トラベル

国内旅行に安く行く方法!ラビスタ函館ベイに格安ツアーで!

投稿日:2018年3月20日 更新日:

旅行は楽しいですね。日本国内にも多くの観光スポットがあり、食べ物も美味しいものがたくさんあります。いつも住んでいる場所から初めて行く場所・好きな場所に行き、普段観られないようなものを見て、美味しいものを食べれば気分もリフレッシュできるでしょう。

気になるのが旅行の費用。交通費や宿泊料にも案外お金がかかるものです。少しでも安く、お得に行ければ嬉しいですね。国内旅行へ安く行く方法について紹介します。

スポンサードリンク

国内旅行に安く行く方法!

ここでは、ヒッチハイクや自転車で行くなどと行った特殊な旅ではなく、普通の人が通常の交通手段で通常のホテルに泊まるような国内旅行を想定しています。そのような場合、国内旅行に安く行くためのポイントは以下のようになります。

1.可能な限り繁忙期を外し、閑散期を狙う

これはホテルの予約サイトや国内ツアーのパンフレットなどを見るとすぐに確認できます。どこの観光地でも一年の中でもっとも混雑する繁忙期と閑散期があり、旅行業界では稼働率を上げて利益を上げるために閑散期の落ち込みを抑え、底上げする努力をします。その結果、閑散期は繁忙期に比べて料金が低く設定されることになります。繁忙期は予約一杯になりますので、値下げする必要がなく、最も高い料金になります。

閑散期が無理な場合でも、繁忙期から1日でもずらせば料金が下がることがあります。例えばゴールデンウィークでも、1日早く平日に出発する、あるいは1日遅く平日に帰るような旅程にすれば料金が安くなることが多いです。

それでももちろん閑散期の方が圧倒的に安いです。それだけでなく、閑散期に旅行に行くと、観光スポットやホテルも空いていて、色々な場所で並んで順番待ちをする時も楽ですし、ほとんど待つ必要がないことも少なくないです。ホテルも空いていると、スタッフの接客にも余裕があり、手厚いおもてなしを受けられることも多いです。

2.ツアーを利用する

新幹線・飛行機などのチケットとホテルのクーポンがセットになっているツアーが、それらを個別に手配するより安いことが多いです。ツアーを企画している会社が、鉄道会社・航空会社およびホテルと交渉し、安く仕入れているからです。鉄道会社・航空会社およびホテルにとっても、閑散期に空席・空室のままにしているよりは、値下げしても稼働率を上げた方が助かるので、お互いに協力し合うわけです。

繁忙期は、値下げしなくても予約一杯になりますので、ツアーの価格と個別に予約した時の価格の差が小さくなります。

その他にも安く国内旅行に行くための小技はありますが、上記の2つによる効果が絶大です。

旅行会社にも得意分野がある!

最近はインターネットのお陰で、楽天トラベルなど、いろいろな旅行会社のサイトで気軽に予約ができます。しかし、お得なツアーを見つけるために知っておいた方が良いのが、旅行会社にもそれぞれの得意分野があるということです。

例えば楽天トラベルの「国内ツアー」のページを見ると、ANAおよびJALの航空券とホテルの宿泊がパッケージになったツアーを検索できる画面が出てきますが、新幹線などの鉄道とホテルのツアーについては見当たりません。JRなどの鉄道会社のチケットを安く仕入れられるか否かは、それぞれの旅行会社と鉄道会社との関係に依ります。その点、老舗のJTBなどはオールマイティな強さがあります。

もちろん、新幹線とセットにしたいならJRの企画するツアーに申し込むという方法もありますし、ANAやJALの航空券とパッケージにしたいならば、それぞれの航空会社のパッケージにするというのも良いでしょう。

各旅行会社の得意分野を把握して、目的に合わせて旅行会社を使いこなすことも安く行くコツです。

東京から函館に行きラビスタ函館ベイに宿泊ツアーの場合

先日、3月中頃に東京駅発の新幹線に乗り、函館駅まで行くツアーに参加しました。新幹線はもちろん新函館北斗駅までで、そこから在来線の快速はこだてライナーで函館駅まで行きました。ホテルはラビスタ函館ベイに泊まりに、翌日に同じ経路で東京駅まで戻る1泊2日のツアーです。ラビスタ函館ベイは、朝食が日本一に選ばれたこともある人気のホテルですが、もちろんその朝食もツアーに含まれています。



これはJTBのツアーだったのですが、その料金は約32,500円でした。これがどのぐらいお得なのかと言うと、東京駅から東北・北海道新幹線の普通指定で新函館北斗駅に行き、乗り換えて快速はこだてライナーで函館駅まで行くと、片道で23,010円かかります。つまり、往復では46,020円ですので、鉄道の料金だけでツアーの価格を大幅に上回ります。

またラビスタ函館ベイの公式サイトから正規料金で同時期の1泊(朝食付き)のツインルーム(2名1室の一人分)を申し込むと13,500円です。つまり、個別に予約すると59,520円のところがツアーでは約32,500円ですので、断然お得です。

ちなみにホテル内も比較的空いていて、サービスも非常に良かったです。やはり閑散期ほどお得度が高いですね。


スポンサードリンク

国内旅行でホテル、新幹線・航空券を予約する場合

旅行に行きたい場所についての適当なツアーがない場合もあります。また繁忙期では、前述ようにツアーと個別に予約した場合の価格差がほとんどない場合もあります。

そんな場合は、株主優待券を使って鉄道・航空券を安く買う、ホテルの会員になってマイルなどを貯めて割引価格で宿泊するなどの方法が使える場合があります。株主優待券は、その会社の株主になって、優待の権利を獲得し、株主優待券が送付されてくるのを待つのが正規の獲得方法になります。しかし、必ずしも株主にならなくても、チケット屋などで株主優待券を購入できることがあります。またホテルの場合も、株主優待券による割引制度があるホテルもあります。株主優待券は、使用に際し何らかの制限がある場合があるので、事前によく確認しておきましょう。

ホテルの会員になって割引サービスを受けるためにも、何回か宿泊する必要がありますので、初めて行くホテルの系列では使えない場合があります。またそのようなサービスは全てのホテルにあるわけではないので、そもそも利用できないことがあります。

やはりツアーが使える方が簡単に得できますね。

まとめ

国内旅行に安く行くための方法について紹介しました。家族旅行などでは全員の予定を調整しないといけないので、閑散期を狙うのは難しいかもしれませんが、それでも1泊2日などの短い旅程ならばなんとかなる場合もあるでしょう。工夫してたくさんの旅行を楽しみましょう。

函館観光については、こちらの記事「函館観光一泊二日のまとめ」をご覧ください。

スポンサードリンク


-トラベル
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

ESTAの申請を忘れた!申請はいつまで?印刷を忘れたら?

スポンサードリンク 海外旅行・出張に行く場合は、パスポートが必要なことはご存知でしょう。それでも出発する日に空港でパスポートを忘れたことや有効期限が切れていたことに気が付く人がいます。パスポートで …

羽田空港第2ターミナルのラウンジはここがおすすめ!

スポンサードリンク ANA国内線で羽田空港第2ターミナルを利用して旅行をする時に、ラウンジは是非利用したい施設です。仕事でよく利用している人でも、家族旅行の時は勝手が違って戸惑うこともあるかもしれ …

ESTAが有効期限なら更新はどうするの?申請した方が良い?

スポンサードリンク 日本から米国へ出張・旅行する場合には、ESTAが必要です。ESTAを申請して渡航認証許可を受けても、有効期限がありますので、永遠に使えるわけではありません。ESTAの有効期限が …

鎌倉へはフリーパスで田園都市線・小田急から乗りましょう!

スポンサードリンク 鎌倉は大仏や鶴岡八幡宮、お寺のアジサイなど、人気の観光スポットが点在しています。それらを結ぶ江ノ島電鉄(通称:江ノ電)も、風情があっていいですね。多くの人が訪れる鎌倉へ、東急田 …

関東のおすすめの水族館 鴨川シーワールド 八景島 エノスイ

スポンサードリンク 気温が高くなってくると水族館で魚やイルカなどを観て涼むのも良いですよね。 関東圏のおすすめの水族館を紹介します! スポンサードリンク 関連

最近のコメント