ダイエット

糖質制限ダイエットに成功しました!危険性は?コツは?

投稿日:2017年4月2日 更新日:

色々なダイエット方法を試してみて、もっとも無理なく、健康的に体重・体脂肪を減らせたのが糖質制限ダイエット。これまでいくつかのダイエットに挑戦して期待したような成果が得られなかった私が、話題の糖質制限ダイエットに成功したので報告します。理論の裏付けもあり、やってみると案外簡単です。

スポンサードリンク
  

糖質制限ダイエットに成功しました!

毎年の健康診断で中性脂肪とコレステロールが増え、腹囲も大きくなり続けて、数年前から「メタボリックシンドローム予備群」との判定を受けました。運動不足で筋力・心肺機能もかなり低下していたので、「このままではいけない」と反省し、週に1回テニスを始めました。それにプラスして筋トレもやり、さらに食事も脂肪を取り過ぎないように気を使いました。しかし、中性脂肪とコレステロール、腹囲の増加が止まらなくて、数年前に買ったズボンもお腹のボタンが閉められなくなってきました。

「もう歳だからダメなのかなあ」と漠然と思いながら、書店で目に留まったのがライザップの本「自宅でできるライザップ食事編 [ RIZAP株式会社 ]」。パラパラと見て、説得力があったので、早速購入し、糖質制限ダイエットを始めました。

低血糖でトラブルになるのが不安でしたので、まずは主食のごはん・パンの量を半分以下にして数日間過ごし、特に体調に異変がなかったので、最終的には主食をカットしました。実践してみるとすぐに効果があらわれ、体重74kgから68kg、体脂肪25%から20%に減らすことができました。月に約1kg減らすペースで、半年で6kg減らせたことになります。この間も、完璧に主食をカットすることにこだわらず、2週間に1回ぐらい、好きなラーメン屋でラーメンを食べたりしていました。もちろんその時も大盛りではなく、普通盛りにして糖質を摂り過ぎないように最低限の注意はしています。

おおよそ目標体重まで減らせたので、その後は3食全てで主食をカットするのではなく、夕食には少なめに主食を摂っていますが、リバウンドはせず、現在の体重を維持しています。最大の懸案だった中性脂肪とコレステロールは大きく減少し、メタボリックシンドローム予備群」から脱出することができ、満足しています。体調も以前より良くなった気がします。

糖質制限ダイエットは危険?

「糖質制限ダイエットは危険なのではないか?」という意見もあります。諸説あり、十分な裏付けを基にした結論が得られるのはまだ時間がかかるのかもしれません。現時点で明確に言えることは、「何事も度を過ぎると害がある」ということです。

スポンサードリンク

大原則として、体重・体脂肪が増えてしまう原因は、1日の消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多いことにあります。このことから、体重・体脂肪を減らしていくためには、1日の消費カロリーよりも摂取カロリーを少なくする必要があります。

摂取カロリーを減らすのも限度があり、心拍、呼吸、体温維持などの生命活動に必要な「基礎代謝」に必要なカロリーよりも少なくすることは危険です。これは糖質制限ダイエットに限ったことではなく、全てのダイエットに共通するポイントでしょう。したがって、食事を抜いたりせず、3食摂りながら、基礎代謝を下回らないようにダイエットすることが必要です。このことから、短期間にものすごく体重・体脂肪を落とそうとすることの危険性も理解できるでしょう。

もちろん、身体にはいろいろな栄養素が必要です。糖質を制限しても、その他の栄養素をバランスよく摂取することが必要です。これは何か一つのものを食べて痩せる「単品ダイエット」の危険性も示唆しています。

ダイエットが必要になるということは、1日の消費カロリーよりも摂取カロリーの方が多いわけですので、糖質制限ダイエットに不安を感じる方は、「今よりも少し主食を減らす」という方法で始めてみると良いでしょう。

糖質制限ダイエットのコツは?

プライベートジムのライザップは、継続的にコーチが指導して、ダイエットに取り組む人を励ますことが、高い成功率の理由の一つです。ダイエットとは、「食欲」という人間の欲望をコントロールすることですので、モチベーションの維持が必須なのです。つまり、成功させるコツは、モチベーションを維持する工夫をすることです。

いくつか私が実践した方法を以下に記します。

1.目標体重・体脂肪を紙に書いて貼っておく。

 人間、目標を明確にして毎日「達成したい」と思い続ければ実現できるものです。

2.体重・体脂肪を毎日記録して、ダイエットの効果を確認する。

 実際に体重・体脂肪が減り始めると嬉しいものです。それがモチベーションの維持につながります。

3.自分の身体を毎日鏡に映してみる。

 毎日自分の身体を鏡に映してみると、身体が引き締まってカッコよくなってくるのが分かります。それが嬉しく、また頑張ろうという気持ちになります。

4.たまには普段制限している好きなものを食べる。

 私の場合はラーメンでしたが、たまに家族で食べに行きました。1〜2週間に一度ぐらい食べても大丈夫です。

5.筋トレをする。

 筋トレをして、筋肉が増えてくると、基礎代謝も増えるので太りにくくなります。身体もマッチョでカッコよくなりますので、一石二鳥ですね。

人それぞれ、自分に合ったモチベーションの維持方法がありますので、自分なりの効果がある方法を探してみましょう。

まとめ

1.糖質制限ダイエットは効果があります。誰でも体重・体脂肪を落とせるでしょう。

2.糖質制限ダイエットに限らず、短期間に急激に体重を落とそうとすると危険です。無理のない範囲で行いましょう。

3.糖質制限ダイエットを成功させるコツは、モチベーションの維持。自分なりのモチベーション維持の方法を見つけましょう。

糖質制限ダイエットのことについてはこちらの記事「糖質制限ダイエットのことが分かるまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク


-ダイエット
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

プロテインを飲めば筋肉がつく? 筋トレとタイミング

スポンサードリンク 大きな筋肉のついたマッチョな身体。スリムなのに筋肉のついた細マッチョな身体。 マッチョな身体はかっこいいですし、憧れますよね。 ボディビルダーはプロテインを飲んでいますが、プロ …

腹筋を割る方法 体脂肪率を落とす糖質制限ダイエット

スポンサードリンク 気温が高くなると、シェイプアップされた身体を垣間見る瞬間が増えてきます。割れている腹筋が見えると、思わず見惚れてしまいますよね。腹筋を割るための基礎知識を習得し、誰でも頑張れば …

糖質制限ダイエットで体脂肪率が下がらない・腹筋割れない理由

ライザップのCMなどで有名人がダイエットに成功していることがテレビで放映されたため、その方法である「糖質制限ダイエット」に関心を持つ方・実際に糖質制限ダイエットを行う方が増えています。 スポンサート …

正月太りの原因は?予防する方法・解消する方法!効果あり!

スポンサードリンク 毎年、年末年始に帰省して、実家で過ごすと、色々なものを飲み食いして、気がつくと正月太りになってしまいます。その後もすぐに体重が元に戻らず、困ってしまいます。 正月太りの原因と予 …

間食にナッツはおすすめ!栄養豊富!ダイエット中でもOK!

スポンサードリンク ダイエットしている人も、特にダイエットしていない人でも、お腹が減って間食をしたくなることがあるでしょう。 朝食、昼食、夕食のメニューにはそれなりに気を使っていても、間食は単純に …

最近のコメント