加湿器はウイルスの繁殖を抑える効果がある!インフルエンザ予防には?

ヘルス

気温が下がり、空気が乾燥してくるとインフルエンザウイルスなどが繁殖し、感染が広がりやすくなります。インフルエンザウイルスには、加湿器が効果を発揮するのでしょうか?以下に紹介します。

スポンサードリンク

注目!!
▼加湿器の疑問・正しい使い方についてはこちら▼
加湿器の正しい使い方!まとめ!必見です!

加湿器はインフルエンザウイルスに効果あり!

高温多湿の夏にインフルエンザが流行せずに、低温低湿の冬に感染が広がって流行することから、インフルエンザウイルスが低温度・低湿度を好むことがわかります。(*現在は「ウイルス」との表記で統一されており、「ウィルス」とは表記しません)

インフルエンザは飛沫感染で広がります。感染者が手を触れた手すり・ドアノブなどに触れると感染するリスクが高いだけでなく、くしゃみ・咳などで空気中に飛び出した飛沫にウイルスが含まれ、それがある程度の時間空気中を漂い、それを吸ったり、触れたりすることによっても感染する可能性があります。

1961年のG・J・ハーパー氏の研究によれば、空気中に飛び出したインフルエンザウイルスは、室温が20.5-24度の場合、湿度が40%未満では6時間後でも50%以上が生き残ります。ところが湿度が50%以上になるとほとんどのインフルエンザウイルスが死滅するとのことです。つまり、暖房を入れて室温を20度以上とし、さらに加湿器を使って湿度を50-60%にすれば、インフルエンザウイルスを撃退する効果があるということです。

また空気が乾燥した部屋で眠ると、起きた時に喉がカラカラで痛むことがあります。そんな条件下では喉の粘膜が痛んで感染し易い上に、湿度が低過ぎてインフルエンザウイルスも長時間空気中を漂いますので、感染するリスクが高くなります。加湿器を使って湿度を50-60%にすれば、喉の粘膜を守り、感染し難くなります。マスクの効果としては、喉の粘膜の乾燥を防ぐ効果もかなり大きいと言えます。暖房と加湿器を上手く使って、インフルエンザの感染を抑えましょう。

関連記事:空気清浄機のおすすめは?ウイルスや花粉の除去効果は?2020年版

加湿器で湿度が上がりすぎても良くない

インフルエンザウイルスを撃退することだけを考えると、湿度が高いほど良いということになってしまいますが、実際には湿度が高過ぎると不都合が生じます。

窓際などの外気に冷やされ易い場所などに結露し易く、それが原因となってカビが発生することがあります。そのカビが空気中に舞い上がり、それを吸い込むことで、アレルギー性気管支炎、喘息、アレルギー性鼻炎などの呼吸器系の疾患を引き起こすことがありますので注意が必要です。湿度を50-60%が適当でしょう。

また一般的に言う「湿度」とは相対湿度のことで、湿度が同じでも温度によって空気中に含まれる水分量は異なります。同じ湿度の場合、温度が低いと空気中の水分量が少なくなるので、温度も重要です。基本的には室温を20度以上に保ちましょう。

窓の断熱性能が低いと、加湿器を適切に設定しても窓際で結露が生じてしまいます。断熱性の高い窓にリフォームできれば理想的ですが、難しい場合は結露により生じた水を毎日ふき取るようにしましょう。できるだけ乾燥した状態をキープすることでカビの発生を抑制することができます。


スポンサードリンク

加湿器内に雑菌が繁殖しないように注意!

もう一つ重要な点は、加湿器そのものを清潔に保つことです。加湿器内に水を入れたまま、使用せずに放置すると、内部に雑菌やカビが発生し易くなります。

タンクに入れる水は必ず塩素殺菌された水道水を使用し、毎回水を使い切り、使用していない時は内部を乾燥させるようにしましょう。また取扱説明書をよく読んで、定期的に加湿器を清掃するようにしましょう。

雑菌やカビの発生し易さは加湿器のタイプによっても異なります。詳しくはこちらの記事「加湿器の雑菌が繁殖すると加湿器病になる!危険性と対策は?」をご覧ください。

まとめ

加湿器によるインフルエンザ対策について紹介しました。加湿器による効果はありますが、もちろん加湿器を使えば100%インフルエンザの感染を防止できるわけではありません。感染者が触れた手すりやドアノブなどをアルコール消毒する、感染者は飛沫を飛ばさないようにマスクをするなどの努力も必要です。しっかりと対策すれば、家族間での感染を防げる可能性が高くなります。正しい知識に基づいて努力しましょう。

▼加湿器の疑問・正しい使い方についてはこちら▼
加湿器の正しい使い方!まとめ!必見です!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました