電気自動車、保険、スタッドレスなど車に関することまとめ

車関連

車は便利ですし、ドライブして行きたいところへ行くのは楽しいですね。しかし、色々とお金がかかりますし、交通事故などのリスクもあります。車に関する価値ある情報を知っておけば、損することも少なくなるでしょう。知っておくと役立つ車に関する情報の記事のまとめを紹介します。

スポンサードリンク

電気自動車は環境にいいのか?デメリットは?普及の課題は?

米国のテスラモーターズの電気自動車や日産自動車のリーフなどの国産電気自動車が話題になっています。バッテリー技術の進歩とともに、電気自動車の性能も年々向上しています。フランスとイギリスのように、将来はガソリン車とディーゼル車を禁止することを表明する国も出てきました。電気自動車は本当に環境に優しいのでしょうか?実際に普及して行くための課題は何でしょうか?これらについて以下の記事で紹介しています。

関連記事:電気自動車は環境にいいのか?デメリットは?普及の課題は?


スポンサードリンク

HVとPHVとEVの違いは?おすすめは?

環境に優しい車としてはハイブリッドカー(HV)、プラグインハイブリッドカー(PHV)、電気自動車(EV)、燃料電池車(FCV)が市販されています。現状では、FCVはかなり高額なので一般の人は通常は購入の対象とは考えないでしょう。HVはすでに普通の車と言ってもいいぐらい普及し、価格も下がっています。EVはまだ少々高いですが、国の補助金などの対象となっているものは、一般の人でも買える程度の価格帯になりますので、普及が始まっています。PHVは性能面ではオールマイティなもので、その分EVよりも高いですが、地道に売れているようです。今、HVとPHVとEVのいずれかを選ぶならばどれが良いでしょうか?以下の記事で詳しく紹介しています。

関連記事:HVとPHVとEVの違いは?おすすめは?

カーシェアリングの便利な利用で節約!レンタカーとの違いは?

若者の車離れが言われ始めてずいぶん経ちました。給料は上がらないですし、有名な大企業でさえ短期間で経営が傾き、リストラを行うこの時代。車にお金をかけたくないとい人が増えるのはむしろ当然でしょう。カーシェアリングとレンタカーの違いやカーシェアリングの便利な利用方法について、以下の記事で紹介しています。ポイントを理解して上手に活用しましょう!

関連記事:カーシェアリングの便利な利用で節約!レンタカーとの違いは?

車の雪対策はタイヤ、ワイパー、スプレーなどの基本をチェック!

雪が降り積もる地域に住んでいると、雪が降りそうな時期になれば雪への準備をする必要があります。またほとんど雪が降り積もらない地域に住んでいても、急に大雪になったり、スノボなどのために雪の降り積もる地域へ行くこともあるでしょう。雪が降り積もる時の対策について知っておいた方が良いでしょう。以下の記事で解説しています。

関連記事:車の雪対策はタイヤ、ワイパー、スプレーなどの基本をチェック!

車の塗装の劣化の原因と防止する方法 究極と一般向け!

車のボディの塗装は、塗料や塗装技術の進歩により、20年以上前の車に比べると格段に品質・耐久性が向上しています。しかし、それでも10年ぐらい同じ車に乗り続けると、車の使い方・メンテナンスによる差が目に見えて出てきます。車の塗装を劣化させる原因とそれを防止する方法について、以下の記事で紹介しています。

関連記事:車の塗装の劣化の原因と防止する方法 究極と一般向け!

ヘッドライトの曇りの原因と除去!車検のために磨きました!

中古車の販売店で多くの中古車を見てみると、中古車とは思えないほどピカピカな車もあります。しかし、車の古さを隠しにくい部分もあります。その代表的なものがヘッドライトです。透明なヘッドライトのレンズと呼ばれる部分が、どうしても紫外線や熱などによって劣化し、曇ってきてしまうのです。少しずつ改善はされているようですが、8年程度屋外で駐車するような使い方をしていると、ほとんどの場合は曇りが出てきます。このヘッドライトの曇りは、ディーラー等で有料で除去してもらうことは可能です(*程度にもよります)。我慢して使い続けるということもできますが、ある程度以上曇りがひどくなると車検が通らなくなるので、問題となります。以下の記事で紹介しています。

関連記事:ヘッドライトの曇りの原因と除去!車検のために磨きました!

自動車の任意保険の内容は?安くする方法と条件変更は?

車を運転していれば、どんなに慎重な安全運転をしていても事故に遭遇する可能性があります。必ず任意保険には加入しましょう。しかし、任意保険の費用は高いですよね。車を維持するコストの中でも大きな比率を占めています。自動車の任意保険の内容については問題ないでしょうか?十分な内容の保険に加入しながらも費用を安くする方法について、以下の記事で紹介しています。

関連記事:自動車の任意保険の内容は?安くする方法と条件変更は?

車のダッシュボードの夏の温度は?置くと危険なものは?

真夏の炎天下に車を駐車しておいた場合に、車のダッシュボードはどれぐらいの温度になるかご存知でしょうか?諸条件によりますが、気温35℃程度の場合は70℃台後半になることもあります。最近は最高気温がもっと高くなることもありますので、場合によっては80℃を超える可能性もあります。これほどの高温になると、例えばペットボトル入りの炭酸飲料は容器が破裂してしまう可能性がありますし、実際にそのような事故が報告されています。ペットボトルでも破裂した容器の蓋や破片が目や顔に直撃すると、失明や骨折、裂傷を負う可能性があります。非常に危険ですのでダッシュボードや直射日光の当たる車内に、温められると危険なものは置かないようにしましょう。以下の記事で紹介しています。

関連記事:車のダッシュボードの夏の温度は?置くと危険なものは?

サンシェードを車のフロントに置けば暑さ対策になるのか?

日差しが強く、気温が上昇して暑くなってくると、車内の温度も上昇します。冷房で車内の温度を適切に調節しないと、命の危険があるレベルまで車内の温度は上昇してしまいます。したがって、それだけの車内の温度を上げようとする熱を冷やすだけの冷房にも多くのガソリンを使用することになります。少しでも車内の温度上昇を抑えられる方法があれば、燃費も良くなります。多くの人が行う、車のフロントガラス・リアウインドにサンシェードを置く方法は効果があるのでしょうか?以下の記事で紹介しています。

関連記事:サンシェードを車のフロントに置けば暑さ対策になるのか?

子供の車酔いの原因は?予防法と対処法はこれ!

家族で一緒に車に乗って、どこかへドライブするのは楽しいですね。そんな時に困るのは、子供が車で酔って、気分が悪くなってしまうこと。単純に車に酔いやすい人・強い人という体質以前に、子供はまだ身体が成長段階にあり、成人の身体になっていないので、酔いやすいという特徴があります。つまり、子供の頃に車に酔いやすかったけれど、大人になってから酔わなくなったという事例は数多くあります。子供の時に車で酔ってしまったことが原因でトラウマになってしまうとかわいそうです。子供の車酔いの原因を理解し、予防法・対処法を実践しましょう。以下の記事でこれらについて紹介しています。

関連記事:子供の車酔いの原因は?予防法と対処法はこれ!

ETC周遊割引とは?いろいろある割引!燃費向上・時間短縮

ETCが実用化してから長い年月が経ち、かなり高い普及率となっています。ETCにより高速道路の渋滞が大幅に緩和され、移動に要する時間が大きく短縮されました。また渋滞で無駄に消費されていた燃料の節約や大気汚染の緩和にも大きく貢献しています。それだけではなく、ETCを利用する人が得する色々な割引制度があります。以下の記事でこれらについて紹介しています。

関連記事:ETC周遊割引とは?いろいろある割引!燃費向上・時間短縮

高速道路で行き過ぎてしまった場合の対処方法!あわてないで!

初めて行く場所へ高速道路を使ってドライブする場合に、道がよくわからなくて降りるべきインターチェンジ(IC)を通り過ぎてしまうことがあります。高速道路のICの間隔が長いほど、次のICまでかなりの時間がかかりますので焦りますね。そんな時はどうすれば良いのでしょうか?絶対にやってはいけないことは、急ブレーキを踏んで停車したり、逆走したりすることです。このような危険な行為は、事故を誘発し、場合によっては命にかかわります。落ち着いて次のICまで行きましょう。所定の手順で係員とやりとりすれば、追加料金を支払わずに目的のICまで高速道路で戻って、降りることができます。以下の記事でこれらについて紹介しています。

関連記事:高速道路で行き過ぎてしまった場合の対処方法!あわてないで!

マイカーローンは残価設定型?通常型?ディーラー?銀行?

車は高額ですので、新車を購入する時にローンを組むことがよくあります。最近は残価設定型というマイカーローンが登場し、利用者が増えているようです。通常型のローンと比べて何が違うのでしょうか?実際にローンを組む場合は、残価設定型ローンと通常型ローンのどちらが得なのでしょうか?またマイカーローンを組む時にディーラーで組む方法と銀行などで組む方法があります。これらについて以下の記事で紹介しています。

関連記事:マイカーローンは残価設定型?通常型?ディーラー?銀行?

セルフのガソリンスタンドの使い方とお得に使う方法

最近はガソリンの価格が上昇しています。自動車を運転する立場としては、少しでも安くガソリンを買いたいですね。通常のガソリンスタンドでは、基本的にガソリンそのものは品質にほとんど差がありません。そうなるとガソリンスタンド間でも価格競争に陥りやすいのですが、年々ガソリンスタンドの廃業が増え、ガソリンスタンドが減少していることからみても、かなり厳しい経営となっていることは間違いありません。そのような観点から見ても、セルフのガソリンスタンドの方がフルサービスのガソリンスタンドよりも人件費がかからない分お得な価格になることが多いようです。以下の記事で紹介しています。

関連記事:セルフのガソリンスタンドの使い方とお得に使う方法

車のスマートキーの電池の寿命が切れたらどうなる?

最近の車はスマートーキーシステムを採用しているものが多くなりました。従来の金属の鍵のようにドアの鍵穴に挿入する必要が無いので、鍵穴周辺が傷だらけになることも無くなりました。車に近づいてドアノブに手をかけるだけで解錠できますし、鍵をかける時もドアノブにタッチするだけで済みます(*車種やスマートキーシステムによって違いはあります)。もちろん離れた位置から、スマートキーのボタン操作で鍵の開け締めも可能です。これだけ便利なスマートキーだけに、電池が切れた時は焦ります。私も実際に使っていたスマートキーの電池が切れて困った事がありました。以下の記事で紹介しています。

関連記事:車のスマートキーの電池の寿命が切れたらどうなる?

車で冠水路を走行しても大丈夫?注意すべきことは?

日本では毎年のように「数十年に一度」というような豪雨・自然災害などが起こっています。地球温暖化の影響なのかもしれません。そのため少し前までは普通の道路であった場所が、豪雨や増水によって冠水してしまうことがあります。ただの水たまり程度に考えて車で冠水路に侵入してしまうこともあります。冠水路にはどのような危険があるのでしょうか?何よりも恐ろしいのは、濁った冠水路では水底の様子が確認できないということです。浅いと思っていたら、水深が深くなっていたり、急な増水により下水が溢れ出してマンホールの蓋が開いていることもあります。そんな所に車で侵入したらスタックしてしまって、車内に水が侵入してしまうこともあります。以下の記事で紹介しています。

関連記事:車で冠水路を走行しても大丈夫?注意すべきことは?

車が浸水したら感電するかもしれない!対処方法は?保険は?

地球温暖化の影響なのか、日本では毎年のように「数十年に一度」というような豪雨が発生しています。そのため駐車していた車が浸水してしまったり、冠水している道路に侵入し、深みにハマって車内に水が侵入してしまうこともあります。車が浸水被害に遭った場合はどのようにすればよいでしょうか?ある程度の水深になると、マフラーからエンジン内部に水が侵入してしまうため、走行していた車でもエンジンがストップしてしまいます。水に浸かったままではどうしようもないのですが、水が引いた後もいつものように車に乗り込んでエンジンをスタートさせることは非常に危険です。感電してしまったり、出火する危険があります。浸水した車の対処方法について、以下の記事で紹介しています。

関連記事:車が浸水したら感電するかもしれない!対処方法は?保険は?

まとめ

知っておくと役立つ車に関する情報の記事のまとめを紹介しました。損をしないように注意して、快適なカーライフを送りましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました