ライフ

引越し料金の相場は?計算は?安くするには?違いが出る理由

投稿日:2017年12月17日 更新日:

日本では毎年多くの人が引越しします。そのため引越し業者もいろいろあります。引越しは作業も大変ですし、料金も気になります。引越し料金の相場はどれぐらいなのでしょうか?料金を安くするにはどうすれば良いのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサードリンク

引越し料金の相場は?計算は?

引越し料金の相場はどれぐらいなのでしょうか?まず引越し料金の構成が以下のようになっていることから理解しましょう。

【引越し料金】=【基本運賃】+【割増料金】+【実費】+【オプション】

基本運賃:荷物の量と引越しの距離で決まります。
割増料金:繁忙期、土日祝日、時間帯などで割増料金が加算される場合があります。
実費:人件費、トラック代、交通費、梱包費用、搬出・搬入、対応時間などで決まります。
オプション:不用品の処分、車・バイクの輸送、ピアノの運搬、エアコンの移設などで発生し、業者によって料金設定が異なります。

引越し料金の相場を知るためには、無料で大手引越し業者に一括見積もり依頼できる以下のようなサービスを利用するのが簡単です(*以下のバナーから見積もり依頼サイトに進めます)。



見積もり依頼をする時には、前述のような引越し料金に関わる諸条件を整理しておきましょう。複数の業者から見積もりが取れれば、相場が把握できます。その上で、さらに他の業者に問い合わせても良いでしょう。

引越し料金を安くするには?

引越し料金を安くするには、まず前述のような複数の業者から見積もりを取って、安いところを探すということが基本です。前述のように見積もり依頼は「無料」ですので、まずは見積もりを取って見ましょう。

見積もりの詳細が分かれば、何にどのぐらい費用がかかっているのか分かります。基本的には前述のような仕組みで引越し料金が決まるのですが、オプションなどに業者間で差が大きいことがよくあります。特に不用品の処分などは、あらかじめ他の方法(粗大ゴミに出す、リサイクル業者に引き取ってもらうなど)により行うことで節約できることがあります。

また粗大ゴミだけでなく、引越しに先立って要らないものを処分し、荷物を減らせば、基本料金を下げることができることもあるでしょう。梱包も業者にやってもらえれば楽ですが、自分でやれば費用を節約できます。

このように見積もり内容を確認すれば節約できる項目も具体的に見つけることができるでしょう。


スポンサードリンク

引越し料金に違いが出る理由

複数の引越し業者から見積もりを取ってみると、業者によって料金が異なることがあります。なぜでしょうか?

引越し業者から見れば商売ですので、できるだけ効率よく設けたいのですが、知名度の低い業者の場合、料金を安く設定しないと仕事を取りにくいという事情があります。そのため、テレビCMをたくさん流しているような大手業者は、比較的料金が高めとなることがあります。

引越しの距離・地域、輸送する荷物などによって、業者も得意・不得意があります。それが料金に反映されています。

繁忙期で業者側から見て仕事を取りやすい時期ほど高くなり、そう出ない時期は安くなります。引越し業者の人・トラックなどの稼働率を上げるため、スケジュールに空きがあるほど安くなる傾向があります。

まとめ

引越しはやるべき作業が多くて大変です。費用面での心配もありますので、できるだけ早い時期から準備しましょう。

引っ越しの際の家具や粗大ごみの処分については、こちらの記事「引越しの際の家具の処分は?買取?粗大ゴミは?費用は?」をご覧ください。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

静電気でついたホコリを除去する効果的な方法は?

スポンサードリンク 家庭や職場で定期的に掃除をしていても、いろいろな所にホコリが溜まってしまいますね。濡れ雑巾などで簡単に拭き取れれば良いのですが、形が複雑であったり、水に濡れてしまうと良くないよ …

二酸化炭素濃度が眠気の原因?自動車内とオフィスでは?

スポンサードリンク 大気中の二酸化炭素濃度が増加していることは世界的に知られており、約400ppm=約0.04%に達しています。人間は呼吸とともに空気を吸って酸素を取り込み、二酸化炭素を放出します …

青空はなぜ青い?夕日はなぜ赤い?虹はなぜ七色なのか?

スポンサードリンク 晴れた日ならば、空を見上げれば空の青、夕方には夕日の赤が目に入ります。雨上がりには美しい虹が見られることもあります。見慣れたこれらの風景も「なぜ空が青く」、「夕日が赤く」、「虹 …

扇風機とサーキュレーターのどっちが良い?違いは?おすすめは?

スポンサードリンク 日本の夏は猛暑で厳しく、冷房を適切に使用しないと熱中症になるリスクが高くなります。猛暑日などには、部屋の温度を下げるためにエアコンは多くの電力を使用しますので、電気代も気になり …

ジューンブライドに憧れますか?結婚式はいつが多いの?

スポンサードリンク 結婚式は人生のビッグイベントです。結婚する2人はもちろんのこと、親族にとっても大切ねイベントですね。 日本ではジューンブライドがある程度定着しています。 結婚式について考えてみ …

最近のコメント