母の日のことがわかるまとめ

まとめ

日本では母の日は大切な日になっていますね。それだけに母の日のためにどのような準備をして、母の日を楽しく過ごすのかということで悩みますね。母の日についてのことを以下にまとめてみました。

スポンサードリンク

母の日のカーネーションは花束と鉢植えのどちらが良い?

母の日と言えばカーネーションを贈るのが定番ですね。カーネーションには色々な色があり、好みのものを選ぶことができます。それでも悩むのはカーネーションを花束で送るか、それとも鉢植えで贈るかということ。それぞれどのような長所と短所があるのでしょうか?またどのように選ぶべきかなのでしょうか?

母の日にカーネーションを贈りたいと思っても花束として贈るのが良いか、鉢植えが良いか悩みますよね。どちらも美しいカーネーションなので、もらって嬉しいことは間違いないでしょう。そのような意味では、どちらでも大丈夫です。贈り物をする時に一番大切なことは、「贈る相手に喜んでもらえるかどうか」であるという基本に戻って考えると、花束と鉢植えの長所と短所を理解して選ぶと良いでしょう。

カーネーションの花束の特徴は「切り花」であることです。そのため花瓶に生けておいても、1週間程度で観賞用としては限界になりますし、その後は処分することになります。これが最大の短所と言えるでしょう。

しかし、これも考え方で、「花の命は短いから尊い」と思えば必ずしも悪いことではないと思います。お祝いの時に最も美しく、鑑賞して楽しめて、その時が過ぎれば静かに消えて行く、いわゆる「消え物」は贈り物の定番です。人生の大切なその時を祝い、楽しもうという気持ちを込めて贈るものと理解すれば長所とも言えます。また花束は最後に処分するのも簡単です

カーネーションの鉢植えの特徴は、切り花である花束よりは花の持ちが良いですし、うまく育てれば次の年も花を咲かせます。これが最大の長所です。しかし、次の年も花を咲かせようとするとそれなりにお世話をする必要があり、それを面倒と思う人には困らせることになる可能性がありますし、その年だけで処分しようとする場合も花束を処分するよりは少々面倒かもしれません。これが短所です。

園芸好きであったり、庭に色々な草花を育てているような家庭であれば、おそらくカーネーションのお世話はそれほど負担と感じないでしょうから、鉢植えのカーネーションの方が、次の年以降も楽しめて良いかもしれません。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:母の日のカーネーションは花束と鉢植えのどちらが良い?

母の日と父の日を一緒にお祝いする?ペアギフトや旅行などもOK?

母の日の次の月に父の日があります。普通はそれぞれお祝いしますが、母の日と父の日を一緒にお祝いしてしまうのもアリでしょう。日本でも色々な家庭がありますので、両親と同居している場合もあれば、別の場所で暮らしている場合もあります。また両親とも健在の場合もあれば、そうではない場合もあり、子供世代が結婚している場合もあればそうではない場合もあります。このように母の日と父の日をお祝いすると言っても諸条件が様々ですので、状況によっては母の日と父の日を一緒にお祝いするのは良いでしょうし、全く問題ありません。

母の日と父の日を一緒に祝うことができるなんてよく考えてみれば幸せなことです。さらに両親仲良く暮らしていてくれるならば、それは本当に感謝すべきことです。そんな二人にはペアのギフトを贈って、二人で使ってもらえれば末長く仲良くしてもらえるかもしれません。

母の日と父の日のギフトといっても、必ずしもモノである必要はありません。いわゆる「コト」消費として、旅行や食事をプレゼントしても良いでしょう。そんな時も、母の日と父の日を一緒にお祝いした方がやり易いですね。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:母の日と父の日を一緒にお祝いする?ペアギフトや旅行などもOK?


スポンサードリンク

義理の母へ母の日にプレゼントを贈る?花?花以外?

これまで実の母に母の日のプレゼントを贈ったことがあっても、結婚し、初めて義理の母に母の日のプレゼントを贈ることになると結構悩むものですね。義理の母に母の日のプレゼントを贈るべきか、贈る場合は花が良いのか?それともは内外が良いのか?などについて以下の記事で紹介しました。

関連記事:義理の母へ母の日にプレゼントを贈る?花?花以外?

母の日のプレゼントに花を贈るならおすすめはこれ!

母の日にプレゼントする花と言えば、基本はカーネーションです。カーネーション以外の花を選んではいけないわけではないですが、相手が特別その花を好きであることが分かっている場合を除けば、通常はカーネーションを選ぶのが無難でしょう。

カーネーションを贈るとしても、以下のようなタイプがあります。

1.鉢植え
2.花束
3.フラワーアレンジメント
4.プリザーブドフラワー
5.お菓子とセット

贈る相手がどのようなタイプの花を好むのかを考えて選ぶと良いでしょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:母の日のプレゼントに花を贈るならおすすめはこれ!

母の日のプレゼントで花以外のおすすめは?お菓子?飲み物?

母の日に贈るプレゼントに何を選ぶのかは迷いますね。いつも定番のカーネーションなどのお花をプレゼントしているならば、花以外のものを考えても良いかもしれません。もちろんお花とセットでお花以外のプレゼントを贈るのもありです。

プレゼントの品物として比較的選び安いのが、いわゆる「消え物」です。贈った後に何年も持つものの場合は、かなり慎重に選ばないと邪魔になってしまうものもありますが、「消え物」ならば短期間で無くなりますのでそれほど心配要りません。

プレゼントで贈る「消え物」と言えば、一般的には食べ物で、特に母の日となるとお菓子がおすすめです。母の日のプレゼントに飲み物を選ぶのも良いでしょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:母の日のプレゼントで花以外のおすすめは?お菓子?飲み物?

母の日にバラを贈っても良い?プリザーブドフラワーやアレンジメント

母の日に贈る花と言えば、もっともポピュラーなのはカーネーションです。それはアメリカで始まった母の日の起源にまで遡るようです。それでは現代の日本において、母の日にバラを贈るのは良いのでしょうか?それともカーネーションを贈るべきなのでしょうか?

母の日には、その起源まで遡ると「白いカーネーション」を贈っていたそうです。そして現代では様々な色の美しいカーネーションがあり、それらを贈るのが定番です。しかし、母の日には必ずカーネーションを選ばないといけないというほどの厳しいルールがあるわけではなく、他の花を贈っても構いません。

実際に母の日に贈られる花はカーネーションが多いですが、毎年カーネーションでは少々マンネリ化したと感じる人もいるためか、バラを贈る人も少なくないようです。バラはゴージャスで見栄えがしますし、バラだけを花束にしても美しいですし、カーネーションなどの他の花を組み合わせてもとても美しいです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:母の日にバラを贈っても良い?プリザーブドフラワーやアレンジメント

まとめ

母の日を楽しく過ごすために、役立つことをまとめて見ました。しっかり準備して喜ばせてあげましょう!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました