ライフ

車の塗装の劣化の原因と防止する方法 究極と一般向け!

投稿日:2017年11月25日 更新日:

私が現在の乗っている車は10年目に入りました。ディーラーの定期点検もしっかり受け、メンテナンスをしてきたので、状態としては良好です。ところが先日、ディーラーで点検を受けた時に、「ボディの塗装が傷んでいるところがある」と言われてショックでした。

昨年までは通勤で車を使用していたので、ほぼ毎日車を走らせていました。今年から電車通勤になったので、土日しか車を使わなくなり、走行距離が激減しました。それだけに車の劣化は少なくなると考えていたのですが、落とし穴がありました。

車のボディの塗装の劣化と防止方法について紹介します。

スポンサードリンク

車の塗装の劣化の原因は?

車のボディの塗装を劣化させる原因は複数あります。走行時に小石が飛んで来てボディにぶつかったり、草木などで擦ったりしてできた傷についてはある程度は防ぎようがありません。このような物理的に塗装面を傷つけるようなものの他に、案外見落とされがちな原因を以下に記します。

1.日光

直射日光に長時間当たると、どうしても塗装が劣化します。紫外線によるダメージが大きく、さらに赤外線・可視光によるボディの温度上昇も塗装には過酷な環境です。それでも30年ぐらい前の車の塗装と比較すると格段に日光による劣化に対しては改善されています。かつては10年乗れば、塗装の退色・色褪せが目立ちましたが、最近の車は10年程度では耐え難いほど塗装が色褪せることも少なくなりました。しかし、劣化は確実に進んでいます。

2.雨

純粋な水であれば塗装へのダメージは少ないのですが、最近は酸性雨が増え、塗装面に付着した水滴の酸による塗装へのダメージが無視できなくなっています。

3.鳥のふん、虫の死骸、花粉、樹液、落ち葉

鳥のふんや虫の死骸などがボディに付着したままの車をよく見かけますが、これらは長時間放置すると塗装に深刻なダメージを与えます。小さな付着物ですが、気がついたらすぐに洗い流しましょう。

季節よっては、花粉や樹液がボディに付着することがあります。これらの有機物は塗装面を侵食する成分を出すことがありますので、同様に早く洗い流しましょう。落ち葉そのものは、乾燥していればそれほど大きなダメージは与えませんが、ボディの上に積もっているとそこに色々なものが集まって溜まりがちなので、やはり早く取り除いた方が良いでしょう。

4.黄砂

季節・地域によってはボディに黄砂が降り積もることがあります。黄砂は非常に細かく、付着すると、放っておいて勝手に落ちることはないようです。その状態で雨が降ると、黄砂の粒が集まって粘土のようになり、落としにくくなります。これを無理に擦って落とそうとすると、紙やすりをボディにかけているようなことになり、塗装に細かな傷がついてしまいます。

5.潮風、融雪剤、凍結防止剤

海沿いの地域によっては潮風で塗装が傷みやすくなります。寒冷地では融雪剤や凍結防止剤を使用しているところもありますので、これらがボディに付着し、塗装を痛めます。

ここで述べたような塗装を劣化させる原因となるものを、できる限り防ぐことが塗装を長持ちさせるためには重要です。

車の塗装の劣化を防止する方法:究極はこれ!

スーパーカーのような数千万円もする高級車を所有されている方々がいらっしゃいます。家1件分の価格よりも高いケースもありますので、車は当然ガレージ内で保管します。これにより、長時間自宅に駐車している間に、前述の原因により塗装を傷める可能性は格段に低くなります。

さらに雨・雪の日や、強風の日など、車にダメージを与えそうな日には、「車に乗らない」ようにしているそうです。場合によってはセカンドカーを用意しておいて、日常的にはそれを使って、大切な車はひたすら傷をつけないように保管しているようです。

そして比較的天気の良い日に、ドライブを楽しみ、ドライブ後にはすぐにボディを洗って、お手入れをします。通常ほとてもここまでできませんが、スーパーカーに乗るようなら可能なのでしょう。


スポンサードリンク

車の塗装の劣化を防止する方法:一般向け!

一般の人の場合、以下のような方法でできるだけ愛車を労わりましょう。

1.屋根付きの車庫を使う

車を収納してシャッターを閉じられるガレージが最も望ましいですが、屋根だけある車庫でもかなり車には優しいです。しかし、賃貸住宅などでは屋根付きの車庫を用意することは難しいこともあります。その場合は、以下のようなやれる範囲でメンテナンスを行いましょう。

2.汚れたらすぐに洗車する

前述のように鳥のふんなどが付着した場合は、ある意味「非常事態」と言っても良いほど塗装に厳しい状況です。汚れた箇所が少なければ、その部分だけでも洗い流した方が良いでしょう。花粉や黄砂のようにボディ全体に付着してしまった場合は、これは部分洗いではなく、車全体を洗うしかありません。

大切なのはボディの洗い方。ガソリンスタンドの洗車マシーンなどは、ボディに傷がついてしまう事例があるようです。どうしても使用する場合は、事前のよく確認した方が良いでしょう。塗装に一番優しいのは、手間のかかる手洗い洗車です。その分、費用がかかりますが、高級車オーナーはほとんどが手洗い洗車を選んでいます。

もちろん、自分でやれば手洗い洗車の費用は最も安く抑えられます。

洗車をすることでむしろ塗装を傷つけるという意見もあります。これもある意味正しいです。ボディに付いた黄砂・ホコリなどを十分に洗い流さずに擦ってしまうとボディに細かな傷が付きます。また洗車マシーンのブラシのようなもので擦っても同様でしょう。ボディを擦ると全く傷がつかないということは無いわけです。それは非常に細かい傷なのですが、光を反射させてみれば分かります。極力擦らずに汚れを洗い流せる方法がベストです。

具体的には高圧洗浄機などで汚れを洗い流し、吸水力の高いクロスでそっと水を吸い取るのが良いでしょう。

まとめ

愛車の塗装が劣化してくると残念な感じがします。ちょっとしたケアをするだけで、塗装を長持ちさせることができます。塗装に深刻なダメージを与える前にケアしましょう。

長く車に乗っていると目立ってくるのがヘッドライトの曇りです。曇りの原因と除去については、こちらの記事「ヘッドライトの曇りの原因と除去!車検のために磨きました!」をご覧ください。

自動車に関する記事のまとめはこちらの記事「電気自動車、保険、スタッドレスなど車に関することまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

職場のおやつのおすすめはこれ!ヘルシーでお買い得!

スポンサードリンク 職場が室内のオフィスの場合、おやつを持ち込んで食べている人も多いのではないでしょうか?私も職場におやつを持ち込んで、机の中にしまってあります。それをほぼ毎日食べてエネルギー補給 …

お風呂の鏡はなぜ曇る?曇り止め方法と効果を長持ちさせる方法

スポンサードリンク お風呂の鏡は湯気で白く曇ってきますよね。洗剤を使ってゴシゴシ洗っても、曇りは防止できません。お風呂に入った時に、鏡に写った自分が曇ってよく見えないと困りますね。どうしたら良いの …

車が浸水したら感電するかもしれない!対処方法は?保険は?

スポンサードリンク 地球温暖化の影響でしょうか?最近、日本では「数十年に一度」と言われるような豪雨を毎年のように聞きます。短時間に大量の雨が降ることで、土砂崩れや、河川の氾濫が発生し、市街地でもマ …

セルフのガソリンスタンドの使い方とお得に使う方法

スポンサードリンク ガソリンで走行する車に乗るならばガソリンスタンドで給油する必要があります。電気自動車の販売が始まりまりましたが、まだまだ圧倒的にガソリン車の方が多いでしょう。ガソリンを少しでも …

腕時計が防水ならば水に濡れても大丈夫?メンテナンスは?

スポンサードリンク 腕時計にもいろいろな種類があり、価格面でも性能面でも本当に幅広いです。自分で気に入ったものを使えばよいのですが、有名ブランドの高級腕時計が好きで、頑張って購入したら大切に使いた …

最近のコメント