ライフ

汗の臭い対策はまず原因を理解して効果的な方法を!

投稿日:2017年4月10日 更新日:

気温が高くなると誰でも汗をかきます。汗臭くなると、自分でも気がつかないうちに人から嫌われたりすることも・・・。大切な人と会う前にはしっかり汗対策しておきたいですね。汗の臭い対策について原因から考えた効果的な方法を紹介します。

スポンサードリンク
  

汗の臭い対策にはまず原因を理解する

汗をかくほど汗の臭いがきつくなって、悩んでいる人は少なくないようです。汗は身体を冷やし、体温を調節する機能がありますので、暑い時期には大切なものです。汗をかかなければ良いというわけではありません。そんな大切な汗も、臭くなってしまうと困ります。汗をたくさんかくと、どうして臭くなってしまうのでしょうか?

通常の汗はエクリン腺という汗腺から出てきます。実はエクリン腺から出てくる汗は、最初は無臭なんです。汗と皮脂、垢などが混ざり、雑菌が繁殖することで臭くなります。このことを理解することが効果的な汗の臭い対策の第一歩です。つまり、汗に皮脂、垢などが混ざって雑菌が繁殖しないように対策すれば良いということになります。

*ワキガ体質の人は、アポクリ線から出る汗が臭いの原因となります。

汗の臭い対策には原因から考えた効果的な方法を!

汗が臭う原因から考えると、まずはお風呂で身体をしっかり洗うことが重要であることが分かります。誰でも暑い時期になれば汗をかきますので、入浴・シャワーなどで洗い落とさないと、身体に汗が残ってしまいます。

「しっかり洗う」というのは、力を入れてゴシゴシ洗うという意味ではなく、石鹸を使って、洗い残しがないように全身を洗うという意味です。この時に殺菌効果のある成分を含んだ石鹸を使うとより効果的です。足の指の間、首筋、耳周りなどは臭いやすい場所ですので、忘れずに洗いましょう。足のかかとなどの角質が硬くなりやすい場所も、古い角質を落とす方が良いようです。

スポンサードリンク

汗の臭い対策のおすすめは?

前述の入浴時に汗を洗い流す方法に加えて、汗の臭いを防ぐおすすめの方法を以下に記します。

1. 汗を拭き取る

汗をかいたら拭き取ることが効果があります。汗が身体から出てきてから、雑菌が繁殖して臭うようになるまでに、1〜2時間かかります。汗は体温を下げるために出てくるので、すぐに乾いたタオルなどで拭き取ってしまうと、体温調節に役立たず、かえってどんどん汗が出てくることになります。つまり、1〜2時間ごとに拭き取ってあげれば良いということになります。

拭き取る時は乾いたタオルで拭き取るのではなく、一度濡らして固く絞った濡れタオルで拭き取ると、適度に肌に湿り気が残り、体温を下げる効果を損なわずにすみます。外出先などで濡れタオルが手に入らない場合は、使い捨ての顔拭きシートなどを使っても良いでしょう。最近はボディシートもあります。

2. 制汗剤を使う

汗の臭いを抑えるために、制汗剤を使う方法も効果があります。制汗剤には、発汗を抑えるものと殺菌効果があるもの、およびこれら両方の効果があるものがあります。臭い防止という点では殺菌効果があるものを使用しましょう。

3. 汗をかくような状況をできるだけ避ける

暑い時期は誰でも汗をかくものです。しかし、クールビズのようにできるだけ涼しい服装にするだけでもかなりの差があります。また時間に余裕を持って行動すれば、小走りで移動したりして余計な汗をかかなくてすみます。

外出しなければならない時も、早い時間帯か夕方以降にすれば少しでも気温が下がるでしょう。地下通路などがある地域では、地上を歩くよりも地下を歩く方が涼しく、汗を抑えられます。

また熱中症対策などで用いられる首やわきを冷却するグッズを利用しても良いでしょう。

まとめ

1.汗が臭くなる原因は、汗と皮脂、垢が混ざり、雑菌が繁殖するため。

2.汗の臭い対策の基本は、しっかり身体を洗うこと。

3.汗は臭くなる前に拭き取ってしまえば臭わなくなる。

スポンサードリンク


-ライフ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

株の配当と株主優待で生活するには?食事券・お米・クオカード

スポンサードリンク インターネットで株のトレードができるようになり、売買の手数料も安くなったため、多くの人が株式投資をするようになりました。20年ぐらい前には、株式投資をしているというと驚かれるよ …

港北みなもGODAI港北テニス体験記・鉄人男子シングルス大会

横浜市の港北ニュータウンの港北みなも内にあるGODAI港北テニススクールに通っています。現在、アラフィフです。 スポンサードリンク 20代後半に約5年間、全くの初心者コースから週に1回テニススクー …

マムシ対策をして噛まれないようにするには?準備が大切

スポンサードリンク 日本にはマムシ、ハブ、ヤマカガシという有名な毒蛇が生息しています。その中でもマムシによる被害がもっとも多く、毎年多くの人が苦しめられています。マムシへの対策をすれば、マムシに噛 …

地震で停電になったら復旧時の火災を防ぐ!あると便利なもの

スポンサードリンク 日本では毎年大地震が発生しています。日本で生活する以上、どこに住んでいようとも地震と無縁ということはないと言ってもよいでしょう。地震といえば、まずその揺れによる被害を思い浮かべ …

自転車で傘をさすのは違法?ヘッドホンは?事故の過失割合は?

スポンサードリンク 自転車によく乗る人は、便利なので雨の日も乗りたくなることが多いでしょう。 傘をさしながら片手で自転車を運転することは違法なのでしょうか? ヘッドホンを着用しながら自転車を運転す …

最近のコメント