ヘルス

冬でも水虫でかゆい 指の間やかかと 治る?

投稿日:

年末年始に帰省し、実家で過ごしていたらなんだか足の指の間がムズムズ痒くなってきました。「もしかして水虫?!」と心配になってきました。冬でも水虫になることがあるのでしょうか?

スポンサードリンク

冬でも水虫でかゆい 指の間やかかと 薬をつける

結論から言いますと、冬でも水虫になることがあります。

水虫は白癬菌というカビの一種の菌が原因となって発症する感染症です。白癬菌は人間が生活するような場所であれば、ほとんどの場所にいるようなありふれた菌で、高温高湿になるほど活発に活動します。

そのため夏には感染・発症しやくなります。反面、気温が低く、乾燥する冬には活動が収まり、治ってくることが多くなります。

しかし、それは冬には水虫にならないということではなく、温度・湿度がある程度以上になれば冬であっても水虫に感染し、発症します。

冬でも気がつくと足の指の間やかかとが痒くなっていることが珍しくありません。特に夏に水虫になっていて、気温・湿度が低くなるとともに症状が治まっていた方は、水虫の活動レベルが下がっていただけで足にまだ白癬菌が住みついている可能性が高いようです。そんな方や水虫の症状のある方は、根気強く薬を塗った方が良いでしょう。

冬でも水虫になる 靴下 床暖房

冬は寒いので、家にいても靴下を履いていることが多いでしょう。さらには靴下の上からもう一枚防寒用のフットカバーを履いている方も少なくないでしょう。

日本の住宅では、家中全て同じ温度ということはあまりなく、暖房のある部屋は暖かく、その他の部屋はかなり冷えていることが多いでしょう。

そうすると寒い場所に行っても大丈夫なように靴下を履いていて、暖房のある部屋に戻っても靴下を履いたままでいることが多いでしょう。そうすると靴下の中はかなり高温多湿になっています。

冒頭の私が帰省中に足が痒くなったのも、ずっと靴下を履いていて、さらにリビングが床暖房だったことが原因です。寒いと床暖房が気持ち良くて、長時間靴下を履きながら足を暖めていたら水虫になってしまいました。

足の温度に要注意です。特に床暖房の場合は足を暖めすぎないように注意しましょう。


スポンサードリンク

冬でも水虫になる ブーツ 革靴

寒い冬に外に出るときは、厚手の靴下を履いて防寒することが一般的です。それは意味のあることですが、靴を履いたまま暖房の効いた室内で長時間過ごすようであれば、靴下の中は高温多湿になるでしょう。特にブーツなどを履いている場合は、靴そのものに防寒効果があるのでなおさらです。

通常の革靴でも、2日以上連続して履くならばかなりリスクが高いです。最低限2足、できれば3足でローテーションして、靴の中を十分に乾かしましょう。水虫が居そうな気配を感じたら消臭・除菌スプレーを靴やブーツにかけた方が良いでしょう。

まとめ

冬でも条件さえ揃えば水虫になる可能性は十分にあります。足が高温多湿にならないように注意し、水虫を予防しましょう。水虫になってしまったら、早めに薬をつけましょう。もし爪が白くなるような爪水虫であれば、医師の処方した内服薬無しには治療できませんので、皮膚科に行きましょう。

スポンサードリンク


-ヘルス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ギックリ腰の症状・原因・治療 ある日突然襲ってくるかも?

スポンサードリンク ある日、急になるのがギックリ腰。欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれています。ギックリ腰になったことがあればご存知かと思いますが、腰が痛くて身動きができなくなると本当に大変です。自 …

カビによるアレルギー症状とその対策は?まず発生場所を調べよう!

スポンサードリンク 高温多湿の日本では、食べ物を放置していたりすると、カビが生えたりします。冬でも、みかんを箱ごと買うと、箱の下の方にあるみかんにはカビが生えていることがよくあります。カビが生える …

エアコンのカビの確認方法!掃除のタイミングはいつがベスト?

日本の夏は高温多湿で厳しく、エアコンで部屋の温度を下げないと熱中症になる危険がありますので、必需品と言っても良いでしょう。冬の暖房器具としてもエアコンは効率が良く、便利ですが、最近はオイルヒーターなど …

クーラー病(冷房病)の対策は? つらい症状の方必見!

スポンサードリンク 暑くなると冷房を使い始めます。自宅であれば設定温度を比較的自由に設定できますが、外出先では必ずしも思い通りになりません。 その結果、暑い夏でも身体は冷え切ってしまうこともよくあ …

ヒートショックの死亡数は交通事故より多い!入浴時の対策は? 

スポンサードリンク 冬になると気温が下がり、日本では多くの地域で氷点下まで冷え込むようです。それでも暖房をして、防寒すれば良いのですが、日本ではヒートショックによる犠牲者が毎年数多く発生しています …

最近のコメント