紫外線・日焼け

日焼け止めの使用期限は?未開封の場合は?開封したら注意すること

投稿日:2018年2月12日 更新日:

紫外線で日焼けしてしまうと肌に大きなダメージを与えてしまうことは広く知られるようになりました。ダメージは肌に蓄積され、リセットすることはできませんので、肌をできるだけ紫外線から守ることが大切です。

紫外線から肌を守るためのアイテムとして「日焼け止め」は便利です。露出している肌には日焼け止めを塗って、UVカットすることが基本です。

日焼け止めの使用期限と使用上の注意事項等について紹介します。

スポンサードリンク

日焼け止めの使用期限は?未開封の場合は?

日差しが強くなると、日焼け止めを使用する人でも、毎年使い切れずに残してしまう人は案外多いようです。そのため多くの人が悩むのは、「昨年買った日焼け止めを今年使っても大丈夫なの?」ということです。

一般的に日焼け止めは未開封ならば2〜3年程度使用できるものが多いようです。正確には日焼け止めに添付あるいは記載されている説明を読みましょう。

しかし、開封した場合は、基本的にはできるだけ早く使用した方が良いです。通常はそのシーズンは大丈夫ですが、厳密には保管状況によります。

夏場にはよくあるパターンですが、直射日光が当たり、極端に熱くなる場所に長時間置いてしまうと、日焼け止めの成分が変質してしまうことがあります。そうなると当然、使用期限は短くなってしまいます。

日焼け止めの使用期限は?開封した場合は?

日焼け止めは、前述のように保管状況によっては、成分が変質してしまう可能性があります。また防腐剤などが配合されていることが多いのですが、開封して使用すると、雑菌が混入して衛生面でリスクが出てくる可能性もあるでしょう。

さすがに開封してすぐは大丈夫ですが、開封して1年以上経過すると不安があります。

そのため、開封して1年以上経過したら使用せずに新しいものを購入するのが最も安全です。それでも勿体無いので、できれば使用したいという方は、日焼け止めを少々手の平に出してみて、成分が分離したり、変質したりしていないか?匂いが変化していないか?などをチェックしてみましょう。

また日焼け止めを載せた肌の部分が痒くなったり、ピリピリしたりしていないかチェックすることも大切です。少しでも異常を感じたらすぐに使用を中止し、洗い流すようにしましょう。

このような心配をするならば、やはり新しいものを購入することをおすすめします。メンタルに過敏になるだけで肌が荒れそうな気もしますので。


スポンサードリンク

日焼け止めを使いきるには?

ここまで述べてきたことから明らかなのは、「日焼け止めをワンシーズンで使い切ってしまえば良い」ということです。開封してもさすがにワンシーズンは持ちますので(*極端に悪い保存の方法を取らない場合です)。

つまり、あえて真面目に解説するのも少々恥ずかしい気もしますが、購入した日焼け止めを使い切れないことが多い方は、あまりケチらずに存分に使いまくってしまうのが良いでしょう。

日の当たる場所に長時間いる場合は、暑いので汗をかくことが多く、思っているよりも日焼け止めが流れてしまいます。そんな場合は何度も塗り直すことが大切です。ほとんどの人が塗り直すのが遅くなり、日焼けしてしまうことが多いようですので、早め早めに塗り直しましょう。それだけでかなり使用量が増えます。

また時期的にも早めに日焼け止めを使い始めるようにしましょう。例年4月頃から日差しが強くなり、日焼けするようになります。肌を守るためにはとにかく早めに使い始めるのが良いでしょう。それにより日焼け止めを使う日数が増え、使用量も増えます。

最後にわずかに残ってしまったものは、思い切って捨てて、次のシーズンには新しいものを買いましょう。

まとめ

肌を紫外線から守るための日焼け止めは重要です。肌のことを考えて日焼け止めを使用するのに、古いものを使って肌にトラブルが発生したら本末転倒ですね。使用期限に注意してうまく使いましょう。

日焼け・紫外線対策について詳しく知りたい方は、こちらの記事「紫外線・日焼け対策のことが分かるまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク


-紫外線・日焼け
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

偏光サングラスは釣りに効果ある?仕組みとUVカット機能も解説!

スポンサードリンク 日差しが強くなってくると、アウトドアで釣りなどを楽しむ人も増えてきます。強い日差しは眩しく、紫外線も含んでいますので、サングラスなどで目を保護するようにした方が良いでしょう。サ …

飲む日焼け止めの効果は?ニュートロックスサンに注目!

スポンサードリンク 日差しが強くなってくると、日焼けが気になります。肌の老化の主要な原因は、紫外線を浴びることです。そして、一生の間に浴びた紫外線のダメージは蓄積していき、元に戻せないという恐ろし …

車の運転中の紫外線対策は必要です!日焼けを防ぎましょう!

スポンサードリンク ゴールデンウィーク頃から、日差しも強くなってきます。油断をすると、日焼けしてしまって、後悔することになるでしょう。車をよく運転する人も、「車内は大丈夫」と思っていると、窓ガラス …

日焼け止めのSPFとPAの意味と敏感肌の人のための選び方

スポンサードリンク 日差しが強くなってくると大切なのが紫外線対策です。ある程度屋外で活動しなければならない場合に必須の紫外線対策が日焼け止め。日焼け止めにはSPFとPAの数値が記載されています。日 …

日焼け後のケアのまとめ!しっかりやれば差がつきます!

スポンサードリンク 肌のことを考えると日焼けをしない方が良いことは多の方がご存知でしょう。しかし、全く屋外に出ない人も珍しく、ほとんどの人は多かれ少なかれ紫外線を浴びて日焼けしてしまいます。休日に …

最近のコメント