イベント

年賀状のやめ方 出さないといけないの?やめるときは?

投稿日:2017年11月14日 更新日:

日本の年賀状の発行枚数は、2003年の44億5936万枚をピークに減少傾向にあります。日本の人口が減少し始めるよりもかなり前から年賀状の発行枚数が減少し始めているのは、メールやSNSなどの他のコミュニケーション手段が普及し始めたこと、「虚礼廃止」などの考え方がコンセンサスを得て年賀状そのものをやめる人が増えていることなどが原因のようです。

年賀状のやめ方について紹介します。

スポンサードリンク

年賀状は出さないといけないの?

まずマナーとしては、年賀状を出すのをやめてもマナー違反にはなりません。年賀状を出すのも出さないのも本人の自由で、自分の意思で決めてしまって構いません。

年賀状に自分で撮影した写真を使い、デザインをして、それを人に送ること自体が好きであれば、年賀状を作って送る作業も楽しめるかもしれません。しかし、年末の忙しい時期に年賀状の作業をすることに苦痛を感じる人も少なくありません。枚数が多いと時間も費用もかかりますので、無理もありません。

まず、「無理をしてまで年賀状を出さないといけないわけではない」ということを認識すべきでしょう。

年賀状をやめるとき

これまで毎年年賀状を出してきた方は、いつが年賀状をやめるときなのでしょうか?

前述のように「年賀状を出すことに苦痛を感じたら」やめるときと考えてよいでしょう。事情は人それぞれですが、例えば年賀状を作る作業・要する時間に負担を感じたり、それにかかる費用が重く感じるようならば、十分にやめる理由となるでしょう。実際、年末の忙しい時に多大な労力と時間をかけて年賀状を作成するのは、かなりの負担です。それを少しでも効率よくするために、年賀状ソフトとプリンターを使って年賀状を印刷する、写真店の年賀状印刷サービスを利用するなどによって費用もかかります。そもそも年賀はがきも枚数が多くなると結構な金額になることもあります。

以前は、ほとんどの人が年賀状を出していたので、「必要なこと」と考えていましたが、メールやSNSにより無料で簡単にメッセージを送ることができるようになると、考え方も変わってきます。

やめてしまえば「年賀状にかける労力・時間・コスト」をゼロにできるので、年末の貴重な時間が増えますし、お金も節約できます。こんな考え方に納得できるようになったときは、年賀状をやめるときでしょう。


スポンサードリンク

年賀状のやめ方

それではどのようにして年賀状をやめればよいでしょうか?

一番丁寧な方法は、これまで年賀状をやりとりしていた人に対しては、寒中見舞いを出して、「今年から、皆様への年賀状を遠慮させて頂いておりますので、本状にて年始のご挨拶とさせて下さい」などと、今後は年賀状を出さない旨をお伝えしてやめる方法です。この時に、出さない理由を「面倒だから」などとは言わないこと、「皆様へ」出さないことを伝えるのがポイントです。

普段、相手に会うことがあるようであれば、口頭で年賀状をやめることを伝えてもよいでしょう。

新しい仕事関係の相手であれば、「虚礼廃止」などの方針を伝えるとよいでしょう。また部署などが変わって、仕事上の関係が無くなった場合などは、そのタイミングで年賀状をやめても特に不自然ではありません。

プライベートな相手も同様に、何らかの方法で年賀状をやめる旨を先方に伝えればよいでしょう。年賀状だけの付き合いで、こちらから出さなければ来ないような相手であれば、単純に出すのをやめて自然消滅という方法もあるでしょう。また年賀状をやめても、メールやSNSでのやり取りをするのであれば、そのように伝えてもよいでしょう。

まとめ

無理に心のこもっていない年賀状を出しても、ストレスが溜まるだけですし、もらった相手もあまり嬉しくない可能性があります。そろそろ年賀状をやめることを考えてもよいでしょう。

スポンサードリンク


-イベント
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

紅葉狩りの楽しみ方!関東のおすすめスポットと時期を紹介!

スポンサードリンク 日本では秋になると木々の葉が赤や黄色に変わる「紅葉(こうよう)」が美しく、それらを鑑賞する「紅葉狩り(もみじがり)」が人気です。 同じ「紅葉」という表記で「こうよう」と読んだり …

防災の日の意味は?災害のリスクをハザードマップで確認!

スポンサードリンク 9月1日は「防災の日」です。日本中でこの時期に防災訓練等が行われます。 「防災の日」の意味を理解し、準備しておきましょう。 スポンサードリンク 関連

母の日のプレゼントに花を贈るならおすすめはこれ!

スポンサードリンク 母の日には感謝を込めてプレゼントを贈る人も多いでしょう。母の日のプレゼントの定番中の定番と言えば「花」です。花を贈られて喜ばない人は少ないでしょう。母の日の贈り物選びで迷ったら …

イチゴ狩り 神奈川のおすすめはここ!横須賀市・海老名市

スポンサードリンク イチゴは好きですか?子供と一緒にイチゴ狩りに行くと楽しめるかもしれません。多くのイチゴ狩りができるイチゴ園ではハウス栽培をしていて、1月上旬から6月頃までの長期間イチゴ狩りがで …

暑中見舞いの意味 送る時期 返事はどうする?

スポンサードリンク 日本では夏になると暑中見舞いを送る文化・習慣があります。 恥をかかないように、基本的なポイントを押さえておきたいですね。 以下に紹介します。 スポンサードリンク 関連

最近のコメント