ライフ

テニススクールで試合に勝てるようになる?効果的な練習方法は?

投稿日:2018年3月10日 更新日:

テニスは楽しいですよね。楽しみ方は人それぞれですので、身体を動かして、ボールをたくさん打てればそれで良いという考え方もアリですし、否定しません。それだけにある程度テニスをやっていれば、少しは試合で勝ちたいという人がいても自然です。

もちろんここではプロのテニスプレーヤーや、部活・サークルなどで長時間練習している人ではなく、週に1回程度テニススクールでレッスンを受けているような人をイメージして書いています。

スポンサードリンク

テニススクールで試合に勝てるようになるのでしょうか?

私もテニススクールに3年以上通っています。最初は運動不足を解消し、健康維持のために週に1回のレッスンを受けるようになりました。その効果はあり、入会する前よりはずっと体力がつき、健康的になりました。

ある意味当初の目的を達成したのですが、レッスンを受けて徐々に上達してくると、レッスンだけでなく「試合で勝ちたい」と思うようになりました。テニススクール主催のスクール生を対象にした大会に出たところ、自分よりも上のレベルのクラスのスクール生にボコボコにやられて負けました。

もちろん最初から自分より上のレベルの人に勝てるとは思っていなかったのですが、負けるとやはり悔しくてもっと強くなりたいと思うようになりました。そこでふと気になったのは「テニススクールでレッスンを受けているだけで勝てるようになるのか?」ということです。

テニススクールでは、限られた時間で練習するために、コーチの指導の下、多くのスクール生がコートに入って練習します。5-10分程度など、非常に短い時間の試合形式の練習が行われることもありますが、あまりに試合形式の時間が短いので、このような練習メニューで試合に勝てる気がしません。

試合に勝てるようになるための最短コースは、たくさん試合をして経験を積むことであることは間違いありません。しかし、テニススクールで週に1回レッスンを受けているような多くの人は、それ以外にあまりテニスの練習をする時間・機会・練習相手を確保できないことが多く、試合の経験を積むことが難しいようです。

それではテニススクール生は試合で勝てるようになれないのでしょうか?

テニススクールでの効果的な練習方法

テニスの試合で勝つと言っても、テニスのレベルはテニススクールの初心者から、初級・中級・上級、テニスのアマチュアがエントリーできる草トーナメントの常連、テニスのプロなどいろいろなレベルがあります。テニススクールに週1回通っているレベルの人がプロに勝とうという無謀な試みではなく、今の自分のレベルから少し上のレベルが出ているテニス大会などである程度勝とうということであるならば、テニススクールのレッスンも上手く活用すれば効果があるでしょう。

一番大切なことは、実際のテニスの試合の状況を想定して練習することです。テニススクールで練習していると、コーチの言われたことをやるだけになってしまいがちで、その練習がテニスの試合のどのような状況を想定したものであるのかを考えなくなってしまう人が多いようです。

通常は、コーチが試合のある状況を想定して練習方法を考えています。それを理解し、実際の試合と思って1球1球を丁寧に打つことが基本です。

そのためには、ダブルス、シングルスそれぞれにおける状況別のコースの狙い所・配球をテニス雑誌・インターネットなどで学びましょう。サーブはどこに打つべきか、どこに打ったら自分はどこへ移動し、返って来た球を次はどこに打つべきかを意識しましょう。リーターンから始まる場合も同様です。どこにどのようなリターンを打ち、次にどこに移動してどのような球を打つべきかのパターンをインプットしておきましょう。

そうすればレッスンの意図を理解しやすくなりますし、そのレッスンにおいて自分がどのようなどこへどのような球を打つのかを明確に意識して練習できるようになるでしょう。これだけでしっかりコースを狙うようになりますし、打った後に相手の動きをよく見て、反応できるようになります。何も考えずにコーチの出す球を打っていた段階とは雲泥の差です。

このように練習していれば、通常のレッスン内のゲーム形式の練習でも勝率がアップするでしょう。それにより少しずつ自信もついて試合で勝てるようになるはずです。


スポンサードリンク

テニススクール内での試合と大会で勝つ!

試合に勝つためには、当たり前ですが試合に出なければなりません。その試合経験が強くなるためにもっとも効果があります。なぜなら試合に出ると、普通の人間ならばある程度のプレッシャーがかかり、緊張するからです。

プロのテニスプレーヤーでも、プレッシャーに弱い人は大事な場面でミスが多くなったりします。この緊張感は試合でなければ味わえないでしょう。緊張する場面で必死に身体を動かし、自分の打ちたい球を打ちたい場所へコントロールするようになるには、少しでも多くの試合を経験をすることが必要です。

そのように考えて、できるだけ多くのテニス大会にエントリーして、それ自体が練習と考えて試合をしましょう。

もちろん、普段のスクールの練習でも、1球1球を試合のような気持ちで集中して打っていけば、緊張する場面でも少しずつ自分をコントロールできるようになるでしょう。

プロではないので、テニスそのものを楽しむことも大切です。

テニススクールで上達するためには、当然のことながらテニススクール選びも重要です。テニススクールの選び方については、こちらの記事「テニススクールの選び方 施設・コーチ GODAI港北(横浜)」をご覧ください。

まとめ

「テニススクールで練習をしても試合に勝てるようにはならない」という人もいますが、テニススクールも上手に活用すれば試合に強くなるでしょう。実際にテニス大会に出て試してみましょう!

テニススクールでテニスを楽しむ人に役立つ情報をこちらの記事「テニススクールのことが分かるまとめ」にまとめましたのでご覧ください。

スポンサードリンク


-ライフ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

子供がグリルでやけどする事故!ガスコンロで魚を焼いたら注意!

スポンサードリンク 外出して自宅に戻ってくるとホッとしますが、小さな子どもにとっては家の中にも危険があります。注意が必要なのが、小さな子どものキッチンでやけどです。ガスコンロのグリルに触ってしまい …

車のフロントガラスが凍結したらエアコンで溶かす?

スポンサードリンク 車通勤をしていたり、頻繁に車を運転する方は、寒い時期はいろいろと大変なことがありますね。例えばフロントガラスの凍結。凍結したままでは運転ができませんので、溶かしてから出発しなけ …

スーツのカビの取り方でベストな方法はこれです!

スポンサードリンク 春になって気温が上がり始め、「暖かくなってきたなあ・・・」なんて思っていたら、ゴールデンウィーク頃から急に気温が上がり、暑い日があったりします。そのためゴールデンウィークが終わ …

水道料金は全国で値上げされるのか?すでに格差が大きい!

スポンサードリンク 最近、「水道料金が今後は値上げされる可能性が高い!」という話を聞きました。本当に値上げされるのでしょうか?本当であるならば、なぜなのでしょうか?以下に紹介します。 スポンサー …

テニスのストロークを安定させるには?中級からの必須技術

スポンサードリンク テニススクールの中級レベルのクラスでは、フォアハンドストロークとバックハンドストロークのトップスピンやスライスの打ち方を練習し、レベルアップして上級を目指します。フラットドライ …

最近のコメント