トラベル

サンフランシスコ空港からフィッシャーマンズワーフとホテル

投稿日:2018年1月18日 更新日:

日本から米国サンフランシスコは直行便があり、これに乗れば乗り継ぎがないので断然楽です。普通の人の米国での入国手続きも、事前のESTAを忘れずに手続きしておけば、特に問題ないでしょう。

サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフは、人気の高い観光スポットです。実際に行ってきましたので紹介します。

スポンサードリンク

サンフランシスコ空港からフィッシャーマンズワーフ 行き方

サンフランシスコ空港からフィッシャーマンズワーフのホテルまでは、乗り合いバン(Shared Van)を利用しました。日本で乗り合いバンのSuperShuttleのサイトから、便名、名前、携帯の電話番号などを入力して予約し、クレジットカードで支払いも済ませたので、空港でも乗り合いバンの乗り場で予約画面を見せるだけで利用できます。

高度な英語を話す必要もありませんし、チップもクレジットカードで支払い済みなので全く心配要りません。

乗り合いバンの良いところは、料金がリーズナブルで、ホテルまで届けてくれること、現地の米国人も頻繁に利用していて、同乗することです。スーツケースなどの大きな荷物を抱えて電車やバスに乗る大変さを考えると本当に楽ですし、初めての場所でも道に迷うこともありません。

その点、タクシーも同じようなメリットがありますが、料金が高いことと、自分一人だけで乗って怖い思いをしたことがあるので、乗り合いバンの方が安心です。

(*SuperShuttleを予約して、飛行機が遅れてしまった場合は、慌ててしまうかもしれません。こちらの記事「SuperShuttleを予約してロサンゼルス空港からホテルへ!飛行機が遅れたら?」をご覧ください。ロサンゼルス空港での話ですが、SuperShuttleは同様なシステムで運行されていますので、サンフランシスコでも同様です)

タクシー乗り場で待っていると、順番に来たタクシーに乗らなければなりません。以前、実際に体験したこととしては、フロントガラスにヒビが入っているタクシーに乗せられたことがあり、夜、人気の無い暗い道を走行して何だか恐ろしい雰囲気でした。結局、無事だったのですが、フロントガラスから隙間風が入ってくるような車で、怖そうな運転手で夜間知らない土地で人気が無くなると、嫌な気分になりました。

またあるタクシー運転手のケースでは、乗った後に目的地を告げると「なんでそんな近い場所なのにタクシーに乗るんだ!」(*おそらく3km程度)と怒り出し、2mぐらいある大男だったので危険を感じ、チップを多めに渡して何とか無事に降りました。

タクシーに一人で乗って、英語も十分にしゃべれず、その土地の常識も知らないと、このような時に困るのですが、乗り合いバンで現地の人も乗っていると、そのようなトラブルは今まで体験したことがありません。そんな点でも乗り合いバンはおすすめです。

料金にこだわれば、空港からバート(BART – Bay Area Rapid Transit)に乗り、パウエルストリート(Powel St.)で下車(料金は片道8.10)、ミュニメトロ Muni MetroのFラインを使ってフィッシャーマンズワーフまで行けます(料金は2ドル)。その場合、最寄駅からホテルまでスーツケースを転がしていくことになります。時間と体力に余裕があればこれでも良いでしょう。

サンフランシスコフィッシャーマンズワーフのホテル ホリデイインエクスプレス

2011年頃に米国西海岸に旅行したことがある方は、最近のホテルの宿泊料の高騰に驚くでしょう。一つは当時77円程度であった為替レートが、最近は111円程度まで円安になったこと。単純に円換算での価格が4割以上上がったことになり、かなりの値上がりです。

もう一つはドルベースでもホテルの宿泊料が値上がりしていること。サンフランシスコやいわゆるシリコンバレー付近は、アップルなどの有力企業が集まり、高い給与をもらう人が増え、物価が上昇していると言われています。そのこととどれぐらい関連があるのか分かりませんが、私がよく利用するホリデイイン系列のホテルのドルベースの宿泊料が高くなっていることは事実です。

これらのダブルパンチで、ホリデイインレベルのホテルに泊まっても、税込みで1泊200ドル以上することが多いです。

私がこれまで数回利用しているのがホリデイインエクスプレスサンフランシスコフィッシャーマンズワーフ Holiday Inn Express San Francisco Fishermans Wharfです。ロケーションも良く、フィッシャーマンズワーフの観光スポットに徒歩&ミュニメトロ Muni Metroで簡単に行けます。

ホテルの設備も十分です。私はこのホテルの系列の会員サービスであるIHG Rewards Clubに入会していますが、これを利用すると宿泊料の早期予約割引などが利用でき、また宿泊に応じてポイントが獲得できますのでお得です。そのためいつもホリデイイン系列のホテルにしています。

IHG会員は、WiFiも無料で利用できますし、朝食も無料でした(*サイトに記載はなく、朝食に関してはチェックインしてから分かったので、いつも無料なのかは不明です)。部屋にコーヒーもあり、ミネラルウォーターももらえました。セイフティボックスも部屋にあり、便利です。

米国のホテルは、通常は部屋に歯ブラシがありませんので持って行った方が良いです。しかし、Holiday Inn Express San Francisco Fishermans Wharfでは、歯ブラシを忘れた場合、フロントに電話すると持って来てくれます。

もっとグレードの高いホテルもありますが、高いホテルは確かに設備のグレードが高く、接客も良いのですが、例えばWiFiが有料だったり、何かと課金されることが多いようです。そんなコストも宿泊費の一部と考えると、Holiday Inn Express San Francisco Fishermans Wharfはお得ですね。


スポンサードリンク

サンフランシスコフィッシャーマンズワーフ 滞在費を節約するコツ

お金の心配をしなくて良いのであれば、あらゆることにお金をかけて思う存分楽しめますが、そんなにお金に余裕がない方も少なくないでしょう。サンフランシスコフィッシャーマンズワーフに滞在する場合にお金が無いからと言って、あまりに宿泊料の安いホテルを選ぶのはセキュリティ面でリスクが高いです。犯罪に巻き込まれてしまったら、せっかくの楽しい旅行が台無しになってしまうので、ある程度以上のグレードのホテルを選びましょう。そのような点で、ホリデイインレベルであれば安心です。

一番節約できそうなのが食費でしょう。もちろんお金に余裕があれば、その土地の名物をたくさん食べることができますが、予算内に収めるために何かを節約しなければならないのであれば、食費がやりやすいです。

一番安く上げるには、近くのスーパーで食料を買って来て食べればよいでしょう。今回はたまたまホテルに無料の朝食が付いていたのでスーパーで買いませんでしたが、以前はスーパーで買ったドーナツを部屋で食べて朝食を済ませていました。

レストランなどに入るとチップを15-20%程度払うことになるので、案外馬鹿になりません。SUBWAYやファストフード店などで食事をすれば、チップは不要ですし、かなり安く上げられます。

すべての食事を節約すると辛いので、メリハリをつけると良いでしょう。

まとめ

サンフランシスコフィッシャーマンズワーフへの旅行について紹介しました。冬はそれなりに寒いですが、日本よりは暖かいので、おすすめです。

スポンサードリンク


-トラベル
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Holiday Inn Express & Suites San Francisco Fishermans Wharfに宿泊

スポンサードリンク 米国サンフランシスコに何度か出張で行っています。サンフランシスコにはいろいろなものがありますが、私がよく行くのはフィッシャーマンズワーフです。観光地として人気が高い場所で、多く …

海外出張の服装は男性の場合どうするべき?機内と現地では?

スポンサードリンク 仕事で海外出張する時は渡航先の文化・風習・言葉・季候に対応し、職務を果たさないといけませんので緊張しますね。必要なものを忘れずに準備して、万全の体制で海外出張に望みたいものです …

戦争に関する日本の資料館 広島・長崎・沖縄 反戦の願い

人類の歴史は、戦争の歴史でもあります。過去の出来事を知れば知るほど、人間の業の深さを感じます。 スポンサードリンク 科学技術の進歩とともに兵器の破壊力は凄まじいものになりました。核戦争が起こってし …

JAL国際線プレミアムエコノミーのアメニティとスリッパは?

スポンサードリンク 最近は海外出張でプレミアムエコノミーに乗ることが多くなりました。当然のことながら、ビジネスクラスよりはグレードが低く、快適さで劣りますが、エコノミークラスに比べると格段に快適で …

パスポートは5年と10年のどっちがいい?コスパとリスクは?

スポンサードリンク 海外旅行・出張に行く時に絶対に必要なのがパスポート。海外に行くことが決まったら、早めにパスポートを申請して取得しましょう。20歳以上の方は10年用と5年用のどちらかを選択できま …

最近のコメント