iPhone

iPhoneは落とすと壊れる?画面を保護・落下時に保護する方法

投稿日:2018年1月8日 更新日:

iPhoneユーザーは日本では多数います。使い込んで行くと、もはやiPhone無しでは気持ちが落ち着かなくなるほど、大切なものになってくるでしょう。そんな大切なiPhoneが故障して使えなくなったら、困ってしまいますね。

iPhoneの故障と落下について紹介します。

スポンサードリンク

iPhoneは落とすと壊れる?

iPhoneを落とすと壊れるのでしょうか?iPhoneを落としても、そのまま不具合なく使えることもありますし、iPhoneの故障原因の統計的な調査結果は公表されていないので、正確なことは分かりません。しかし、科学的および経験的に考えて、落とすと故障の原因になることは間違いないでしょう。

iPhoneはAppleのデザイナーがプライドを賭けてデザインしているものでしょうから、基本的に本体そのものが美しいデザインになっています。Apple製品のファンであれば、特にケースなどを付けずそのまま使いたくなる人も少なくないでしょう。実際、私も購入してすぐは、ケースを付けずに使用していて、iPhoneを石畳に落としてしまい、ボディのエッジ部分に傷がついてしまいました。

とりあえずiPhoneを使用するという点では、特に不具合は無かったのですが、美しいボディに傷が入るのが耐えられず、止むを得ずケースを付けました。

しかし、ボディのエッジ部分の傷だけで済んだのは、偶然エッジから着地したからで、これが液晶画面側から着地していたら、画面のガラス、さらに重症ならば液晶パネルまで壊れてしまった可能性が高いです。

iPhoneの保護ガラスはハンマーで叩いても割れないような強化ガラスが使用されています(*人がハンマーで強化ガラスを叩くデモなどが展示会などで行われていますが、ハンマーの種類や叩く強さに依存します。通常のガラスに比べて極めて強度が高いのは間違いありませんが、ハンマーで叩いても絶対に割れないと言う意味ではありません)。そんな強いガラスを使用していても、落下時にガラスが割れてしまう事例が多数あります。

液晶画面側ではなく、エッジ部分や背面側から落下した場合は、落下させた高さにも依りますが、多くの場合はガラスは割れないようです。それでも落下の衝撃で凹んでしまったり、内部に強い衝撃が伝わってしまうことがあります。凹んだ場合は、物理的に凹んだ部分が内部の部品を圧迫して壊してしまうことがありますし、落下時の衝撃そのもので内部にダメージを与えてしまうこともあります。

その結果、何らかの部品が破損すれば、iPhoneの故障となり、使用上の不具合に繋がります。我が家でも子供が繰り返しiPhoneを落下させたため、GPSの不具合が発生するようになり、ポケモンGOをプレイする時に困るようになりました。

iPhoneの画面を保護する方法

落下時になぜあれほど強いガラスが割れてしまうのか?画面全体に平らなものが当たった場合は、かなり強い衝撃がかかっても耐えられます。しかし、落下したとことに小さな小石があったり、細かな凸凹がある場所に落下すると、ガラスにはその当たった狭い面積の凸部に全ての衝撃が加わりますので、ピンポイントでものすごい衝撃が加わることになり、さすがの強化ガラスも割れてしまいます。

ちなみにカバンの中に無造作に入れて、液晶画面が何か尖ったものに当たるような状況で、満員電車などに乗って強い力で押されると割れてしまうこともあります。

iPhoneを落とした時に保護ガラスおよび液晶パネルを守るためには、やはり保護カバーを画面に貼る方法が有効です。プラスチックフィルムも効果がありますが、最も優れた効果があるのは、高強度のガラス製の保護カバーを貼ることです。

そもそもの強化ガラスが割れてしまうのに保護カバーの効果があるのかと思うかもしれませんが、落下時の衝撃を最前面で受け止め、元々の保護ガラスや液晶パネルへの衝撃を軽減してくれます。一重よりも二重の方が効果が高いのは疑う余地もないでしょう。

本体の保護ガラスを傷つけたり、割ってしまうとiPhoneを修理に出さないと行けなくなりますが、後付けの保護ガラスが割れただけならば、それを自分で交換するだけで済みます。これは十分に価値があるでしょう。


スポンサードリンク

iPhoneを落下時に保護する方法

iPhone落下時には、前述のように画面から落下した場合以外でも、衝撃で内部の部品が破損してしまうことがあります。これを防ぐためには、やはりケースを付けるべきでしょう。iPhoneのデザインが気に入っていれば、何もケースを付けずに使いたいところですが、それでは落下時の衝撃を軽減することはできません。

iPhoneのデザインをできるだけ損なわないように、エッジ部分と背面を覆うタイプのものが多数あります。特に耐衝撃性の高さをアピールした耐衝撃ケースが効果があります。これを付けるだけでかなりリスクが高いでしょう。



それでも最も保護効果が高いのは手帳型のケースであることは言うまでも無いでしょう。エッジと背面側だけでは、液晶画面側からの衝撃に弱くなりますし、エッジ部分から着地した場合でもそれなりに内部に衝撃が伝わります。



手帳型の場合は、閉じた状態であれば外形的にはiPhone本体よりも手帳型カバーの方が大きいので、落下時もカバーそのものでかなりの部分衝撃を受け止めて吸収してくれます。画面側もしっかり保護してくれますので、これに勝るものは他になさそうです。

実際、私は手帳型のカバーを使っています。これを付けてからも数回iPhoneを落下させていますが、特に不具合なく使用できています。

iPhoneを壊してしまう原因としては、落としてしまうことがもっとも多いと思います。その他には、純正品ではないケーブルを使用することも原因になる場合があります。iPhoneのLightningケーブルについては、こちらの記事「iPhoneのLightningケーブルは認証品でないといけないのか?」をご覧ください。

まとめ

iPhoneを使っていれば、ほぼ間違いなく落とすことがあるでしょう。着地した場所が柔らかかったり、比較的凹凸が少なければ深刻なダメージは受けないかもしれませんが、いつもそのように運が良いとは思えません。iPhoneを落下から守ることを考えましょう。

iPhoneの便利なアクセサリーやアプリ、使い方などはこちらの記事「iPhoneのアクセサリーとアプリと知っておくと便利なことまとめ」にまとめました。

スポンサードリンク


-iPhone
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

iPhoneでWebをPC表示にする方法!Safariの場合

スポンサードリンク iPhoneユーザーはおそらくほとんど毎日iPhoneでインターネットのWebページを見ているのではないかと思います。非常に便利なのですが、パソコンも使っていて、パソコンでもW …

iPhoneのコントロールセンターをカスタマイズする方法

スポンサードリンク iPhoneは気軽に持ち歩けて、いつでもインターネットや電話を利用したり、アプリを使ったりできますので、本当に便利ですね。それだけにやりたい操作がすぐにできるように設定しておき …

北朝鮮のミサイルでJアラート!ソフトバンクのiPhoneの設定は?

スポンサードリンク 北朝鮮から発射されたミサイルが日本の上空を通過し、Jアラートにより緊急情報が伝達されました。 正しくJアラートを受信できましたか?北朝鮮からのミサイルが日本に着弾するような緊急 …

iPhoneのカメラのシャッター音を消す方法!これは便利!

スポンサードリンク iPhoneのカメラは便利ですね。コンパクトなiPhoneはいつも気軽に持ち歩けますし、何か写真に残したいものがあればすぐに撮影できます。しかし、iPhoneで撮影する時のシャ …

JOGGOのiPhone7用ケースを買ってiPhone8を入れてみた!

スポンサードリンク iPhoneはかっこいいですよねー。私もiPhoneユーザーで、これまでにiPhone 4、iPhone 6、iPhone 8と使ってきました。iPhone 6の時から、ケース …

最近のコメント