ライフ

引越し料金の相場は?計算は?安くするには?違いが出る理由

投稿日:2017年12月17日 更新日:

日本では毎年多くの人が引越しします。そのため引越し業者もいろいろあります。引越しは作業も大変ですし、料金も気になります。引越し料金の相場はどれぐらいなのでしょうか?料金を安くするにはどうすれば良いのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサードリンク

引越し料金の相場は?計算は?

引越し料金の相場はどれぐらいなのでしょうか?まず引越し料金の構成が以下のようになっていることから理解しましょう。

【引越し料金】=【基本運賃】+【割増料金】+【実費】+【オプション】

基本運賃:荷物の量と引越しの距離で決まります。
割増料金:繁忙期、土日祝日、時間帯などで割増料金が加算される場合があります。
実費:人件費、トラック代、交通費、梱包費用、搬出・搬入、対応時間などで決まります。
オプション:不用品の処分、車・バイクの輸送、ピアノの運搬、エアコンの移設などで発生し、業者によって料金設定が異なります。

引越し料金の相場を知るためには、無料で大手引越し業者に一括見積もり依頼できる以下のようなサービスを利用するのが簡単です(*以下のバナーから見積もり依頼サイトに進めます)。



見積もり依頼をする時には、前述のような引越し料金に関わる諸条件を整理しておきましょう。複数の業者から見積もりが取れれば、相場が把握できます。その上で、さらに他の業者に問い合わせても良いでしょう。

引越し料金を安くするには?

引越し料金を安くするには、まず前述のような複数の業者から見積もりを取って、安いところを探すということが基本です。前述のように見積もり依頼は「無料」ですので、まずは見積もりを取って見ましょう。

見積もりの詳細が分かれば、何にどのぐらい費用がかかっているのか分かります。基本的には前述のような仕組みで引越し料金が決まるのですが、オプションなどに業者間で差が大きいことがよくあります。特に不用品の処分などは、あらかじめ他の方法(粗大ゴミに出す、リサイクル業者に引き取ってもらうなど)により行うことで節約できることがあります。

また粗大ゴミだけでなく、引越しに先立って要らないものを処分し、荷物を減らせば、基本料金を下げることができることもあるでしょう。梱包も業者にやってもらえれば楽ですが、自分でやれば費用を節約できます。

このように見積もり内容を確認すれば節約できる項目も具体的に見つけることができるでしょう。


スポンサードリンク

引越し料金に違いが出る理由

複数の引越し業者から見積もりを取ってみると、業者によって料金が異なることがあります。なぜでしょうか?

引越し業者から見れば商売ですので、できるだけ効率よく設けたいのですが、知名度の低い業者の場合、料金を安く設定しないと仕事を取りにくいという事情があります。そのため、テレビCMをたくさん流しているような大手業者は、比較的料金が高めとなることがあります。

引越しの距離・地域、輸送する荷物などによって、業者も得意・不得意があります。それが料金に反映されています。

繁忙期で業者側から見て仕事を取りやすい時期ほど高くなり、そう出ない時期は安くなります。引越し業者の人・トラックなどの稼働率を上げるため、スケジュールに空きがあるほど安くなる傾向があります。

まとめ

引越しはやるべき作業が多くて大変です。費用面での心配もありますので、できるだけ早い時期から準備しましょう。

引っ越しの際の家具や粗大ごみの処分については、こちらの記事「引越しの際の家具の処分は?買取?粗大ゴミは?費用は?」をご覧ください。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

シャツにコーヒーや食べ物の汚れ・染みが!外出先での対応

スポンサードリンク いつもの自分のオフィスを出て、外で仕事をすることもよくあります。 初めて行く場所や、特に海外に行ったりすると、いろいろと慣れていないこともあり、思いがけないトラブルに遭うことが …

便利でお得なインターネット通販で服を買うコツ サイズ 色

スポンサードリンク インターネット通販で服を買うのは便利ですし、お得ですよね! でも実際に実物見ないで買うのが不安に感じている人も少なくないようです。 インターネット通販で服を買うコツについて紹介 …

たんぱく質の摂取量はどれくらい?食事からとプロテインから

スポンサードリンク 人間の筋肉は主にたんぱく質で作られています。毎日の生活を快適にするためにはある程度以上の筋力が必要ですし、特に年齢が高くなるほど筋肉量が減少する傾向がありますので、できるだけ若 …

オイルヒーターの評判は本当?電気代が高い?暖まりにくい?

スポンサードリンク 寒くなってくると暖房が欲しくなりますね。一般家庭用にいくつかの方式の暖房器具が販売されていますが、最近はオイルヒーターの魅力が多くの人に知られるようになりました。輻射熱でじんわ …

車のエアコンは外気と内気のどっちで使うべき?正しい使い方は?

スポンサードリンク 気温が25℃以下でも、直射日光が当たる場所では車の中の温度はかなり高くなりますので、エアコンを使って車内温度を下げる必要があります。寒い時期では、エアコンで車内を暖める必要があ …

最近のコメント