まとめ

車の安全装置・交通事故対策のまとめ

投稿日:2018年3月25日 更新日:

悲惨な交通事故を防ぐために多くの人々が長年努力しています。そのお陰で着実に交通事故死亡者は年々減少し続けています。交通事故にはヒューマンエラーによるものが多数ありますが、人間が注意するだけでは防ぎきれない事故もあるため、自動ブレーキなどの車の安全装置(安全装備)の研究開発が進められ、大きく進歩しています。そんな大変革を遂げ続けている車の安全装置・交通事故対策に関する記事のまとめを以下に紹介します。

スポンサードリンク

車の安全装備の必要性は?事故防止システムは役立つ?買い替えは?

自動ブレーキなどの色々な車の安全装備が研究開発され、普及し始めています。従来は無かったような新しい安全装備が次々と実用化されているわけですので、必ずしも新しい安全装備が無くても従来通り車を走行させることができます。新しい安全装備を取り付ければ、その分だけコストが高くなりますので、それならば車の安全装備は必要ないと考えても無理はないでしょう。車の安全装備の必要性について以下の記事で紹介しています。

記事:車の安全装備の必要性は?事故防止システムは役立つ?買い替えは?

踏み間違い防止 トヨタの仕組み インテリジェントクリアランスソナーを体験

最近は高齢者によるアクセルとブレーキの踏み間違いによる事故が報道されています。トヨタや多くの自動車メーカーで、踏み間違い防止システムが開発され、普及し始めています。実際にトヨタのディーラーで、踏み間違い防止システムの体験会に参加して、「インテリジェントクリアランスソナー」を体験してきましたので、その報告を以下の記事で紹介しています。

記事:踏み間違い防止 トヨタの仕組み インテリジェントクリアランスソナーを体験


スポンサードリンク

新型プリウスの安全装備は?AVは?乗り心地は?レビュー

新型プリウスは、1997年の初代プリウスが登場して以来、世界最先端のハイブリッドカーの技術を搭載した車で、エコカーの分野を牽引してきました。それは動力系だけでなく、安全装備としても最先端のものが搭載されています。新型プリウスの安全装備などについて、実際に乗って調べてきましたので以下の記事で紹介しています。

記事:新型プリウスの安全装備は?AVは?乗り心地は?レビュー

プリウスの運転席と後部座席の乗り心地は?運転しやすい?

2015年12月に日本で発売開始された現行の新型プリウスは、4代目のプリウスで、非常に完成度の高いハイブリッドカーです。新型プリウスの運転席・後部座席の乗り心地、運転のし易さについて、実際に運転して調べてきましたので、以下の記事で紹介しています。

記事:プリウスの運転席と後部座席の乗り心地は?運転しやすい?

Toyota Safety Sense第2世代とは?自動ブレーキの効果は?

トヨタ自動車の技術を結集して開発する自動ブレーキなどの安全装備パッケージがバージョンアップし、「Toyota Safety Sense第2世代」となりました。通常は呼称を「Toyota Safety Sense」とシンプルにしています。この最新の「Toyota Safety Sense」は、従来の「Toyota Safety Sense P」と「Toyota Safety Sense C」とはどこが違うのでしょうか?最大の特徴は、夜間の歩行者および昼間の自転車運転者に対しても自動ブレーキが作動するようになったことです。従来のシステムも、この最新のシステムにおいても、どのような状況下でシステムが作動し、どのような状況下では作動しないのかを把握しておくことが大切です。以下の記事で紹介しています。

記事:Toyota Safety Sense第2世代とは?自動ブレーキの効果は?

運転時の交通事故から身を守るには?シートベルト 自動ブレーキ

多くの人々の多大な努力により、日本国内の交通事故死亡者数は、平成4年の11,452人から年々減少し、平成28年には3,904人となりました。その要因の一つとしては、シートベルトの着用率の上昇や車の衝突安全性能の向上があります。現在の車の性能を十分に活用し、運転時の交通事故から身を守るためにはどうすれば良いかについて、以下の記事で紹介しています。

記事:運転時の交通事故から身を守るには?シートベルト 自動ブレーキ

交通事故を防止するポイント ヒューマンエラーを減らすには?

交通事故死亡者は平成4年以降減少を続けています。それでも悲惨な交通事故がゼロになったわけではなく、交通事故で命を落とす人・大きな怪我を負う人は多数いらっしゃいます。交通事故は、日本中の色々な場所でそれぞれの交通状況・気象状況の下で起こります。厳密には全く同一の事故はなく、それぞれ異なる事故です。しかし、事故原因として「ヒューマンエラー」は多くの事故の原因となり得ます。交通事故を防止するポイント・ヒューマンエラーを防止するポイントについて、以下の記事で紹介しています。

記事:交通事故を防止するポイント ヒューマンエラーを減らすには?

高齢者の運転による交通事故の統計 運転免許自主返納など

交通事故死亡者は年々減少していますが、高齢者人口の増加により、高齢者の交通事故死者数と高齢者が関与した事故の割合が増えています。これらを減らして行くためには、高齢運転者の事故防止対策が重要となっています。一つの有効な方法は、高齢者の運転免許証の自主返納です。さらに最先端の事故防止のテクノロジーの活用も重要になってきます。これらについて以下の記事で紹介しています。

記事:高齢者の運転による交通事故の統計 運転免許自主返納など

交通事故の過失割合相手が納得しない場合の立証はどうする?

車を運転していれば、どんなに慎重に安全運転していても、交通事故に遭遇する確率をゼロにすることはできません。実際、私も多くの人から「超安全運転だね!」と言われるレベルの慎重な運転ですが、赤信号で停車しているところに追突されたことがあります。車を運転する以上、誰でも交通事故に遭遇するリスクがあるのです。私の場合は車は修理が必要になりましたが、幸いなことに怪我はしませんでした。しかし、もし運転者が死亡したり、事故状況を説明できないような状況になってしまったらどうなるでしょう?さらに加害者側が自分に有利な嘘の主張をしたら・・・。これらについて以下の記事で紹介しています。

記事:交通事故の過失割合相手が納得しない場合の立証はどうする?

車のドライブレコーダーの選び方 画質・画角 LED信号対応

車を運転していれば、どんなに慎重に安全運転していても、交通事故に遭遇する確率をゼロにすることはできません。もしもの時のために車にドライブレコーダーを取り付けた方が良いでしょう。いざという時に、人間の証言だけでは不十分で、ドライブレコーダーによる画像・音の記録が客観性があって役に立ちます。ドライブレコーダーの選び方について以下の記事で紹介しています。

記事:車のドライブレコーダーの選び方 画質・画角 LED信号対応

まとめ

車の安全装備や交通事故対策などについて紹介しました。悲惨な交通事故で命を落としたり、大きなけがをしないように正しい知識を身につけましょう。

スポンサードリンク


-まとめ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

メンズスーツ、ネクタイ、ワイシャツのことがわかるまとめ

スポンサードリンク メンズスーツ、ネクタイ、ワイシャツ、ビジネスカジュアルなどのことについて、知っておくと役立つことをまとめてみました。社会人になるとこれらの服を着て通勤することが多いので、知って …

マイクロLEDのことがわかるまとめ

スポンサードリンク 次世代ディスプレイとして注目を集めているマイクロLEDディスプレイ。何のことかよく分からない方にも、ある程度ご存知の方にも参考になるように、マイクロLEDディスプレイについて以 …

ESTAの申請・有効期限などの疑問について解説します!

スポンサードリンク 米国に出張・旅行する人は非常に多いです。パスポートが必要なことは誰もがご存知と思いますが、ESTAについては2008年から始まったので、よくご存知ではない方もいらっしゃいます。 …

梅雨時期に知っておくと役立つことまとめ

スポンサードリンク 気温が徐々に高くなり、雨の日が多い梅雨時期は、湿度が高いため、濡れたものが乾きにくく、トラブルが多くなります。それぞれのトラブルへの対処方法を知っていれば、ジメジメする梅雨でも …

加湿器の正しい使い方!まとめ!必見です!

スポンサードリンク 空気が乾燥してくると加湿器で潤いを与えた方が良さそうな気がしますが、加湿器はを使う効果はあるのでしょうか?また加湿器病というなんだかすごく怖そうな病気もあるようです。正しい加湿 …

最近のコメント