紫外線による肌の老化は修復できない!必ず肌を守りましょう!

紫外線・日焼け

日差しが強くなってくると、紫外線による肌へのダメージが気になりますね。それは単純に日焼けということではなく、肌の老化につながります。紫外線による肌の老化は修復できないとされています。必ず紫外線から肌を守りましょう。紫外線による肌の老化について紹介します。

スポンサードリンク

注目!!
▼▼紫外線・日焼け対策の情報はこちら▼▼
紫外線・日焼け対策のことがわかるまとめ

紫外線による肌の老化

紫外線による肌の老化の分かり易い事例として、米国のトラック運転手の男性の写真が医学誌に掲載されていました。男性は28年間トラック運転手として働き、写真が掲載された時点で69歳。顔の左側が右側に比べて明らかに老化しています。左側の肌が分厚くなり、シワも深く刻まれています。紫外線によって日焼けすることは広く知られていますが、日焼けは一般には時間が経つと肌が新陳代謝を繰り返して元のように戻っていきます。子供の頃に真っ黒に日焼けしても、一生そのままではないことは多くの人が体験していることです。しかし、肌の老化は修復できないのです。

それでは肌の老化がなぜ紫外線によって進んでしまうのでしょうか?まず誰もが知っているように、高齢になればなるほど肌は老化し、特に90歳以上になればシワの多い肌になるのが普通です。コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す線維芽細胞が人間の肌にはあります。これは加齢とともに減少してしまうため、どうしても肌が老化します。

紫外線が肌に当たると、主にその中の紫外線A波(UVA)によってこの線維芽細胞が損傷を受け、老化を加速してしまうのです。その割合は諸説ありますが、肌の老化の8割以上は紫外線によるものと言われています。肌の老化を抑えるには、「如何に紫外線から肌を守るか?」が大切であるかよく分かりますね。

スポンサードリンク

紫外線による肌の老化を防ぐために強い時期を知る

紫外線が強い時期を月別でみると、やはり7月と8月です。実はお昼の太陽がもっとも高くなるのは夏至(6月22日ごろ)です。気温が夏至よりも2ヶ月程度遅れて最高になるのは、地表などが温められ、蓄熱することにそれだけ時間がかかるためです。紫外線は日光に含まれている成分で、電磁波の一種ですので、そんな時間差はないのですが、6月は梅雨の時期ですので曇りや雨の日が多いため、月別でみると7月と8月の方が紫外線量が多くなる訳です。

しかし、晴れた日だけで見れば6月も紫外線量が強く、4月と5月もそれに準じて紫外線が強いでしょう。前述のように、紫外線による線維芽細胞へのダメージは蓄積するばかりで、修復できないので、少しでも紫外線を受ける量を減らした方が良いことは間違いありません。早め早めの紫外線対策が大切です。

紫外線から肌を守る効果的な対策

紫外線から肌を守る具体的な対策は以下のようなものです。

1.長袖のシャツ、帽子、日傘などを使って、肌をできるだけ直射日光に晒さないようにする。

2.日焼け止め、あるいは日焼け止め機能があるファンデーションなどを肌に塗って、プロテクトする。

3.紫外線(UV)カット機能のある眼鏡・サングラスを着用して、目に入る紫外線を減らす。

3番目の目の紫外線対策というのは案外見落とされがちです。紫外線によって障害を起こし易い角膜・水晶体などを守る効果もありますし、肌という意味では目の周り(目元)の肌を守ることに役立ちます。

また目に紫外線が入ることで、全身の肌のメラニン色素の生成が促されることも知られていますので、日焼け防止のためにも効果があります。

まとめ

1.紫外線は確実に肌の老化を進めます。

2.紫外線量は真夏が多いですが、4月ごろからも強くなります。しっかり、対策をしましょう。

3.紫外線から肌を隠すこと、日焼け止めを使うこと、UVカット機能がある眼鏡・サングラスを着用すること。

▼▼紫外線・日焼け対策の情報はこちら▼▼
紫外線・日焼け対策のことがわかるまとめ

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました