ヘルス

便秘の原因はストレス?運動不足?食事?解消法は?

投稿日:

便秘は辛いですね。重度の慢性の便秘というほどでなくても、年に数回程度便秘で苦しむという方も少なくないでしょう。

私もそれほど便秘がちというわけではないのですが、便秘になることがあります。調べてみると思い当たる便秘の原因がありました。

原因がわかれば解消法も実践しやすくなります。以下に紹介します。

スポンサードリンク

便秘の原因 ストレス?運動不足?食事?

便秘の原因は一つではなく、いくつかのものが考えられます。大別すると「原因がはっきりしているもの」と「原因がはっきりしていないもの」に分けられます。

「原因がはっきりしているもの」については以下の3つが考えられます。

1.器質性便秘

大腸がんなど、病気等により腸の構造に異常が起こり、便が通りにくくなることにより起こる便秘です。

2.症候性便秘

糖尿病などの内科的な病気の影響で起こる便秘です。

3.薬剤性便秘

服用した薬により起こる便秘です。

慢性の便秘で苦しんでいる場合は、医療機関で診察を受けることをおすすめします。40歳以上の方は、生活習慣病予防健診の一環として大腸内視鏡検査を受ければ、大腸内部の状況を確認できるので安心です。

一般的な健康診断等で何らかの内科的な疾患の有無も確認できれば、それらによる便秘への影響も医師に確認できるでしょう。

一番確率的に高いのは、「薬剤性便秘」です。これは風邪などにより医療機関で処方された抗生物質によりなることが多いです。薬を服用したタイミングが分かるので、薬剤性便秘の場合は気がつきやすいです。

「薬剤性便秘」の場合は、薬の服用が終われば治るので、風邪などのように服用期間が短い場合はそれほど心配は要らないでしょう。しかし、長期に渡って服用し続けないければならない薬の場合は医師に相談した方が良いでしょう。

「原因がはっきりしていないもの」については以下の2つが考えられます。

1.機能性便秘

偏食や運動不足、睡眠不足などの生活習慣の乱れやストレスなどにより、腸の働きが低下することで起こる便秘です。

2.便秘型IBS(過敏性腸症候群)

便秘や腹痛などの不快な症状が繰り返しあらわれるタイプの便秘です。

便秘型IBS(過敏性腸症候群)は、主にストレスが原因となって起こるもので、大きなプレッシャーのかかる時などになることが多いようです。同様な状況で下痢になることもあります。有名スポーツ選手などでも、重要な試合の前に過敏性腸症候群になったことがあるという話もよく聞きます。

機能性便秘がもっとも一般的な便秘です。以下、その解消法について紹介します。

便秘の解消法 食べ物・飲み物

機能性便秘と食べ物・飲み物は関係があります。口から入れたものが消化され、大腸を通過する際に滞留してしまうことが便秘であると考えれば、関係があるのも頷けます。

基本的には偏食をせずに、栄養のバランスを考えて色々なものを食べましょう。規則正しい生活をし、朝食・昼食・夕食を毎日同じような時間に取るようにしましょう。特に朝食をとることで、胃から直腸にかけての反射が起き、排便が促されます。

食物繊維を多く含む野菜や果物などを積極的に摂りましょう。乳酸菌も腸に良いとされていますが、その効果については、乳酸菌の種類や摂取量などにおいて個人差があります。

また水分は積極的に摂りましょう。水分が不足し、脱水症状気味になると便秘になりやすくなります。

忙しくなるとトイレを我慢してしまうこともあります。それが便秘につながることもありますので、規則正しく、余裕を持ってトイレに行けるように時間を確保しましょう。

規則正しい生活をするためには、毎日同じぐらいの時間に就寝・起床し、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。

国内旅行、さらには海外旅行などに行くと、いつもの自分のペースで規則正しい生活がし難くなることも多く、食事も食べ慣れていないものになることがあります。前述のことから考えても、旅行中に便秘になることもありがちです。できるだけリラックスし、便秘解消に良さそうなことでできることをして、自分のペースを作ることが大切です。


スポンサードリンク

便秘の解消法 ストレッチ・運動

機能性便秘の解消に運動やストレッチは効果があります。

定期的に運動する習慣を作れれば理想的です。それが難しい場合は、日常の生活の中でできるだけ歩くようにしましょう。エスカレーターやエレベーターを使わずに歩くようにするだけでも、身体には良い影響があるでしょう。

椅子に座っている時間が長いほど、寿命が短くなることを示唆するような説もあります。職場・学校・家の中でも、積極的に立ち上がって活動しましょう。

高齢になるほど筋肉量が減少します。筋肉量が少ない人ほど寝たきりになりやすいことも分かってきています。高齢になってから筋トレで筋肉をつけるのは難しいので、高齢になる前に筋トレして筋肉を増やしましょう。そんな筋トレの習慣も便秘解消に役立ちます。

また便秘解消に効果があるとされているのがストレッチ(あるいはヨガ)です。就寝前や起床後に行うと良いでしょう。身体をひねったり、姿勢を変えることで、排便を促す効果があります。メンタルにも良い効果があります。

まとめ

便秘の原因と解消法について紹介しました。便秘を解消して快適な生活しましょう。

スポンサードリンク


-ヘルス
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

高齢者がインフルエンザになると重症化しやすい?予防接種は?

スポンサードリンク 毎年気温が下がり、空気が乾燥する季節になるとインフルエンザが流行してきます。高齢者の場合、インフルエンザに感染・発症すると命の危険もあると言われています。本当でしょうか?また高 …

軽い便秘・下痢で腹痛が数日間続く!その原因と対策は?

スポンサードリンク 食中毒などで急激に激しい下痢などになれば、原因は明らかなので病院で治療を受けるべきです。 しかし、それほど重症でなくても、何となくお腹が痛くて、それが数日間も続くことがあります …

睡眠時間の必要な長さ 質を上げる方が重要?その方法は?

睡眠は、人間にとって欠かすことのできない大切なものです。睡眠が不足すると免疫力や自然治癒力などに悪影響があり、風邪を引きやすくなり、傷などの治り、肌の新陳代謝も悪くなります。 スポンサードリンク …

美肌になるための洗顔方法で正しいのは?保湿は必要?

スポンサードリンク 顔の肌の調子が悪くなると憂鬱な気分になりますね。多くの人が子供の頃から日常的に顔を洗っていますが、「正しい洗顔方法とはどのような方法か?」ということをあまり考えずに、習慣として …

O157の症状・潜伏期間・治療・家族への感染予防と感染経路

スポンサードリンク O157(おーいちごうなな)とは、病原性大腸菌の中のベロ毒素を産出する「腸管出血性大腸菌」の一種です。 日本では毎年O157による食中毒が発生しており、被害者は重篤な状態になる …

最近のコメント