髪の毛と頭皮の日焼け止めとケアの方法は?

紫外線・日焼け

紫外線が強くなる季節になると日焼けが気になりますね。紫外線は着実に髪の毛と頭皮にダメージを与え、そのダメージは修復が困難なものです。

まずは日焼けをしないようにすること、次に日焼けしてしまった髪と頭皮をケアすることが大切です。日焼けした後に後悔しないように、日焼け止めとケアのポイントを紹介します。

スポンサードリンク

注目!!
▼▼紫外線・日焼け対策の情報はこちら▼▼
紫外線・日焼け対策のことがわかるまとめ

髪の毛と頭皮も日焼止めが必要!

日差しが強いところへ行く時は、顔や首筋、腕などに日焼け止めをしっかり塗って準備する人でも、髪の毛と頭皮のことは案外忘れてしまうものです。頭に帽子を被って、髪の毛と頭皮を紫外線から守らなければ、顔や腕などと同様に髪の毛と頭皮も日焼けしてしまいます。気が付いた時には頭皮が赤くなり、髪の毛もダメージを受けています。

頭皮は肌ですので、顔や腕の肌と同じように日焼けすれば赤くなり、さらにひどくなると水ぶくれになったりします。赤く日に焼けた頭皮は、時間が経てば剥けてきて、ボロボロになります。頭皮には髪の毛が生えているので、剥けてきた頭皮が髪の毛に絡みついたりして、扱いに困ります。

髪の毛は主としてシステインというアミノ酸が結合したタンパク質からできています。紫外線が当たるとこの結合が切れてタンパク質が分解してしまい、枝毛・切れ毛の原因となります。また電子顕微鏡で日焼けした髪の毛を見ると、髪の表面を覆うキューティクルが傷つき、剥がれたりしているのがわかります。髪の毛は、このように日焼けによるダメージが大きくなってしまうと、どんなにケアをしても修復することは困難になります。

やはり、頭皮と髪の毛も、日焼けしないように守ることが重要です。

髪の毛と頭皮の日焼け止め

髪の毛と頭皮が日焼けしないように紫外線から守るためには、上でも書きましたように帽子を被るなどして紫外線を遮断する方法が有効です。しかし、髪の毛が長めの人は、髪の毛全てを帽子の中に入れるのも大変ですし、海やプールで泳ぐ時などのように帽子を着用しにくい場合もあるでしょう。

基本的には顔、首筋、腕などと同様に髪の毛・頭皮に日焼け止めを塗りましょう。最近は、顔・身体・髪に使えるスプレータイプの日焼け止めも発売されていますので、自分の肌にあったものを選んで使いましょう。また洗い流さないタイプの髪の毛のトリートメントでUVカット効果があるものもありますので、それらの利用も効果があるでしょう。

髪の毛の分け目付近の頭皮は特に日焼けしやすいので、日焼け止めを塗るとともに、ある程度の期間ごとに分け目をずらすなどして同じ部分が日焼けし続けないようにした方が良いでしょう。


スポンサードリンク

髪の毛と頭皮が日焼けしてしまった後のケア

日焼けによって頭皮が赤くなり、火照っている場合は、ビニール袋などに水を入れ、頭皮に当てて冷やしましょう。頭に氷を当てて冷やすのはやり過ぎで、頭の温度が下がり過ぎて危険ですので止めましょう。

その後、ブラッシングなどで頭皮にダメージを与えないように注意しましょう。もし、頭皮に水ぶくれができてしまったら、皮膚科に行って治療を受けた方が良いでしょう。そのままにしてさらに悪化すると、最悪の場合、薄毛の原因となります。

日焼けした髪は水分が不足している状態ですので、ヘアパックが有効です。美容院でヘアパックしてもらえれば良いですが、ヘアパックに必要なものを購入して自宅で繰り返し行うのも良いでしょう。

まとめ

1.髪の毛と頭皮も、紫外線に当たれば確実に日焼けします。紫外線対策が必要です。

2.髪の毛と頭皮に使える日焼け止めが販売されていますので、利用しましょう。

3.頭皮が日焼けしてしまったらケアをしましょう。

▼▼紫外線・日焼け対策の情報はこちら▼▼
紫外線・日焼け対策のことがわかるまとめ

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました