花火大会で浴衣の彼女とデート 持ち物・注意点は?

イベント

日本の夏には、大きな花火大会が全国で開催されます。日本人にとって大切なイベントです。

花火大会に浴衣で来る女性も風情があります。普段の服装を知っていれば、浴衣姿になった時はかわいさが何割り増しにもなりそうです。

彼女の浴衣姿を目に焼き付ければ、人生の大切な思い出になりそうです。

スポンサードリンク
  

花火大会で浴衣の彼女とデート

花火大会で浴衣の彼女とデートするなんて、誰もが憧れる伝統的なデートパターンですね。

待ち合わせして最初にあった瞬間から、「俺とデートするために浴衣を着て来てくれたんだ!」と感動してしまうものです。

その時に素直に「浴衣姿がきれいで、すごくに似合うね!」と言って、楽しいデートを始めたいですね。

花火大会で浴衣の彼女とデートする時のポイントについてさらに詳しく紹介します。

花火大会で浴衣の彼女とデートする時の持ち物

事前に準備して持っていくと良いのが、バンドエイド、レジャーシート、虫除けスプレー、うちわ(または扇子)などです。

浴衣では下駄を履きますが、慣れない下駄で長時間歩くと、鼻緒で足を痛めやすくなります。そんな時にバンドエイドを用意しておくと喜ばれるでしょう。

花火会場に行く時も、下駄で歩きにくい彼女に合わせてゆっくり歩きましょう。

浴衣では汚れてしまう可能性があるので、あまり気軽にいろいろなところに腰掛けられないことが多くなります。レジャーシートを用意しておけば、安心して座れます。

座る場所なども、浴衣姿の彼女のことを考えて選びましょう。

夏場の屋外で開催される花火大会では、虫除けが必要です。浴衣姿はうなじ、襟元、腕がきれいに見えますが、蚊に刺されて赤く腫れないように、虫除けをつけておきましょう。

夏場は花火を上げる夜になっても、気温が高いことが多いので、うちわ(または扇子)があると便利です。


スポンサードリンク

花火大会で浴衣の彼女とデートする時に気をつけること

明るいところで彼女の浴衣姿を楽しんでから、花火が上がる時刻が近づくと少しずつ周囲も暗くなって来ます。

これもムードを盛り上げてくれますね。

花火が上がり始めると一気に会場全体盛り上がります。そんな雰囲気にどっぷり浸かって楽しみましょう。

ある程度時間が経つと、少々中だるみ感が出て来ます。そんな時は積極的に話しかけましょう。

花火の音が大きいので、自然と彼女に近づいて、耳元で話しかけるように感じになるでしょう。無理なく距離が縮まればいいですね。

人混みではぐれそうになったら、自然に手をつなぐなんていうのも良いでしょう。

花火大会終了後の帰り道は非常に混雑しますが、2人で手をつないで歩けば楽しい一時になるでしょう。

まとめ

1.花火大会には浴衣姿の彼女とデートをしましょう。

2.持っていくと良いのが、バンドエイド、レジャーシート、虫除けスプレー、うちわ(または扇子)です。

3.暗い、人混みの中では、彼女との距離も縮まりそうですね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました