで良いでしょう。

注射器によって吸引する治療法のメリットは、針を刺すだけですので傷口が小さく、治療後の傷がほとんど目立たないことです。


スポンサードリンク

ガングリオンの治療:手術

ガングリオンの治療法として、手術でガングリオンを摘出する方法があります。注射器による吸引に比べると再発の確率は低くなるのですが、ガングリオンのある場所によっては全てを摘出することが難しい場合もあります。

また手術すれば再発しないというわけではなく、再発の可能性が残る上に、手術による傷跡が残りますので、必ずしも最良の治療法方とも限らないようです。

ガングリオンが耐え難いような状況であれば、まずは整形外科で診察を受け、医師と相談の上、治療方針を決めましょう。

まとめ

ガングリオンは良性の腫瘍ですので、すぐに健康上の深刻な影響が出るものではありません。様子を見ながら、気になったら整形外科で診察を受けましょう。

スポンサードリンク


-ヘルス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

歯周病と糖尿病、脳梗塞、心筋梗塞は関係がある?リスクは?

スポンサードリンク 日本では歯磨きなどの虫歯予防の啓蒙により、子供の虫歯が大きく減少しています。また虫歯になっても早めに治療を受けることにより、抜歯する本数を減らすことに成功しています。生活の質( …

夏バテの症状は?原因を理解して対策しましょう!

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で厳しいです。熱中症で搬送される人も多いです。水分・塩分を注意して補給し、熱中症予防を心がけたとしても、なんだか身体がだるくなって、不調を感じている人も少なくない …

睡眠時間の必要な長さ 質を上げる方が重要?その方法は?

睡眠は、人間にとって欠かすことのできない大切なものです。睡眠が不足すると免疫力や自然治癒力などに悪影響があり、風邪を引きやすくなり、傷などの治り、肌の新陳代謝も悪くなります。 スポンサードリンク …

美肌になるための洗顔方法で正しいのは?保湿は必要?

スポンサードリンク 顔の肌の調子が悪くなると憂鬱な気分になりますね。多くの人が子供の頃から日常的に顔を洗っていますが、「正しい洗顔方法とはどのような方法か?」ということをあまり考えずに、習慣として …

ストレッチで腰痛・頭痛・四十肩が治った!正しい知識が必要!

スポンサードリンク ストレッチを毎日やるようになってから、体調が良く、もはやストレッチは欠かせないものになっています。なぜならストレッチを何日かやらないでいると、腰痛・頭痛などになってしまうからで …

最近のコメント