ゴキブリ駆除方法で効果があるのはこれです!

ライフ

湿気が高く、ジメジメする梅雨ごろから、気温も上がり、ゴキブリが活発に動き始めます。衛生上の観点からも対策が必要ですが、何と言ってもゴキブリを見るのが嫌な方は、精神衛生上の観点からもしっかりと駆除すべきでしょう。ゴキブリ対策・駆除について紹介します。

スポンサードリンク
  

注目!!
▼▼ゴキブリ駆除についてはこちら▼▼
ゴキブリ駆除のことがよくわかるまとめ

ゴキブリ駆除方法の基本

ゴキブリは暗くて暖かい場所、湿気を好みます。日本では7〜8月が最も活発に活動する時期となります。気温が下がり、乾燥してきても、最近の住宅は暖かいため、1年中生息しているようです。徐々に活発になり、最盛期に入る前の梅雨の時期に、しっかり対策を施すことがゴキブリ対策の重要ポイントと言えるでしょう。

基本的なゴキブリ対策のポイントを以下にまとめます。

1.ゴキブリの餌になるものを放置しない
  
キッチン・食卓などに食品を放置する、食べ終えた食器などを放置する、生ゴミを三角コーナーなどに放置する、ガスコンロ・流し台などを洗わずに放置する、などは全てゴキブリを引き寄せて繁殖させる原因になります。こまめに掃除をしましょう。

2.ゴミにゴキブリを近寄らせない

ゴミ箱はふた付のものを使用しましょう。特に生ゴミを入れるものはふたが必要です。飲み終えたペットボトル・缶・びんなどは、中を洗ってから捨てましょう。

3.キッチン以外の水まわりも掃除する

キッチン以外でも水まわりはゴキブリが発生し易くなります。トイレ、洗面所、お風呂なども掃除をして、清潔に保ちましょう。

ゴキブリは外から家に侵入してきます。上記は、外からゴキブリを呼び込まないために重要です。そのような観点では、物理的に侵入経路を遮断することも効果があります。壁やドアに隙間がある場合は塞ぎましょう。


スポンサードリンク

ゴキブリ駆除方法で効果を上げるために

ゴキブリは、下水、エアコンなどの配管から侵入してくることもあります。これらは完全に塞ぐわけにも行かず、基本的には侵入して来たゴキブリを駆除することが必要です。またすでに家の中で生息・繁殖していることもあるので、前述のポイントだけでは不十分で、ゴキブリ駆除をしなければなりません。

定評があるのが「ベイト剤」。ゴキブリ駆除の専門業者も使用しています。ゴキブリの侵入経路や家の中のゴキブリが潜んでいそうな場所に仕掛けましょう。

くん煙タイプのゴキブリ駆除剤も効果があります。くん煙する前に、駆除剤がかからないようにしなければならないものにはカバーをかけるなど、それなりの手間がかかります。ゴキブリが出て来た時に、捕殺するのが苦手な人は、ゴキブリ用の殺虫スプレーを用意しておくと便利でしょう。

ゴキブリの駆除剤については、こちらの記事「ゴキブリ駆除剤のおすすめは?業者が使うのはこれ!」をご覧ください。

ゴキブリ駆除を業者に頼むのもあり

ここまでで紹介しましたゴキブリ対策と駆除方法を実践しても、完璧にゴキブリを退治できるわけではありません。ある程度やってみても頻繁にゴキブリが発生する場合、飲食店などでゴキブリを極力退治したい場合は、ゴキブリ駆除の業者に依頼する方が良いでしょう。信頼できるゴキブリ駆除業者であれば、さすがにプロですので、一般の人が駆除するよりは断然効果があります。ゴキブリ駆除業者に依頼する場合でも、完璧を目指すならば定期的に駆除してもらいましょう。

ゴキブリ駆除業者に依頼する前にこちらの記事「ゴキブリ駆除を業者に依頼する前に知っておきたいこと」をご覧ください。

まとめ

1.梅雨明けごろからゴキブリの活動が活発になるので、梅雨ごろからゴキブリ対策をしっかり施した方が良い。

2.ゴキブリ駆除には「ホウ酸ダンゴ」が定評があり、侵入経路や潜んでいそうなところに仕掛けると良い。

3.ある程度対策・駆除を施してもゴキブリが発生するようであれば、ゴキブリ駆除業者に依頼すると良い。

▼▼ゴキブリ駆除についてはこちら▼▼
ゴキブリ駆除のことがよくわかるまとめ

スポンサードリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました