ヘルス

入浴剤の効果 疲労回復?保湿?血行促進?香りでリラックス

投稿日:

自宅のお風呂に入浴剤を入れて楽しんでいる方も多数いらっしゃるでしょう。入浴剤にはいくつかの効果(効能)が記載されていることが多いのですが、それらの効果は本当にあるのでしょうか?入浴剤の効果について紹介します。

スポンサードリンク

入浴剤 効果あるの?

入浴剤にも色々なものがあり、販売されています。中には日本の有名な温泉をイメージした入浴剤もあり、何やら効果が効果が高そうな感じがしますね。

つまり、入浴剤と言えば、まず温泉と同じような効果をイメージする人が多いのではないでしょうか?日本は火山大国で多くの地域に温泉があります。名湯には、古くから多くの人々が湯治に訪れていました。

そのため名湯ならば色々な病気が温泉に入るだけで治るような気がしてしまうのですが、まず湯治のために入浴することと普通の入浴ではお湯に浸かっている時間がかなり異なり、湯治となると最低でも15分程度は浸かり、ある程度の期間温泉に入り続けることが必要です。

まだ医学も十分に発達していなかった頃は、温泉に使ったり、温泉を飲んだりすると何でも治るように言われていたこともあるようですが、現在はそれぞれの温泉に効果(効能)が記載された説明を確認できるようになっていますので、それを確認すると良いでしょう。しかし、多くの病気が医師の診察を受け、医薬品や場合によっては外科的な治療により効果的に治療されることが多く、病気の治療方法として温泉を最優先で考えることは普通はありません。

話を入浴剤に戻しますが、名湯をイメージした入浴剤でも、本当の源泉とは成分が異なることが普通で、家庭用にある程度簡略化した成分となっていることがほとんどです。したがって、家庭で入浴剤を使っても、長期間の温泉での湯治のような効果を期待するのは無理がありますし、何らかの病気であれば、まずは医学的な診察・治療を受けましょう。

実際、入浴剤はほとんど場合、医薬部外品であり、医薬品ではないことからも、その効果について過大な期待をしない方が良いでしょう。そんな入浴剤ですが、普通の使い方をした時に期待できる効果は主に疲労回復と保湿です。以下にそれぞれについて紹介します。

入浴剤の疲労回復 効果

炭酸ガス系の入浴剤は血行を促進し、身体を温める効果があります。入浴愛から発生した炭酸ガスは、お湯に溶け込むと抹消の血管に入り込んできます。それにより血液中のCO2濃度が上昇すると、元に戻そうという恒常性が働いてCO2を体外に出すための代謝機能が働くことになります。その結果、血流が良くなるというメカニズムです。

血流が良くなると、疲労の原因物質とされる血中の乳酸が筋肉や肝臓などでより効率的に処理されるようになるため、疲労回復効果があります。

また炭酸ガス系の入浴剤を入れると、シュワシュワと泡を出しながら溶けていきますが、この泡に直接触れなくても、炭酸ガスがお湯に溶け込み、浸透圧・水圧の関係で抹消の血管にCO2が入り込んできますので心配要りません。

この効果を利用すれば、少しぬるめのお湯でも身体の芯からじんわり温まります。熱いお湯では身体に負担が大きいので、入浴剤を入れてぬるめのお湯にゆっくり浸かるのがおすすめです。

ちなみに疲労回復には睡眠と栄養補給が大切です。これらが十分でないと、入浴剤で血行をよくしても十分に疲労回復できませんので、しっかり睡眠と栄養補給もしましょう。


スポンサードリンク

入浴剤の効果 保湿

お風呂に入って石鹸で身体を洗い、お湯に浸かって、お風呂を出た後に身体を拭いて乾かすと、人間の肌の皮脂がしっかり取り除かれているので、肌が乾燥しやすくなります。特に空気が乾燥する季節に肌が乾燥し、痒くなったりする方は、何らかの方法で保湿すると良いでしょう。

入浴剤の中には保湿成分を配合したものがあります。具体的には、ホホバオイル、コラーゲン、ミルクプロテイン、ローヤルゼリー、エラスチン、プラセンタ、ココナッツオイル、シアバター、プラセンタ、ビタミンC誘導体などです。

保湿成分が配合された入浴剤を使えば、肌が保湿成分で覆われ、潤いを保ちます。しっとりした感じが体感できるでしょう。

また肌の調子には睡眠時間・栄養補給も同様に重要です。また肌の保湿は、入浴剤以外にも保湿効果のあるスキンケアクリームなどを使う方法もありますので、自分の身体に合った方法を選ぶと良いでしょう。

まとめ

入浴剤の効果の中では、血行促進による疲労回復と肌の保湿効果が実感しやすいです。その他には、入浴剤によるお湯の色や香りを楽しんだり、リラックスする効果も期待できるでしょう。好みのものを選んで、楽しんでください。

スポンサードリンク


-ヘルス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

鼻毛の処理は必要?処理方法は?脱毛は危険なのか?

スポンサードリンク ある程度身だしなみに気をつける人ならば、鼻毛のお手入れをしているでしょう。グラビア写真などで鼻毛を伸ばしているモデルも見た記憶がありません。多くの人が鼻毛が飛び出るほど伸びてい …

ギックリ腰の症状・原因・治療 ある日突然襲ってくるかも?

スポンサードリンク ある日、急になるのがギックリ腰。欧米では「魔女の一撃」とも呼ばれています。ギックリ腰になったことがあればご存知かと思いますが、腰が痛くて身動きができなくなると本当に大変です。自 …

マダニの危険性は?噛まれた時の症状は?SFTSとは?対策は?

スポンサードリンク マダニに噛まれて命に関わる重大な状況になったという事故が報道されましたが、どのような状況であるのかイメージできるでしょうか?そもそもマダニの大きさ・形・色でさえすぐにイメージで …

クーラー病(冷房病)の対策は? つらい症状の方必見!

スポンサードリンク 暑くなると冷房を使い始めます。自宅であれば設定温度を比較的自由に設定できますが、外出先では必ずしも思い通りになりません。 その結果、暑い夏でも身体は冷え切ってしまうこともよくあ …

シェーバーでの髭剃りでカミソリ負けする!対策・ケア!

スポンサードリンク 男性の場合、毎日髭剃りをする人がほとんどです。それだけにちょっと面倒で、適当に髭剃りしてしまうと、カミソリ負けしてしまうことも・・・。 最近は剃刀ではなく手軽なシェーバーを使う …

最近のコメント