テクノロジー

パソコンの処分とデータ消去!買取のおすすめと廃棄業者について

投稿日:2018年1月12日 更新日:

パソコンを購入して利用している方は非常に多いです。ある程度使えるようになると、もはや必需品ですね。ところが使い込むほど、パソコンへの負荷が大きくなり、数年使えば最新のパソコンにものに買い換えたくなるでしょう。そして買い換えた時に悩むのがそれまで使っていた古いパソコンの処分です。パソコンの処分方法について紹介します。

スポンサードリンク

パソコンの処分とデータ消去について

パソコンの処分方法としては、基本的には買取か廃棄になります。買取と廃棄については以下でそれぞれ説明しますが、いずれの方法においてもまずやらないといけないのが「パソコンのデータ消去」です。

パソコンの中には多くの個人情報が含まれていますので、それらを全く消去せずに買取あるいは廃棄してしまうということは、あまりにも危険な行為です。

メールなどには個人の情報が含まれているのは説明するまでもないですが、案外見落としなのがパソコン内に自分で確認するために残しておいたメモです。一般的には色々な重要なパスワードなどをWordなどの文書に書いて、パソコン内に保存している人が多いことが知られています。これを第三者に見られてしまい、さらにメールアドレス、電話番号などの情報も知られてしまうと、色々な犯罪に悪用される可能性が高くなります。

したがって、パソコン内のデータを消去してから買取あるいは廃棄に出すのが基本と考えましょう。

パソコン内のデータを削除・フォーマットすれば、普通の人ならばデータを復元するのはかなり困難です。しかし、犯罪活動をするその道のプロが、専用のツールを使えば、データが復元できてしまいます。

パソコン内のデータが他の人にもれないようにするためには、市販のデータ消去ソフト「AOSテクノロジーズ〔Win版〕 ターミネータ10plus データ完全抹消 BIOS/UEFI版 [Windows用] (TMZ91)」などを使用するのが良いでしょう。

その後、リカバリーディスクを使用して、パソコンを工場出荷時の状態に戻します。この手順を行って買取あるいは廃棄すればかなり安心です。

データ消去という点では、パソコンを分解して、ハードディスクを物理的に破壊するという方法も確実です。しかし、パソコンを破壊してしまうので、買取さらには廃棄業者に引き取ってもらうことが難しくなりますので、最後の手段と考えた方が無難です。

パソコンの買取 おすすめは?

パソコンの買取は、まず買い取ってもらう業者選びが重要です。買取は、基本的にはリユースあるいはリサイクルによって、業者側が収益を上げられる仕組みになっているから成り立つものです。

いくつかの中古パソコン販売店のように、買い取ったパソコンを販売している状態が確認でき、ある程度規模が大きな企業であれば大丈夫でしょう。つまり、買い取ったパソコンをその後どのように扱っているのか、どのように収益を上げているのかがわかりにくいようなお店は心配です。

ヤマダ電機はアウトレット・リユース店では持ち込みでパソコンの買取をしてくれます。またYAMADA買取×インバースネットでは、宅急便でパソコンを送れば買取・処分をしてもらえます。

パソコンは新品を買った場合は、2〜3年後ぐらいまではそれなりの買取価格がつくことが多いようです。しかし、それ以上古くなると買取価格にはあまり期待しない方が無難です、極めて古くなったり、破損していると、買取を拒否されることもあります。まずはそれぞれのサイトで、どのようなものを買取対象としているのかを確認しましょう。


スポンサードリンク

パソコンの廃棄 業者は?

パソコンの廃棄をする場合、信頼できる業者に引き取ってももらうことが重要です。よくある住宅街を車で回り、スピーカーで呼びかけて、無料で回収していく業者などには要注意です。

有料で引き取り、不法投棄をしたり、無料で引き取って、部品等を不正なルートで売って利益を上げる違法な業者も存在します。

基本的にはメーカーあるは販売店が関わっている廃棄業者が良いでしょう。パソコンメーカーは、家電リサイクル法がありますので、基本的にはパソコンを適切にリサイクル責任がありますので、最近は何らかの廃棄の業者・窓口を設けています。前述のようにヤマダ電機もYAMADA買取×インバースネットを運営しており、そこに遅れば買い取ってもらえる場合は値がつきますし、廃棄処分になる場合も通常は費用がかからずに廃棄できます。

それぞれのサイトには、廃棄できるパソコンについての説明がありますので、事前に確認しましょう。廃棄できないものを送ってしまうと、返送されて送料を負担しなければならなくなります。

まとめ

パソコンは、他のゴミと異なり、個人情報が入っていますし、家電リサイクル法の対象になっていますので、処分する場合も適切な方法で行わなければいけません。しかし、手順が分かれば、制度が整備されているだけに案外簡単です。環境のことを考えて適切に処分しましょう。

パソコンを処分する前にデータを保存する際には、最近はクラウドのデータストレージも便利です。クラウドについてはこちらの記事「クラウドとは何?クラウドストレージの使い方・個人 おすすめ」をご覧ください。

スポンサードリンク


-テクノロジー
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

カーナビの目的地設定を簡単にやる方法を紹介します!

知らない場所に初めて車を運転して行く時に、カーナビは本当に便利です。カーナビが無かった頃は、前日に地図を見てどの経路で行くかを調べ、当日は間違わないように注意して運転していました。 スポンサードリ …

MacBookにGoogle日本語入力をインストールして使ってみた!

スポンサードリンク MacBookを使いこなす上で習熟しておきたいのが文字・数字などの入力方法です。特にWindowsに慣れたユーザーがMacユーザーに転向した場合は、もっとも戸惑う点が日本語入力 …

Toyota Safety Sense第2世代とは?自動ブレーキの効果は?

スポンサードリンク 我が家では2017年に新車でプリウスを買いました。プリウスにはその時点でトヨタ自動車の最先端の衝突回避支援パッケージであるToyota Safety Sense Pが搭載されて …

サイバー攻撃からパソコンを守るセキュリティ対策はこれ!

スポンサードリンク インターネットは簡単に国境を越えます。そのため海外からのサイバー攻撃にも備えなければなりません。パソコンのセキュリティ対策は万全でしょうか?以下に紹介します。 スポンサード …

スマホによる学力低下、依存症、子守の悪影響は本当?

スポンサードリンク 初代iPhoneをスティーブ・ジョブズが発表したのは、2007年1月のMacworld 2007でした。総務省によれば、2016年の世界のスマートフォンの出荷台数は14億台とな …

最近のコメント