iPhoneのアクセサリーとアプリと知っておくと便利なことまとめ

iPhone

日本では多くの人がスマホを使っています。その中でもAppleのiPhoneがトップシェアです。電車に乗れば多くの人がiPhoneを使っているのが分かります。他の人と同じようにiPhoneを使っていても、便利なアクセサリーや使い方を知っているかどうかで案外差がつくものです。iPhoneのアクセサリーや便利な使い方についてまとめましたのでご覧ください。

スポンサードリンク

通話中にiPhoneのメモを見る方法は?

iPhoneで通話中にメモや電話帳の電話番号を確認したくなることはありませんか?

いろいろと大切なことを手帳にメモしたり、必要な電話番号を電話帳に記しておくとよいのですが、移動中に通話した時なのは、カバンから手帳を取り出したりすることは面倒です。iPhoneを使っているならば、iPhoneの中にメモをしておくとiPhoneだけで作業が完結しますのでの便利です。また最近は電話番号はスマホの中に入れておくことの方が多いでしょう。

通話中でもiPhoneのメモや電話帳を見ることができますので、その方法を知っておいた方が良いでしょう。通話中では、間違った操作をすると通話が切れてしまう可能性がありますので、よく理解していないと怖くて操作できないものです。基本的には通話中でも他のアプリを操作できますので、普通に操作すれば大丈夫です。

以下の記事で詳しく紹介しています。

関連記事:iPhoneで通話中に電話番号やメモを確認する方法!

OCR変換でiPhoneで撮影した文書をテキストデータに!

色々な文書などを、かつては見ながら書き写していました。今はiPhoneのカメラがありますので、シャッターを押せば簡単に記録できます。しかし、記録される写真は画像データの形式ですので、これを文書として編集したい場合にはそのままでは使用できません。スキャナーでも文書を読み込んで画像データとして保存しますが、それをOCR変換することでテキストデータにすることができます。

このOCR変換をiPhoneでできるアプリがあります。これは非常に便利で、撮影した画像からテキストデータに変換して、すぐメールで送ることもできます。OCR(Optical Character Recognition/Reader、オーシーアール、光学的文字認識)は、スキャナーで読み込んだ文書画像をテキストデータに変換するために以前から使われていました。それが現在はiPhoneでできてしまうなんてすごいです!

このOCRアプリと実際の使い方について、以下の記事で詳しく紹介しています。

関連記事:iPhoneで撮影した文書をOCR変換する方法を教えます!


スポンサードリンク

日本郵便アプリの宛名ラベル作成機能を使おう!

ゆうパックを送る時に宛名ラベルを作らなければいけないのですが、ラベルに手書きで書き込むのは案外面倒ですね。パソコンとプリンターを使って印刷する方法もありますが、頻繁に使っていないとプリンターが目詰まりしたりすることもあり、少々ハードルが高いです。

そこで便利なのが日本郵便アプリです。スマホで簡単に宛名を入力して、郵便局で印刷できます。

日本郵政公式の「日本郵便」アプリは無料で使えます。これはスマホ向けのアプリで、以下のような用途に使えます。

1.郵便番号を調べる
2.追跡サービス
3.料金を調べる
4.郵便局・ATMを探す
5.お届け日数を調べる
6.あて名ラベルを作成する
7.集荷のお申し込み
8.再配達のお申し込み
9.日本郵便Webサイトへのリンク

このアプリを使って、「あて名ラベルを作成する」サービスを利用する手順などを以下の記事で詳しく紹介しています。

関連記事:ゆうパックの宛名ラベルは日本郵便アプリで作って郵便局で印刷!

読み上げ機能をkindleで活用する!iPhoneとiPadの便利ワザ!

iPhoneとiPadでは読み上げ機能が使えます。これはkindle、Safari、メモアプリなど色々なアプリで利用できます。

例えば読書が好きでもあまり読書する時間がない場合などは、通勤・通学時の満員電車の中でも、読み上げ機能を使えば本を聴くことができます。ラッシュ時には、電車内で身動きできないような状態になり、ただ電車が目的地に到着するまで耐えるしかないこともあるのですが、iPhoneの読み上げ機能を使えばこんな時間も有効活用できるでしょう。

また大切なことを書き記したものなどは、人によっては毎日音読して頭の中に刻み込もうとうする人もいます。それは視覚情報だけで頭にインプットするよりは、聴覚も使ってインプットしたほうが記憶に定着するからです。以下の記事に詳しく紹介しました。

関連記事:iPhoneの読み上げをkindleで使う方法!iPadでも使える

アイコンを整理してiPhoneを素早く操作しよう!

iPhoneは持ち運べていつでも必要な情報を得ることができるので非常に便利です。それだけに必要な操作がスピーディにできるということは大切なことです。

iPhoneを素早く使いこなすための基本は、まずは画面上のアイコンの配置の整理です。あるアプリを起動したいのに、アイコンがどこにあるのか分からずに探すのが手間取ったという経験はありませんか?

このような時間がもったいないですし、イライラします。よく使うアプリのアイコンをホーム画面の一番目立つ所に移動して置くだけで、格段に使い易さは向上します。また不要なアプリのアイコンを削除していくことも有効です。以下の記事で詳しく紹介しています。

関連記事:iPhoneのアイコンの配置を整理して効率よく使う方法

シャッター音を消してiPhoneのカメラを活用!

iPhoneはコンパクトで持ち運びやすいので、何か写真に撮りたいものに出会ったらすぐに撮影することができます。しかし、iPhoneで写真撮影する時には大きな音がするので、状況によっては撮影するのが難しくなります。もちろん写真撮影が禁止されている場合は撮影してはいけませんし、盗撮のような犯罪行為も許されません。

写真撮影そのものが認められている状況で、シャッター音を消したい場合には、iPhoneのカメラのシャッター音を消すことができるアプリが便利です。以下の記事で詳しく紹介しました。

関連記事:iPhoneのカメラのシャッター音を消す方法!これは便利!

指紋認証をiPhoneで追加する!

iPhoneを使う人は通常は画面のパスワードロックをかけているでしょう。セキュリティとプライバシーのことを考えると、パスワードロックを使う方が望ましいですが、使用する度にパスワードロックを解除するのが面倒です。それを使い易くするために指紋認証があります。

iPhoneの指紋認証を使えば、パスワードを入力せずに簡単にパスワードロックが解除できるので非常に便利ですが、自分の指を一本だけ登録している人が案外多いようです。ほとんどの場合は指一本登録してあれば問題無いのですが、満員電車の中やカメラで撮影する時、荷物を持っている時などは他の指も使えると便利なこともあります。

私は両手の親指と人差し指を指紋認証に登録しています。これだけ登録しておけば、基本的には困ることは滅多にありません。以下の記事でiPhoneの指紋認証の追加方法について詳しく紹介しています。

関連記事:iPhoneの指紋認証の追加方法!案外知らない人が多いみたいです

iPhoneのガラスが割れないように保護する!

iPhoneは薄型・コンパクトで、表面も滑らかなので、誤って落としてしまうことが多いです。どのぐらいの高さから、どのような場所に落下させるか、iPhoneのどの部分が最初に衝突するのかによって、iPhoneのダメージは異なります。画面側から着地した場合は、液晶パネルのガラス基板が割れてしまうことがあります。カバンなどにiPhoneを入れて、何か硬いもので画面部分が圧迫された場合も同様に割れることがあります。

iPhoneのガラスは非常に強度が高い強化ガラスが使用されています。ガラスメーカーのデモでは、ハンマーでガラスを叩いて割れないことがアピールされています。そんな強いガラスでも、小石や何か尖ったものの上に落下させたり、押し付けたりするとガラスが割れてしまうことがあります。

特に屋外などで落とすと、足元には小石はたくさんあることが多いですし、何らかの凹凸があることの方が多いでしょう。つまり、身の回りにはiPhoneのガラスを割ってしまうリスクが高い場所がたくさんあるということです。

電車に乗って、周囲のスマホを使っている人を見れば、案外画面にヒビが入った状態で修理せずに使っている人が多いことが分かります。液晶画面の破損を防ぐためには、強化ガラスフィルムを貼るのが良いでしょう。

iPhoneを落下させた時に破損する可能性が高いのは画面のガラスだけではありません。エッジ部分から落下させても、ボディが変形し、内部の電子部品などを破損する可能性があります。そのようなリスクを考えれば、iPhoneの本体の全体を保護することができる手帳型のカバーを使用する方法がもっとも安全です。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:iPhoneは落とすと壊れる?画面を保護・落下時に保護する方法

iPhoneのワイヤレス充電のメリットとデメリット

iPhoneは、iPhone8からワイヤレス充電できるようになりました。上手に使いこなすには、ワイヤレス充電の仕組みと長所・短所を理解しておいた方が良いでしょう。

ワイヤレス充電は、電磁誘導という物理現象を利用した充電方法です。これを使うと直接ケーブルで配線されていなくても充電することができます。しかし、充電用のコイルとiPhone本体を近接させ、正しい位置関係に設置することが必要です。またそれらの間に金属製の他のものを置いてしまうとうまく充電できなくなります。

ワイヤレス充電対応であるからといって必ずしもワイヤレス充電しなければならないというわけではありませんし、私は従来通り充電ケーブルを使って充電しています。どちらが自分にとって便利かということで選んで良いでしょう。以下の記事で詳しく紹介しています。

関連記事:iPhoneもワイヤレス充電になった!仕組みは?車では?弱点は?

iPhoneで雨雲レーダーを使う!

天気予報は非常に身近なものですが、実はものすごく重要で価値あるものです。それは科学技術の進歩により、天気予報の精度が向上しているからです。

精度の高い天気予報が利用できなかった時代には、台風や豪雨などの自然災害による甚大な被害が発生していたことからもその意義が分かります。天候によって大きな影響を受けることが予定としてあるならば天気予報は忘れずにチェックした方が良いでしょう。

そこまで重大なことでなくても、今降っている激しい雨がいつになったら止むのか、これから洗濯物を干しても大丈夫か、などの日常の行動においても、とても頼りになるほど天気予報の精度が高くなっています。そんな価値ある情報を入手できるおすすめの天気アプリの雨雲レーダーについて、以下の記事で紹介しています。

関連記事:iPhoneの天気アプリのおすすめはこれ!使いやすいです!

クーポンアプリをガストで活用する!お得です!

最近は多くの飲食店で独自のアプリを作成し、配布しているところが増えています。iPhoneに無料でダウンロードしてインストールすれば、クーポンを提示するだけで割引になるこなどのサービスが受けられます。

色々なアプリがある中で、ガストを利用する機会があるならば是非インストールしたいのがガストのアプリです。週に3〜4回昼食でガストを利用しているヘビーユーザーの私が、ガストアプリとクーポン券、さらにはTポイントカードと株主優待など、お得にガストを利用するためのノウハウを以下の記事で詳しく紹介しています。これらを駆使するだけで相当な金額の食費の節約になるでしょう。

関連記事:ガストのクーポンをアプリで使おう!クーポン券と株主優待も!

iPhoneとiPadとMacBook間の送受信はAirDropが便利!

iPhoneとiPad、MacBook間ではAirDropという機能が使えます。これは写真や文書などのファイルを、同じWi-Fiネットワークか、Bluetoothによって送受信できる機能です。つまり、周囲に居る人ならば、パケット代などを気にせずにファイルを送ることができます。

iPhoneで誰かにファイルを送ろうとすると、メール添付かLINEなどで送ることが多いと思いますが、ファイルがある程度以上大きかったり、相手のメールアドレスが分からなかったりすると、案外面倒なものです。AirDropならば、相手のメールアドレスが分からなくても簡単に送れますし、周囲に居る複数の人に送ることも簡単です。以下の記事に詳しく紹介しています。

関連記事:AirDropの使い方でiPhoneとiPadとMacBook間の送受信の方法

コントロールセンターをカスタマイズしてiPhoneを使いこなす!

iPhoneはコンパクトで気軽に持ち歩けますので、非常に便利です。それだけにiPhoneで何かをやりたい時に、すぐにテキパキと操作したくなります。操作に手間がかかると困りますよね。

少しでもiPhoneの操作を速くするためには、まずはホーム画面上のアプリのアイコンの配置を最適化した方が良いでしょう。よく使うアプリのアイコンをホーム画面に配置するだけで、格段に操作が速くなります。

次にやるべきなのがコントロールセンターのカスタマイズです。コントロールセンターはパスワードロックを解除しなくても使えますので、使い方次第では操作が速くできるでしょう。以下の記事に詳しく紹介しています。

関連記事:iPhoneのコントロールセンターをカスタマイズする方法

カーソル移動と文字入力はもっと簡単にできる!

iPhoneで文字入力が得意な方は良いのですが、ある程度の年齢以上の方々の中にはiPhoneでの文字入力が苦手な方も少なくないでしょう。

パソコンのキーボードとマウスやトラックパッドを使い慣れている方からすると、特に間違えて入力した場合や誤変換してしまったところを後から修正しようした時に、その場所にカーソルを移動させるのが上手くできない場合があります。カーソルを移動させたい場所をタップすれば良いのですが、文字が小さいので、違う場所にカーソルが行ってしまうことが少なくありません。

実は、もっと簡単にカーソルを移動させたり、文字入力を簡単にする方法があります。以下の記事に詳しく紹介しています。

関連記事:iPhoneのカーソル移動と文字入力を簡単にする方法

iPhoneのバッテリーが少ない時はどうする?

iPhoneも新機種が出る度にバッテリーの性能が向上し、ずいぶんバッテリーの持ちが良くなったような気がします。私はあまりiPhoneで通話はしませんし、それほど動画を視聴したりしません。主にWebやLineでiPhoneを使っています。この程度の使い方ならば、フル充電して出かければ、1日外出して帰宅してもバッテリー残量はかなり余裕があります。

しかし、私よりももっとヘビーに使うユーザーならば、バッテリーの残量が心配になることがあるかもしれません。また何らかの事情で充電できなかったり、充電を忘れてしまうとバッテリーが少なくなってピンチになることもあるでしょう。

iPhoneのバッテリーが少ない時の対処方法について、以下の記事に詳しく紹介しました。

関連記事:iPhoneのバッテリーが少ない時の対処方法!長持ちさせる!

PCと同じ表示でWebをiPhoneで見る方法!

iPhoneのディスプレイは高精細でWebページを表示するスピードも速いので、快適にインターネットサーフィンができます。最近のWebページはレスポンシブデザインが浸透しているため、パソコンで表示されるWebページのデザインとは異なる、iPhoneの小さい画面に合わせたデザインのWebページが表示されることが多くなりました。

これはこれで便利なのですが、ほぼ毎日訪問するWebページが、長年利用してきたパソコン用のデザインのWebページの方が利用しやすいこともあります。そんな時に、iPhoneでもパソコン用のデザインのWebページが表示できると便利です。以下の記事に詳しく紹介しています。

関連記事:iPhoneでWebをPC表示にする方法!Safariの場合

リマインダーを使いこなそう!iPhoneとApple Watchで連携!

iPhoneにはリマインダーというアプリがあります。設定した時間にリマインドしてくれるという点では、カレンダーアプリに似ています。スケジュール管理に使うならばカレンダーを使っても良いのですが、日課のように毎日繰り返すようなことをリマインドするのであれば、リマインダーの方が1回設定するだけで毎日決められた時間にリマインドしてくれるので便利です。また設定した場所に到着するとリマインドしてくれる機能もあり、場所と関連付けて重要なことを忘れないようにするために使えます。その他、お買物リストや出張・旅行に行くときの必要なものリストなどのような使い方もできます。シンプルなアプリだけでに、自分なりに使いこなせれば生活の質の向上にもつながるでしょう。

関連記事:Apple WatchとiPhoneのリマインダーの使い方!繰り返しや買い物メモなど

iPhoneを操作できる手袋の仕組みは?

寒くなってくると指先がかじかんできて、スマホを操作するのも大変になってきます。しかし、手袋するとスマホのタッチパネルが使えなくなるし、困りますよね。スマホの登場とともに、そのようなニーズに応えるために開発されたのが「スマホ対応手袋」。着用したままiPhone・iPadなどのタッチパネルが使える優れものです。

タッチパネルにはいくつかの種類があります。iPhone、iPadなどのタッチパネルは「静電容量方式」で、軽く指先でタッチするだけで入力可能で、マルチタッチやフリック入力もできる優れた方式です。

この方式では、画面にタッチした時の静電容量の変化を読み取るため、人間の指先のようにわずかに電気を流す手袋を用いなければなりません。つまり、スマホ対応手袋の仕組みは、手袋の指先部分に多少電気を通す(導電性)の素材を使い、指先で触れた時と同じような状況を作り出せるようにしたものです。

電気をある程度通す、導電性の糸がありますので、それで作られた生地を使えばもちろん導電性の手袋ができます。しかし、手袋の全ての部分をこの糸(生地)で作らなければいけないわけではなく、合皮などでも指先部分に目立たないように導電性の糸を縫い込めば最小限の使用量でスマホ対応手袋が作れます。

この方法の何が嬉しいかというと、導電性の糸で編んだような手袋だけでなく、一見導電性ではないような素材で作ったスマホ対応手袋も選べるという点です。おすすめのスマホ対応手袋を紹介します。具体的な手袋など詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:スマホ対応手袋の仕組み?おすすめ!効かない時の対処法

Lightningケーブルを買い換える時に注意すべきこと?

iPhoneの電源ケーブルにはLightningケーブルが使用されています。Appleがこだわって作った独自の規格のケーブルです。どちら向きでもコネクターに挿入できて便利なのですが、長期間使用するとどうしても傷んできます。内部の金属ケーブルが断線してしまうと充電できなくなりますし、被覆部分が破損して金属ケーブルが剥き出しになってしまうと感電する危険もあります。ある程度傷んできたら新しいものに交換するようにした方が良いでしょう。

インターネットなどでLightningケーブルを調べてみると、Appleの純正品の他にMFi認証品と非認証品というものがあることがわかります。ほとんど場合、非認証品がもっとも安いですが、非認証品を買っても大丈夫なのでしょうか?

結論から言うと、Appleの純正品あるいはMFi認証品を選んだ方が安全です。これらはAppleによる認定を受けたもので、一定以上の品質であることが確認されています。非認証品はそのような認定を受けていませんので、中には品質面で問題があるものがある可能性があります。

「たかがケーブル」と軽く考えない方が良いでしょう。なぜならLightningケーブルを使って充電するわけですので、このケーブルに大きな電流が流れます。ケーブルの絶縁部分に不良がある場合はショートして本体のiPhoneに深刻なダメージを与えてしまう可能性があるからです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:iPhoneのLightningケーブルは認証品でないといけないのか?

iPhoneのバッテリーを長持ちさせる方法!

iPhoneにはリチウムイオンバッテリーが搭載されています。リチウムイオンバッテリーは優れたバッテリー(電池)ですが、使用を続けると劣化することは知っておいた方がよいでしょう。

リチウムイオンバッテリーは、繰り返し充電して使用することができる2次電池です。大きなパワーが得られ、エネルギー密度も高くできるため、コンパクトで長時間使える理想的なバッテリーです。充電・放電時に正極と負極の間をリチウムイオンが移動し、化学反応を起こします。充電、放電、充電というサイクルを繰り返すことができますが、厳密には完全に元の状態には戻りません。この充電・放電サイクルを回す度に少しずつ劣化していきます。したがって、必ず寿命があります。

それではiPhoneのバッテリーは、どれぐらいの寿命があるのでしょうか?通常の使い方をした場合は、フル充電サイクルを500回繰り返した時に、新品の時のバッテリー容量の80%が維持できるように設計されています。

iPhoneのバッテリーの劣化を少しでも遅らせるためには、以下のような点に注意すると良いでしょう。

1.35℃以上になる場所に置かない
2.充電時に放熱を妨げない
3.充電しながら負荷が高いアプリを使用しない
4.無駄な電力を消費しない

これらのことに注意するだけでも、2年ぐらい使用した時にはかなりの差が出るでしょう。またiPhoneのバッテリーの劣化状態を確認することもできます。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:iPhoneのバッテリーの劣化を防ぐ方法!劣化の原因は?

iPhoneの買い替えはいつ?

iPhoneを使っているユーザーは、買い換えるときにもまたiPhoneを選ぶ人が多いようです。セットアップも簡単ですし、Apple WatchやMacBookを使用しているならば、それらとの連携も簡単だからです。単純にiPhoneが好きということもあるでしょう。

ところでiPhoneの買い替えのタイミングはどのようにするのが良いのでしょうか?

iPhoneの買い替えのタイミングを決めるための主な3つのポイントは以下になります。

1.使いやすさ・性能面で不満を感じる?
2.使っているiPhoneが寿命?
3.下取り・機種変更・契約などの点で買い替えが得?

最近はiPhoneの価格も高くなりましたので、それほど気軽には買い替えできませんが、使いやすさや性能面で不満を感じるようであれば買い替えを検討しても良いでしょう。

また現在使っているiPhoneが故障するなどして寿命を迎えたら、修理せずに買い替えを検討するのも妥当な判断となることが多いです。特にバッテリーは2年以上使用するとかなり劣化するのは止むを得ません。バッテリー交換も案外費用がかかりますので、それを機に買い換えるのも悪くないです。

買い換えることを前提で考えると、下取り・機種変更・契約などの点でショップがキャンペーンをやっているタイミングを狙うという方法もあります。

詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:iPhoneの買い替えのタイミングは?そのポイントはこれ?

佐川急便を語るSMSに注意!

職場のオフィスで、自分のiPhoneのSMSに着信があったので、開いてみたら以下のようなメッセージが書かれていました。

「お客様宛にお荷物のお届けにましたが不在の為持ち帰りました。下記よりご確認ください。
http://sagawa*******」
(*危険なので実際のURLは伏せておきます)

「オフィスに居たのに変だな?」と思いつつも、添付のURLに「sagawa」とありましたので、仕事上の何か大切な荷物であると早く受け取らないといけないなあと思ってリンクをタップしてしまいました。

開いたサイトは、スマホなので小さく表示されて細かいところはよく見えなののですが、佐川急便のCMに出演している織田裕二さんの写真が映し出され、本物のように見えました。そこからさらにアプリのインストールを促され、あまり深く考えずにインストールボタンをタップしてしまいました。

次にApple IDとパスワードの入力を求める画面が表示されました。ここで「やはり何かおかしい!」と感じ、パソコンを使ってインターネットで検索したら、「佐川急便を語る不振なSMS」についての情報が出てきました。このようなSMSが届いたらURLをタップしてはいけなかったようです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:佐川急便からのSMSと思ってインストールしてしまった!

iPhoneでテレビを見る方法

以前地デジチューナー付きのガラケーを使っていた人は、iPhoneを使うようになって地デジチューナーが無いことに不便に感じている人が多いのではないでしょうか?私もその一人です。

昔よりもブロードバンド網が整備され、iPhoneなどの端末の性能も格段に向上したので、インターネットを使えば多くの情報収集も可能ですので、地デジが見られないからと言って致命的なことはまずありません。

しかし、地デジのみでやっているスポーツの中継などもあり、できれば視聴したいという人もいるでしょう。また災害時は、インターネットよりもテレビのニュースの方が情報が速く、現地の映像なども流れるので地デジを視聴したくなります。以下の記事にiPhoneでテレビを見る方法を紹介しています。

関連記事:iPhoneでテレビを見るにはテレビチューナーをつなぐ?

Jアラートを受信できるようにiPhoneを設定しよう!

最近は減りましたが、一時期は北朝鮮からミサイルが何度も発射されました。今後は交渉によって北朝鮮がミサイルを発射しなくなってくれれば良いのですが、現実問題としていつミサイルが発射されるかわかりません。

日本では北朝鮮のミサイル発射に対しJアラートという緊急情報を伝えるシステムを作りました。しかし、Jアラートを受診するためにはiPhoneを正しく設定しておかなければなりません。

Jアラート緊急速報メールをソフトバンクのiPhoneで受信するためには、【設定】→【通知】→【緊急速報】をオンにする必要があります。デフォルトではオンになっているので、オフに設定を変更していなければJアラートの緊急速報が受信できる状態です。

どちらかと言うと、Jアラートを受信した後の対応の方が難しいです。ミサイルが飛んでくるなどという状況を多くの人が経験しているはずもなく、どのようなことが起こるのかを想像することさえ難しいからです。内閣官房が発表している対応方法など、詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:北朝鮮のミサイルでJアラート!ソフトバンクのiPhoneの設定は?

iPhone7用ケースにiPhone8を入れてみた!

iPhoneはAppleのデザイナーが独自の美意識で創り上げた作品です。色や形だけでなく、材質にまでこだわり抜いています。例えばiPhone8の場合、薄く、コンパクトなボディの前面だけでなく背面側にもガラスが使われています。

その美しさにはAppleらしさが感じられますが、実は表面がツルツルしていて滑りやすいです。そのためiPhoneを足下に落としてしまったことがある人は相当するいるようです。むしろ誰でも一度はiPhoneを落としていると言っても良いでしょう。

落下させてしまった時に、その場所が硬いのか柔らかいのか、平らなのか凹凸があるのか、どのぐらいの高さから落としたのかによって、iPhoneのダメージは異なります。そんな落下時のダメージを最小限にする方法として、手帳型ケースの使用が考えられます。それも品質良いレザーのケースならばカッコいいですね。自分でデザインできる本革手帳型ケースについて以下の記事で紹介しています。

関連記事:JOGGOのiPhone7用ケースを買ってiPhone8を入れてみた!

財布にiPhoneを入れる!



iPhoneを持ち歩くようになると、どのように持ち歩くか悩みます。小型のバッグなどを普段持ち歩いている人はそこに入れれば良いのですが、そうではない人はポケットに入れたり、そのまま握りしめて持ち歩くこともあるようです。

たまにズボンのポケットにiPhoneを入れている男性を見かけますが、相当な負荷がiPhoneにかかっているように思われます。通常はiPhoneの他に財布を持ち歩いていますので、ポケットの場所も案外空きがないものです。

そのためか、最近人気が出てきているのが、iPhoneを収納できる財布です。これならばiPhoneと財布を一つにまとめて持ち歩けますので便利です。質の良いレザーの財布で、いろいろな種類もありますので、きっと好みのものも探せば見つけられるでしょう。

究極は「自分で財布をデザインしてオーダーメイドで作ってしまうこと」です。これならば他の人とかぶらない自分のオリジナルのものが出来上がります。名前も入れられますし、ペアで作ることもできます。新しい楽しみ方かもしれませんね!詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:iPhoneが入る財布を探しているならこれがおすすめ!

まとめ

iPhoneは便利で、一度使ったらこれ無しでは耐えられないでしょう。そんなiPhoneもちょっとしたアクセサリーを用意したり、使い方を覚えるだけでさらに便利なります。さらにレベルアップして使いましょう!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました