イベント

節分の意味と行事 豆まき・恵方巻きの意味・由来は?

投稿日:2017年12月8日 更新日:

毎年2月になると節分の豆まきや恵方巻きが話題になります。日本の風習なので、子供の頃から何となくやっている人も少なくないでしょう。コンビニやスーパーで豆まき用の豆や恵方巻きが販売されますので、最近は、節分もイベントとして盛り上がるようです。節分の意味、豆まき・恵方巻きについて紹介します。

スポンサードリンク

節分の意味と行事

節分とは、Wikipedia(https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%80%E5%88%86)によると以下のようなものです。

「節分(せつぶん/せちぶん)は、雑節の一つで、各季節の始まりの日(立春・立夏・立秋・立冬)の前日のこと。節分とは「季節を分ける」ことも意味している。江戸時代以降は特に立春(毎年2月4日ごろ)の前日を指す場合が多い。」

本来の意味では、年に4回ありますが、近年は2月4日ごろの節分に豆まきを行う、恵方巻きを食べるなどが行われ、コンビニなどのキャンペーンもあり、盛り上がりを見せています。特に最近は恵方巻きの売り上げが良いようで、売り場でも恵方巻きがたくさん並べられるようになりました。そのため本来の節分の意味に合わせて、年に4回のイベントとして定着させようという目論見もあるようです。

実際に年に4回のイベントとして定着するかわかりませんが、まずは毎年2月に行われている節分の豆まきと恵方巻きについて見てみましょう。

節分に豆まきの意味・由来は?

節分の豆まきは、「福は内、鬼は外」と言いながら煎った大豆(「福豆」という)を撒き、さらに年齢の数だけ福豆を食べます。これは厄除けの意味があります。古来、季節の変わり目に邪気(鬼)が出てくるという考えによるものです。

その由来は、以下のように言われています(Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%80%E5%88%86)。

宇多天皇の時代に、鞍馬山の鬼が出て来て都を荒らすのを、祈祷をし鬼の穴を封じて、三石三升の炒り豆(大豆)で鬼の目を打ちつぶし、災厄を逃れたという故事伝説が始まりと言われる。

相撲はもともと神前で行われる神事であり、力士を招いて豆まきをする寺社もあり、テレビのニュースなどで報道されます。

コンビニ・スーパーで、鬼のお面付きで福豆が販売され、家庭だけでなく、幼稚園などでも行われることも多いようです。


スポンサードリンク

節分に恵方巻きの意味・由来は?

恵方巻きあるいは恵方巻(えほうまき)とは、節分の時に食べる太巻き寿司のことです。「節分の夜に、恵方に向かって願い事を思い浮かべながら丸かじり(丸かぶり)し、言葉を発せずに最後まで一気に食べきると願い事がかなう」とされています(Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AF%80%E5%88%86)。

陰陽道で、その年の福徳を司る神を歳徳神(としとくじん)と言い、歳徳神の在する方位を恵方(えほう)と言います。恵方は年によって異なり、2018年は南南東やや南、2019年は東北東やや東、2020年は西南西やや西、2021年は南南東やや南となります。

恵方巻の由来は諸説存在し、定かではありません。何れにしても大阪地方から始まったという説があります。大正時代の大阪ではすでに恵方巻きを食べる風習がありました。戦後の一時期は途絶えていましたが、1970年代以降にマスメディアで取り上げられたこともあり、再び定着しました。最近はコンビニがかなり力を入れて恵方巻きを販売しています。

コンビニなどで販売されている通常の恵方巻きは大きく、風習通りに一本食べると多くの人はかなり満腹に近い状態になります。そのため、食事を用意しなければならない立場の方々には人気があるようです。特に子供と一緒に恵方巻きを食べれば、楽しみながら夕食も済ませられるので、豆まきのように撒いた後の豆を掃除しなければならない風習に比べると喜ばれるようです。

まとめ

豆まき・恵方巻きなど、日本には節分の風習があります。楽しみながら季節の変わり目を感じつつ、幸運を呼び込めるとよいですね。

スポンサードリンク


-イベント
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ブルーインパルスのアクロバット飛行!雨でもやる?スモークは?

スポンサードリンク 1964年の東京オリンピックの開会式で、「五輪」を大空に描いたことで有名なブルーインパルス。2020年の東京オリンピックでもアクロバット飛行が行われる可能性が高そうです。 大空 …

敬老の日に何する?何もしない?お金がかからないプレゼントは?

スポンサードリンク 日本では毎年9月の第3月曜日が敬老の日です。高齢の父母がいる方は、敬老の日に何かすべきか悩みますね。どうするのが良いのか、一緒に考えてみましょう。 スポンサードリンク 関連

お歳暮のお礼はどうすれば良い?いつまで?受け取れない場合は?

スポンサードリンク 日本では12月になるとお歳暮を贈る習慣があります。お世話になった方に感謝の気持ちを込めて贈るものです。時期は12月上旬から12月20日に送るものとされています。 お歳暮を受け取 …

花火大会で浴衣の彼女とデート 持ち物・注意点は?

スポンサードリンク 日本の夏には、大きな花火大会が全国で開催されます。日本人にとって大切なイベントです。 花火大会に浴衣で来る女性も風情があります。普段の服装を知っていれば、浴衣姿になった時はかわ …

クリスマスプレゼント 大学生の彼氏に財布を贈る 1万円台と2万円台

スポンサードリンク 楽しいクリスマスを演出するアイテムとして重要なのがクリスマスプレゼント!もしかしたらそのプレゼントをきっかけとして人生が大きく動き出すかも。贈る相手のことを考えて、しっかり準備 …

最近のコメント