ヘルス

目の疲れを取る方法 ストレッチ・眼球運動・目薬・栄養

投稿日:2017年11月21日 更新日:

今はどこでもスマホでSNSやインターネットなどが楽しめる便利な世の中です。電子書籍や新聞の電子版だけでなく、動画も見ることができます。職場・学校や自宅でもパソコン・ダブレットを長時間使用する人も少なくないでしょう。そうすると気になるのは「目の疲れ」です。夢中になってこれらのものを使っていると、目を酷使することになってしまうからです。

目を大切にするために、目の疲れを取る方法を紹介します。

スポンサードリンク

目の疲れを取る方法 目のストレッチ・眼球運動

スマホ、パソコン、タブレットなどのデジタル機器を使うことによる疲れ目の原因の一つは、近い距離で画面を見続けることにあります。近くを見るときは、毛様体筋が緊張(収縮)して水晶体を膨らませるため、この状態が長く続くと目が疲れてしまいます。

したがって、目の疲れをとるためには、目のストレッチ(毛様体筋を動かすこと)が効果があります。具体的には以下のような方法です。

1.なるべく遠くのものをしばらく眺める。次に比較的近くのものを10秒程度見つめる。これを数回繰り返します。

2.目をギュッと数秒間閉じて、パッと開きます。これを数回繰り返します。

3.目を閉じた状態で、顔を動かさないで眼球だけを上下左右方向に動かします(時計回り・反時計回りの順番で動かしても良いです)。

これらを行うことで、毛様体筋がリラックスできます。

目の疲れを取る方法 目薬

デジタル機器を長時間使っていると、瞬きの回数が減ってしまい、目が乾いてしまうことが多くなります。空気が乾燥する季節や、エアコンなどからの風が顔に吹きつけるような場所にいる時などはさらに目が乾きやすくなります。

目が乾くと目が疲れやすくなるだけでなく、眼球を傷つけやすくなりますので注意が必要です。そんな場合は、目薬を使って目に潤いを与えましょう。点眼した瞬間に、目の緊張が和らぐのが分かるでしょう。

疲れた目に目薬をさすと気持ち良いので、繰り返し使いたくなってしまうのですが、目薬も「薬」ですので定められた用量の範囲で適切に使うことが重要です。使い過ぎると副作用が出てしまうことがあるからです。


スポンサードリンク

目の疲れを取る方法 睡眠・栄養

目の疲れをとるもっとも効果的な方法は、睡眠と栄養です。これは目に限らず、身体を休めて疲労を回復するための王道ですね。

疲れを蓄積させないためにも必要な睡眠時間を確保しましょう。睡眠時間が足りていないと、睡眠負債が溜まり、疲労を回復できなくなります。寝て起きても目の疲れが回復できない場合は、単純な目の疲れてというよりは「眼精疲労」の可能性があります。そのようになってしまったら眼科で診察を受けることをおすすめします。

睡眠は足りていても、栄養が十分でなければ疲労が回復しません。ブルーベリーのように目に効くと言われる栄養(アントシアニン)を多く含む食品も知られていますが、ポイントは特定の食品だけを集中して摂ろうとするのではなく、栄養のバランスを考えていろいろな食品を十分な量食べることです。

普段の食事で栄養のバランスに不安がある場合は、市販のプロテインのように、必須アミノ酸を含んだプロテインと各種ビタミン、ミネラルなどがバランスよく配合されたサプリメントを補助食品として摂取すると良いでしょう。

目の疲れを取る方法 ストレッチ

デジタル機器を使い続けて目が疲れてきた場合は、肩や首筋、背中、腰などの筋肉もこっていることが多いようです。人間の身体の各部分はバラバラではなく、全てが繋がってバランスを保っています。そのため身体のある部分を酷使してしまうと、歪みが生じ、他の部分にも影響が出てきます。

ストレッチをして、こっている肩・首筋・背中・腰などをほぐしてあげると、目にも良い影響を与えます。なんだか視界が広くなったような感じがすることもあります。

身体のバランスということを考えると、身体全体をあまり動かしていないのに目だけを酷使するということが、非常にアンバランスであるということでしょう。

まとめ

現代人は眼鏡をかけている人の割合が高くなっています。これは目を酷使している結果でしょう。少しでも目の疲れをとって、目を大切にしましょう。

スポンサードリンク


-ヘルス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

歯ぎしり用のマウスピースは歯科で作る!費用は?

スポンサードリンク 歯ぎしりで歯が折れることがあるのをご存知でしょうか?睡眠中でのことなので気が付きにくいですが、起きている時に歯を食いしばってみても、歯ぎしりで音を出すというにはかなり大変という …

ヒートショックの死亡数は交通事故より多い!入浴時の対策は? 

スポンサードリンク 冬になると気温が下がり、日本では多くの地域で氷点下まで冷え込むようです。それでも暖房をして、防寒すれば良いのですが、日本ではヒートショックによる犠牲者が毎年数多く発生しています …

いびきの原因をチェックして防止!急にかくようになることも!

スポンサードリンク ぐっすり寝て朝起きたら、同じ部屋の人に「いびきがうるさくてよく眠れなかったよー」と言われてショックを受けることがあります。自分がいびきをかくことを知っていれば、どうにかしていび …

頭皮が乾燥して痒い・フケが増える シャンプーに注意!

スポンサードリンク フケが増えて肩に積もっている人を見かけることがありますが、やはり印象は悪いですよね。 フケが増えると不潔な印象があって、ますますゴシゴシ髪・頭を洗ってしまう人も数なくないでしょ …

肌の乾燥の原因と対策で保湿にコラーゲンは効果あるの?

スポンサードリンク 空気が乾燥してくると肌が乾いて辛くなりますね。日本では一般に冬場になると空気が乾燥しますが、実は冬に限らず、エアコンの影響や飛行機の中など、乾燥した空間にいることになる場合があ …

最近のコメント