Apple Watch

Apple WatchのSuicaの便利な使い方!

投稿日:2018年4月8日 更新日:

最近はクレジットカードだけでなくSuicaなどのICカードも普及し、キャッシュレスで多くのサービスが利用できるようになってきています。特にICカードは端末にカードをかざすと一瞬で支払いが完了しますので、実際に現金で支払う場合に比べて格段に速いのはもちろんのこと、クレジットカードと比べてもかなり速いです。鉄道・バスなどの公共の交通機関を利用する時も、ICカードの支払いで便利になっています。Apple WatchにもSuicaが取り込めるので、SuicaのICカードやiPhoneを使うよりもさらに便利です。

スポンサードリンク

Apple WatchのSuicaは便利

私は長年Suica機能のあるクレジットカードを使ってきました。Suicaへのチャージもクレジットカードからできますし、必要な時はクレジットカードとしても使えましたので、それなりに便利でした。しかし、Apple WatchにSuicaを取り込んでからは、以下のようなさらに便利な点をいくつか確認できました。

1.駅の改札でSuicaを取り出さなくても、Apple Watchをかざすだけで改札できる

2.グリーン券の券売機に並ばないで購入できる

3.財布を持たないでApple Watchだけつけてジョギングしてもコンビニなどで買い物ができる

以下でさらに詳しく紹介していきます。

Apple WatchのSuicaで改札&グリーン券の購入

SuicaはそもそもJR東日本が発行するICカードですので、JR東日本管内の駅や鉄道では利用できるサービスが色々あります。もちろん一番の基本は、券売機で切符を購入しなくても改札を通って電車に乗車できる機能です。

通常のSuicaのカードを使う場合は、改札でカードを取り出して、改札機の読み取り部分にかざす必要があります。これが荷物などを持っていると案外面倒です。Apple Watchの場合、右利きの人は左手首に付けている人が多いのですが、改札の読み取り部分が右側にありますので、左手首のApple Watchを読み取り部分にかざすのがやり難いという意見をよく聞きます。

確かに読み取り部分が左側にあればかなり楽ですが、右側でも極端に大変ということはないでしょう。その時に知っておいた方が良いのが、必ずしもApple Watchの文字盤部分を改札の読み取り部分に押し付けなくてもよいということです。文字盤部分を押し付けようとすると腕を捻らないといけないのでかなり大変ですが、その必要は無く、文字盤が自分の側に見えるような向きでApple Watchを読み取り部分に近づければ十分に読み取れるような感度に設定されています。その程度であれば、左手で右側の読み取り機を使っても大丈夫と思いますし、カバンやポケットからSuicaやiPhoneを取り出す必要も無いので便利です。

少し疲れていたり、電車内で何らかの作業をしたい時などにグリーン車を利用することがあります。グリーン車を利用するのは、電車が混雑するからで、そんな時にはグリーン券の券売機も列ができたりします。電車の出発するタイミングによっては、グリーン券の購入が間に合わず、そのまま乗ってしまうことがありますが、ご存知のように事前購入に比べて車内で購入すると割高になります。

Apple WatchにSuicaを入れておくと便利なのは、グリーン券の券売機に並ばずにグリーン券を買うことができ、さらにその料金も事前購入の価格という点です。世の中、ITを駆使したキャッシュレス化&ペーパーレス化が進んでいます。これは省力化&省資源化に繋がりますので、料金などの面で優遇されるのでしょう。


スポンサードリンク

Apple WatchのSuicaでジョギング

家の近くをジョギングしたり、マラソンしたりする方々も多いと思います。そんな時にカバンなどは持って行きたくないですし、財布をポケットに入れていくのも邪魔です。走って行った先で、喉が乾いたり、疲れたりした場合に、近くのコンビニなどに入って飲み物を買うことなどもあるかもしれないと思って、私はいつも500円玉か千円札をポケットに入れていました。しかし、何か買った後のお釣りのコインがジャラジャラしますし、財布に入れると邪魔ですし、困っていました。

こんな悩みもApple WatchにSuicaを入れておけば簡単に解決できます。すでにほとんどのコンビニでSuicaに対応していますので、Suicaさえあればほとんどの支払いが可能ですし、お釣りのコインが邪魔になることもありません。iPhoneやクレジットカードと比べても、手首にはめたApple Watchで済んでしまうのが魅力です。

最近は自動販売機もSuica対応が増えていますので、テニスやスポーツジムなどにSuica対応の自動販売機があれば、財布をロッカーに入れたままでもApple Watchがあれば大丈夫です。これは便利ですね。

まとめ

Apple WatchにSuicaを入れて便利に活用する例について紹介しました。キャッシュレスは世の中のためになりそうですので、活用しましょう!

Apple Watchを使いこなすためにこちらの記事「Apple Watchを使いこなすためのポイントまとめ」もご覧ください。

スポンサードリンク


-Apple Watch
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

Apple Watch Series 5のバッテリーの持ちを調べてみました!

スポンサードリンク 2019年9月20日に発売されたApple Watch Series 5。そのGPSモデルを購入しました。いくつかの新しい機能が搭載され、このブログでも紹介してきました。実際に …

Apple Watchのストップウォッチはアナログとデジタルがある!

スポンサードリンク 日常のいろいろな場面で時間を計測したいことがあります。そんな時にApple Watchのストップウォッチは便利です。シンプルなただのストップウォッチと思われるかもしれませんが、 …

Apple Watch 3のバッテリーの持ちを調べてみました!

スポンサードリンク Apple Watchを使っている人を見かけることが多くなりました。私もApple Watch 3が発売されてから、初めて購入しました。これからApple Watchを購入しよ …

Apple Watchの睡眠アプリでおすすめはAutoSleepです!

スポンサードリンク 最近は「睡眠負債」が注目されています。睡眠不足が積み重なって行くと、まるで借金が増えていくように睡眠負債が増え、身体に深刻な影響を及ぼす恐れがあるというものです。現在では、良質 …

Apple Watchでかぶれる?金属アレルギーは?

スポンサードリンク Apple Watchは睡眠時間や安静時心拍数などを計測することができますので、フルに活用しようとすると睡眠時にも手首に装着することになります。日中の平常時だけでなく、スポーツ …

最近のコメント