イベント

小学校の入学祝いに鉛筆をプレゼント?名入れは?濃さは?

投稿日:2017年12月19日 更新日:

甥・姪、孫が小学校に入学するというのは嬉しいことですね。子供の成長を実感する瞬間でもあります。入学をお祝いして何を贈ろうか悩みますね。入学祝いの贈り物として、鉛筆はよく選ばれます。鉛筆をプレゼントする時の注意点を紹介します。

スポンサードリンク

小学校の入学祝いに鉛筆をプレゼントする?名入れは?

小学校の入学祝いとして鉛筆は定番と言っても良いでしょう。必ず使うものですし、消耗品なので、すでに持っていても困りません。

しかし、小学校によっては文房具が指定されている場合があり、もっとも厳しい場合は特定の物しか認められず、それを購入しなければなりません。そのような小学校のルールを確認してからプレゼントを用意した方が無難です。したがって、入学祝いを贈る子供の両親に相談しましょう。通常は小学校の説明会でそのようなルール・指示があるようです。

鉛筆の名入れは、最近は簡単にでき、費用もほとんどかかりませんので、検討しても良いでしょう。小学校低学年の子供の場合、鉛筆のような細かなものを落としたり、無くすこともあるので、名前が入っていると便利です。何よりも自分の名前の入った鉛筆をもらうと嬉しいでしょう。

小学校で鉛筆の濃さは指定されている?

小学校のほとんどで鉛筆の濃さを指定しています。鉛筆はかつてはHBが主流でしたが、最近は「2BまたはB」を指定する小学校が主流です。HBよりも2BやBの方が柔らかく、筆圧の弱い小学校低学年の子供には字が描きやすいからです。

あまり柔らか過ぎると細い線や小さな文字は書き難くなるのですが、小学校低学年では比較的大きな文字を書きますので問題ありません。

鉛筆の濃さの指定は文部科学省が行っているわけではなく、学校あるいは地域の教育委員会が行っているようです。学校側が指定している以上、著しい問題がない限りは基本的には指定されたものを使用するようにしましょう。したがって、入学祝いに鉛筆をプレゼントする時にも、鉛筆の濃さを必ず確認しておきましょう。


スポンサードリンク

小学校の鉛筆 キャラクターは大丈夫?

プレゼントのために鉛筆を探してみると、可愛い・カッコイイキャラクターの鉛筆が色々と見つかります。それが甥・姪、孫の好きなキャラクターだったりすると、それを選びたくなってしまいますが、その前にキャラクターものの鉛筆が小学校で認められているのか確認した方が無難です。

戦後の物の無い貧しい時代に生まれ育った世代からすると、「ルールで使用禁止にするなんて!」と思うこともありますが、それも教育上の配慮であったりします。学習のために本来関係のないキャラクターなどに注意が行ってしまわないようにすることが根底にはあります。

特に「バトルえんぴつ(通称「バトエン」)のように、転がしてサイコロのように遊ぶ鉛筆は、授業中にこれで遊ぶ小学生が増えるなどしたため禁止している小学校もあります。鉛筆本来の使い方から逸脱すると確かに問題ですね。

面倒ですが、この点も事前に確認しておいた方が良いでしょう。

まとめ

鉛筆のような小学校に持っていくものをプレゼントする時は、基本的には小学校のルールを確認するようにしましょう。プレゼントを贈る子供の両親に確認すれば良いでしょう。

万が一小学校のルール上問題がある鉛筆をすでに贈ってしまった場合でも、自宅や塾などでも鉛筆は使いますので、小学校以外で使えば問題ありません。鉛筆は多めにあってもそれほど邪魔にはなりませんので、心配は要らないです。

スポンサードリンク


-イベント
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

年末の帰省時の新幹線の混雑のピークは?指定券の予約方法は?

スポンサードリンク 日本では年末に帰省する人は多いです。高速道路は渋滞し、飛行機は満席になります。そして多くの人を運ぶ新幹線も混雑します。年末の帰省を少しでも快適にするために、混雑のピーク、指定券 …

母の日にバラを贈っても良い?プリザーブドフラワーやアレンジメント

スポンサードリンク 母の日に贈る花と言えば、もっともポピュラーなのはカーネーションです。それはアメリカで始まった母の日の起源にまで遡るようです。それでは現代の日本において、母の日にバラを贈るのは良 …

神奈川県の潮干狩りスポット おすすめは?時期は?

スポンサードリンク 春先から徐々に暖かくなってくると、潮干狩りの季節になります。子供と一緒に家族で行くのも楽しいですし、潮干狩りデートも楽しそうです。 神奈川県の潮干狩りスポットと、潮干狩りのポイ …

成人式に美容院で着付けをする!予約から当日の着付けまでの流れ

スポンサードリンク 一生に一度の成人式。綺麗な振袖を着て思い出に残る1日にしたいものです。そこで重要なのが着物の着付けと髪型のセット。美容院を予約して、しっかり準備しましょう。 横浜のある美容院で …

おすすめのお花見デートプラン!お弁当を持って行く?レストラン?

スポンサードリンク 日本では毎年春になると桜が咲きます。天気の良い日に青空をバックにピンク色の桜を見ると、晴々とした気持ちになりますね。物心着いてから何年も繰り返し春に咲く桜を見続けると、日本人と …

最近のコメント