ヘルス

糖尿病の予防 食事・ダイエット 運動 原因から考える

投稿日:

「糖尿病」という言葉はよく聞くと思いますが、どのような病気かご存知ですか?糖尿病は一度発症すると治癒することがなく、一生付き合い続けていかなければならない病気です。また糖尿病が引き起こす重大な合併症も知られており、非常に恐ろしい病気でもあります。

多くの糖尿病は、ある程度予防できることが知られています。糖尿病の予防方法について紹介します。

スポンサードリンク

糖尿病の症状と原因 治療は?

糖尿病とは、血液中の糖分、すなわち血糖が継続的に一定の値を超えている状態となる病気です。

炭水化物・糖分などを食べると消化され、血液中のブドウ糖が増えてきます。血液は全身を巡り、身体中の組織・細胞のエネルギーとなるブドウ糖を供給します。

このように血糖は身体に必要なものなのですが、血糖値(血液中の糖分の濃度)が高くなり過ぎると、いろいろな問題を生じるため、ある範囲にコントロールされています。血糖を正常な範囲にコントロールするために働くのが「インスリン」というホルモンです。

このインスリンの働きが十分ではなくなったことが原因で、血糖値が正常な範囲を超え、糖尿病になります。糖尿病は「1型糖尿病」と「2型糖尿病」に分類されます。

1型糖尿病は、インスリンを作っているすい臓のβ細胞が壊れてしまうことにより発症する糖尿病です。

2型糖尿病は、すい臓が作るインスリンの量が少ない場合と、インスリンの働きが悪い場合、そしてそれらが混ざって発症する糖尿病です。日本人の成人の糖尿病の約95%がこのタイプです。

糖尿病は、放置していると血管と神経が侵され、全身の臓器に様々な障害を引き起こします。糖尿病は、初期には自覚症状が無いことが多く、何らかの臓器に障害を引き起こした段階で気がつく事が少なくありません。健康診断などの機会に、血糖値には気をつけた方が良いでしょう。

様々な臓器に引き起こされる障害とは、以下のようなものです。

1.糖尿病網膜症
2.糖尿病腎症
3.糖尿病神経障害
4.脳梗塞
5.狭心症・心筋梗塞
6.閉塞性動脈硬化
7.歯周病
8.認知症

これだけではなく、他にもあります。糖尿病を発症すると治癒することができず、さらに症状を悪化させてこれらの合併症にならないように、コントロールすることが治療の目的となります。

厚生労働省の「平成28年「国民健康・栄養調査」によると、「糖尿病が強く疑われる者(糖尿病有病者)、糖尿病の可能性を否定できない者(糖尿病予備群)はいずれも約1,000万人と推計」となっています。

糖尿病の内、2型糖尿病は年齢、肥満、飲酒、喫煙、運動不足、遺伝、高血圧、ストレスなどが発症に関係する危険因子であり、予防できると可能性が高いと考えられています。年齢と遺伝に関しては改善できませんので、具体的にはこれら以外の危険因子についての取り組みとなります。

糖尿病の予防 食事 ダイエット

肥満を改善・予防するためには、何よりも食事が重要です。肥満になってしまうのは、消費カロリーよりも食事による摂取カロリーの方が多いからです。この原理は絶対です。

消費カロリーよりも摂取カロリーが上回り続ければ太っていきますし、その反対であれば痩せていきます。

一般に「肥満」とは脂肪の割合が多い、体脂肪率が高い状態です。過剰に摂取した炭水化物は脂肪に変わりやすく、肥満の直接的な原因になります。炭水化物の過剰摂取がインスリンを浪費し、すい臓を疲弊し、糖尿病を招きます。

肥満解消と糖尿病予防のためには、糖質制限ダイエットがおすすめです。総カロリーを意識しつつ、炭水化物・糖質を減らして、それ以外の食品を摂るようにすれば、栄養のバランスも取りやすいからです。

ダイエットの時に注意しないといけないのが栄養のバランスです。カロリーを減らすために食品の点数を減らしてしまうと、必要な栄養素が不足してしまいがちです。ほとんどの場合、炭水化物・糖質は足りていますし、カロリー量も多いので、減らすならば炭水化物・糖質からがやりやすいわけです。

それでも食事量そのものを減らすと栄養のバランスを取るのが難しくなりますので、ビタミン・ミネラルなどが配合されたプロテインなどのサプリメントを補助食品として活用すると良いでしょう。


スポンサードリンク

糖尿病の予防 運動

糖尿病の危険因子である「運動不足」を解消するために運動をしましょう。最近の研究で、椅子に座っている時間が長いと寿命が短くなるということも示唆されています。

若い頃は運動をしていた人でも、社会人になって、仕事が忙しく、運動不足になると、自分でも驚くほど体力が落ちてくるものです。高齢者になった時に寝たきりにならないように、自分のことは自分でできる状態を少しでも長くキープするためにも、筋肉量が重要であることが明らかになっています。

高齢者になってから筋肉量を増やすことは難しいので、高齢者になる前に十分な筋肉量をつけておき、それをできるだけ失わないように運動する習慣をつけるようにしましょう。

筋肉量が増えれば、運動していない時のエネルギー消費である「基礎代謝」も増えますので、肥満解消にも効果があります。運動をすれば心肺機能も鍛えられ、血流も良くなります。適度な運動は健康維持に必須です。

また身体を動かして汗をかけば気分転換にもなり、ストレス解消にも役立つでしょう。

まとめ

糖尿病の予防方法について紹介しました。糖尿病は発症してしまうと治癒しませんし、合併症は非常に恐ろしいです。できるだけ糖尿病にならないように日々の生活習慣を改善しましょう。

スポンサードリンク


-ヘルス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

抱き枕は身体・健康に良い?選び方のポイントとおすすめは?

スポンサードリンク 抱き枕を使ったことがありますか?妊婦さんに抱き枕がおすすめということはかなり知られていますが、妊婦さんでなくても快適な睡眠のために役に立つものですのでおすすめです。抱き枕のメリ …

花粉症の時期はいつ?春だけじゃない!症状が出たら対策を!

スポンサードリンク 花粉症と言えばスギ花粉が飛び散る春を思い浮かべるのではないでしょうか? しかし、春以外の季節でもなんだか花粉症のような症状が出ることがあります。もしかしたらそれはスギ花粉以外の …

加湿器で部屋の湿度が上がらない?パワー不足の解消法

スポンサードリンク 空気が乾燥している部屋に長時間居ると、喉が痛くなることが多いです。それは湿度が下がると、喉の粘膜が乾いてダメージを負いやすくなるからです。ダメージを受けた喉の粘膜は、防御能力が …

クーラー病(冷房病)の対策は? つらい症状の方必見!

スポンサードリンク 暑くなると冷房を使い始めます。自宅であれば設定温度を比較的自由に設定できますが、外出先では必ずしも思い通りになりません。 その結果、暑い夏でも身体は冷え切ってしまうこともよくあ …

エアコンのカビの確認方法!掃除のタイミングはいつがベスト?

日本の夏は高温多湿で厳しく、エアコンで部屋の温度を下げないと熱中症になる危険がありますので、必需品と言っても良いでしょう。冬の暖房器具としてもエアコンは効率が良く、便利ですが、最近はオイルヒーターなど …

最近のコメント