MacBook

MacBook Proを初めて購入 Windowsユーザーでも使える?

投稿日:2018年2月1日 更新日:

長年、プライベートと仕事の両方でWindowsのパソコンを使ってきました。スターバックスなどのカフェでMacBookを使っている人をよう見かけるようになり、「カッコいいなあ」と思うことが多くなり、ついに1年前にMacBook Proをプライベートのパソコンとして購入しました。

初めてのMacBookでしたので、正直なところ不安な部分もありました。体験記を以下に紹介します。

スポンサードリンク

注目!
▼▼MacBookの使い方などの情報はこちら▼▼
MacBookのことが分かるまとめ

MacBook Proを初めて購入 Windowsユーザーでも使える?

購入したのは2016年10月27日にアップルのイベントで発表されたモデルの中の、13インチの有機ELのTouch BarとTouch IDを搭載したモデルを選びました。SSDは512GB、色はスペースグレイです。

まず何と言ってもディスプレイが美しいです。従来のMacBook Proと比べて、明るさが67%、コントラスト比が67%、色域が25%改善されているとのこと。もちろん初めてMacBookを使うので、従来のものは体験していませんが、今まで使ってきたどのノートパソコンよりも美しいディスプレイであることは間違いありません。

Retinaディスプレイですので、精細度もバッチリです。写真や小さな文字もくっきり見えます。仕事ではアンチグレア処理されたディスプレイのノートパソコンを使用しているのでその差は歴然です。MacBook Proならば高画質の動画・写真を「鑑賞」したくなりますね。ただ「見る」というのではなく、「鑑賞」です。

プライベートなパソコンを何に使いますか?

私の場合、メール、ネットサーフィン、動画・写真の鑑賞・加工、ワープロ、表計算、パワーポイント、ブログ・ホームページ作成などです。これらのことを行うに際に、WindowsからMacに転向して特に困ったことはありませんでした。よく考えれば、仕事でもプライベートでもMacを使っている人はかなりいますので、これらのことで「できない」ということがあったら問題ですよね。

一部のパソコン用ゲームなどは、Macではできないこともあるようですので、ゲーム機として考えている人は要注意です。

それにしてもMacBook Proで初めて搭載されたTouch BarとTouch IDは便利です。パソコンの使い勝手がワンランク向上した感じです。

MacBook ProとiPhone、iPad iCloud&AirDropで連携

私は、MacBook Proを購入する前からiPhoneとiPadユーザーでした。Appleは自社製品の連携を積極的に進めていますので、すでにiPhoneとiPadなどを使用しているならば、パソコンとしてはMacBookが便利です。

MacBookのiTunesでiPhoneやiPadバックアップを取ることができます。またiCloudを介してバックアップを取ることもできます。実はこの機能はWindowsパソコンでも基本的には利用できます。

MacBookならではの機能はAirDropでしょう。これはBluetoothを使ってMacBookとiPhoneやiPadと接続し、データのやり取りをする機能です。ケーブルやインターネット接続も必要なく、機器同士がBluetoothで接続できる距離にあれば利用できますので、非常に便利です。

友達同士で撮影した写真の交換などをする時に、わざわざメアドを聞かなくてもすぐにできますので、Macユーザーの友達がいれば必須の機能でしょう。


スポンサードリンク

MacBook Pro Thunderbolt 3だけで大丈夫?

MacBook Proを買うまでは、長年、光ディスクドライブ内臓、LANケーブル、USB、SDカード、HDMI、D-SUB15などに対応するインターフェイスを装備したノートパソコンを使用していました。それだけにMacBook Proを購入する時に一番不安に感じたのが、Thunderbolt 3×4ポートとヘッドホンジャックだけのインターフェイスということでした。

「これはさすがに思い切った設計すぎるんじゃあないの?」とビビりましたが、MacBook Pro用のThunderbolt 3からの変換コネクターは販売されているので、とりあえず購入し、必要に応じて変換コネクターを用意すれば良いと思い使い始めました。

そうやって使い始めて1年以上経ちました。まだ何の変換コネクターも買っていません。幸いプライベート用なので、プロジェクターと接続する必要も無かったので、付属の電源ケーブルとヘッドホン以外は有線のケーブルをMacBook Proと接続することもありませんでした。

自宅にWiFi環境さえあれば、WiFiでインターネット、プリンターに接続できますので、セットアップから普段のパソコンの利用まで特に問題ありません。データのバックアップもiCloudで済みます。

最近は光ディスクをパソコンで使用する機会も減りましたので、特に光ディスクドライブが無くても問題ないです。音楽・映画のBDなどはテレビに接続してあるBDレコーダーで視聴しますので、あえてパソコンで見る必要もありません。音楽もダウンロードしますのであえてDVDドライブと接続する必要もありませんでした(*すでに持っているDVDの音楽を取り込む時には必要なので、使いたい時はありましたが我慢しました)。

そう考えると、WiFiとBluetoothがあれば、結構有線ケーブルでのデータやり取りをしなくてもパソコンは不自由なく使える時代なんですね。

まとめ

MacBook Proの購入時は少々不安はありましたが、特に問題なく、快適に使えています。何と言ってもディスプレイが美しいのが魅力ですし、本体もカッコ良いです。さらに最近はApple Watchを買いましたが、これを腕に付けていると、パスワードを自動で解除してくれるので便利です。すっかりApple製品にハマってしまいました。

▼▼MacBookの使い方などの情報はこちら▼▼
MacBookのことが分かるまとめ

スポンサードリンク


-MacBook
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

MacBook ProのThunderbolt 3 USB-Cとは?おすすめのハブは?

スポンサードリンク Appleのノートパソコンの最高峰であるMacBook Proは、Thunderbolt 3のポートとヘッドホンジャックのみがインターフェイスとして用意されています。前者はAp …

MacBookのUSB-Cは不便?おすすめのハブは?

スポンサードリンク Appleが2015年に発売したMacBookは、インターフェイスとなるポートを「USB-Cポート1個」に統合した思い切った設計で、多くの人を驚かせました。USB-Cとはどのよ …

MacBookで音声入力を使って文章を効率よく書く方法

スポンサードリンク MacBookは使いやすいキーボードがあります、素早く文字入力することができます。それだけではなく、実はIPhoneのように音声入力もできるんです。実際に音声入力を使ってみると …

MacBook Proのディスプレイが故障した時の対処法は?

スポンサードリンク MacBook Proが好きで使っています。サイズは13インチです。画面はRetinaディスプレイで、高精細で美しいです。ところが最近、MacBook Proのディスプレイが故 …

CDから音楽をパソコンへ取り込む方法!MacBook Proの場合

スポンサードリンク 最近は音楽をインターネット経由で簡単にダウンロードできるようになりました。そのためCDの売り上げが年々減少していますが、ある程度以上の年齢の方々はこれまで購入したCDが家にある …

最近のコメント