ヘルス

子供の近視の割合と原因は?治療すれば回復する?

投稿日:2018年1月10日 更新日:

最近、道ですれ違う子供たちの多くがメガネをかけているような気がします。そう言えば私の子供もかなり小さな頃からメガネをかけるようになりました。やはり子供の近視(近眼)が増えているのでしょうか?

もしそうであるとしたらなぜなのでしょうか?原因と治療法も気になります。

スポンサードリンク

子供の近視の割合は増えている?

子供の近視の割合は増えています。「学校保健統計調査-平成29年度(速報値)」によれば、平成19年度と平成29年度の「裸眼視力1.0未満の者」の割合は以下のような状況です。

高校生: 55.41%(H19) 62.30%(H29)
中学生: 51.15%(H19) 56.33%(H29)
小学校: 28.07%(H19) 32.46%(H29)
幼稚園: 26.21%(H19) 24.48%(H29)

幼稚園の割合は、たまたま下がっていますが、この間の調査ではほとんどこのぐらいの割合で推移しています。小学生以上でははっきりと増加傾向が見られます。平成19年度よりもさらに昔の割合と比べれば、おそらくもっとはっきりと差が出るでしょう。

このままでは日本人の視力はどんどん低下していってしまうのかもしれません。そして、これは日本だけではなく、他の先進国でも同じような傾向が見られているようです。

子供の近視の原因は?

近視とは、Wikipedia (https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%91%E8%A6%96)によれば次のようなものです。

「近視(きんし)は、屈折異常のひとつで、眼球内に入ってきた平行光線が、調節力を働かせていない状態で、網膜上の正しい位置ではなく、もっと手前に焦点を結んでしまう状態。近眼(きんがん、ちかめ)ともいう。」

近視になる原因は、「遺伝要因」と「環境要因」があるとされているが、いずれか一方だけで全てを説明しようとすると無理があることから、それらの複合した要因とも考えられている。

例えば長時間勉強・読書をする人は近視になりやすいことは経験から感じられますが、同じように勉強・読書をしても、全ての人が同じように近視になるわけではないということです。

しかし、「長時間近くのものを見続ける」「暗いところで本を読む」などの行為と近視とは相関が高いとい考えられています。

人間は近くのものを見る時に、毛様体筋が緊張し、水晶体が厚くなります。このような状態を長く続けると、眼軸長(角膜から網膜までの眼球の長さ)が伸び、近視が進むと言われています。

日本人の最近の10年間を振り返ると思い当たるのがスマホの普及です。大人だけでなく、多くの子供がスマホを使うようになったことは、電車に乗って車内を見渡せばすぐに分かります。他の要因もありますが、スマホの長時間使用が子供の視力低下に関係している可能性が高そうです。


スポンサードリンク

子供の近視は治療すれば回復する?

一時的な近視である「仮性近視(偽近視)」の状態であれば、点眼薬を用いる治療法により近視が回復する可能性があります。「仮性近視」は、長時間近くを見続けた結果、毛様体が異常に緊張して水晶体が厚くなり、一時的に近視の状態になっていることを言います。このような状態ならば、点眼薬で緊張を取り除き、目を休ませることで近視が回復することがあります。

しかし、近視が進行してしまうと元の状態に回復させるのは困難です。したがって、治療方法としては外科的な方法が検討されます。それは「レーザー角膜内切削形成術(レーシック LASIK)」などの方法です。外科的な方法は、それぞれリスクがありますので、詳細は専門医に相談しましょう。

ある程度の進んでしまった近視は、前述のように治療は困難ですので、矯正するのが一般的です。近視は屈折異常ですので、ほとんどの場合は矯正により視力が得られます。眼科で検眼し、自分の目にあったメガネ・コンタクトレンズを作りましょう。

まとめ

近視の原因は諸説ありますが、スマホなどで近くを長時間見る習慣が最近の近視の子供の増加と関係していると考えられています。目に負担がかかる習慣を改善し、近視の進行を抑えましょう。

スマホの使い過ぎの子供への影響は、視力低下だけではありません。学力の低下も指摘されています。こちらの記事「スマホによる学力低下、依存症、子守の悪影響は本当?」で紹介しています。

スポンサードリンク


-ヘルス
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

蕁麻疹で病院に行った方がいい?処方される薬は効くの?

スポンサードリンク 蕁麻疹になったことがありますか?私は今まで蕁麻疹になったことがなかったのですが、ある日急に蕁麻疹が出て来ました。 一般に人口の2割程度は一生うちで一度は経験することがあるそうで …

ギックリ腰の症状・原因・治療 ある日突然襲ってくるかも?

スポンサードリンク ある日、急になるのがギックリ腰。欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれています。ギックリ腰になったことがあればご存知かと思いますが、腰が痛くて身動きができなくなると本当に大変です。自 …

歯ぎしり用のマウスピースは歯科で作る!費用は?

スポンサードリンク 歯ぎしりで歯が折れることがあるのをご存知でしょうか?睡眠中でのことなので気が付きにくいですが、起きている時に歯を食いしばってみても、歯ぎしりで音を出すというにはかなり大変という …

ふくらはぎが夜中につる!治し方は?原因と予防法について

スポンサードリンク 夜中に寝ている時に、急にふくらはぎがつって、あまりに痛さに目が覚めることがあります。いわゆる「こむらがえり」です。命にかかわるようなことではなく、通常は数分で収まりますが、目が …

スマホ腱鞘炎で手首・親指が痛いのはなぜ?治療は?予防は?

スポンサードリンク スマートフォンが普及して、街に出れば、電車の中、歩きながらなどにスマホを見ている人が大勢います。ブロードバンド化により通信速度も速くなったので、スマホで色々なコンテンツが視聴で …

最近のコメント