まとめ

大腸内視鏡検査と胃カメラ検査のことが分かるまとめ

投稿日:

大腸がんと胃がんは、定期的に内視鏡検査を受けることで早期発見できる確率が高いと言われ、早期発見すれば完治できる確率も高くなる病気です。ある程度の年齢になったら、多くの人が定期的に内視鏡検査を受けた方が良いと思います。しかし、まだ内視鏡検査を受けたことが無い方は、もしかしたら「ちょっと怖そう・・・」と思っている人もいらっしゃるかもしれません。実は内視鏡検査については、医師の技量と設備およびスタッフのチームワークなどによって、検査を受ける人の辛さが大きく異なります。内視鏡検査について以下にまとめました。

スポンサードリンク

大腸内視鏡検査は必要?辛い?神奈川県の名医はこの医院!

大腸内視鏡検査を受けたことがありますでしょうか?胃に比べると、大腸内視鏡はより長い距離を内視鏡を挿入しなければなりません。その経路も複雑に曲がりくねっており、難易度が高く、医師の技量の差が出ます。ある医師では大腸の奥まで内視鏡を挿入できないようなケースでも、優秀な医師では問題無く奥まで挿入できるケースがあります。単純に内視鏡を挿入できるか否かの差だけでなく、検査時の苦痛にも大きな差があります。さらには検査による初期の大腸がんの見落としなどもあれば、看過できない差となります。以下の記事で詳しく紹介しました。

記事:大腸内視鏡検査は必要?辛い?神奈川県の名医はこの医院!

胃カメラ・胃内視鏡検査 苦しくない・痛くない神奈川の名医

胃がんの99%はピロリ菌が原因とされています。定期的に胃カメラで胃の中を検査し、さらに胃の内部のピロリ菌の有無を検査し、ピロリ菌が確認された場合は除菌すれば胃がんになるリスクを大きく下げられます。このように胃カメラによる検査の意義を理解はできても、「胃カメラは気持ち悪い」という方も少なくないでしょう。確かに口から挿入する胃カメラは、嘔吐反応が出やすく辛いと感じる方は多いでしょう。実は胃カメラも技術が進歩していて、経鼻内視鏡による検査であればほぼ嘔吐反応は出ず、楽です。このように最新の機器を使っている医院であれば検査の苦痛もほとんどありません。以下の記事で詳しく紹介しました。

記事:胃カメラ・胃内視鏡検査 苦しくない・痛くない神奈川の名医


スポンサードリンク

ららぽーと横浜クリニックで大腸内視鏡検査・胃カメラ検査を受診

ある程度の年齢になったら、大腸内視鏡検査と胃カメラの検査を定期的に受ければ、大腸がんと胃がんの早期発見ができる可能性が高くなります。これらのがんは早期発見できれば完治できる可能性がかなり高くなります。しかし、内視鏡検査を行う医師の技量や設備などに差があることが多く、優秀な医師・医院を選ぶことが重要です。神奈川県内で内視鏡の名医がいる委員として有名な「ららぽーと横浜クリニック」で、実際に大腸内視鏡検査と胃カメラの検査を受けましたので、事前検査から当日の検査まで体験記を以下の記事に紹介しました。

記事:ららぽーと横浜クリニックで大腸内視鏡検査・胃カメラ検査を受診

まとめ

内視鏡検査についての予備知識を習得して、優秀な医師による検査を受けましょう。それにより大腸がんと胃がんの早期発見につながるでしょう。

スポンサードリンク


-まとめ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

電気自動車、保険、スタッドレスなど車に関することまとめ

スポンサードリンク 車は便利ですし、ドライブして行きたいところへ行くのは楽しいですね。しかし、色々とお金がかかりますし、交通事故などのリスクもあります。車に関する価値ある情報を知っておけば、損する …

睡眠のことが分かるまとめ!健康には大切です!

スポンサードリンク 睡眠時間をおよそ8時間とすると、1日の3分の1は寝ていることになり、それは人生の3分の1にもなります。60歳の人ならば20年分は寝ていることになるわけですので、大きな割合ですね …

4Kテレビ・コンテンツ・ビデオカメラと液晶・8K放送のまとめ

スポンサードリンク 4Kテレビが普及し始めています。液晶テレビだけでなく有機ELテレビも加わり、美しい映像が楽しめるようになりました。まだ4Kのコンテンツは少ないですが、4Kのビデオカメラも価格が …

iPhoneのアクセサリーとアプリと知っておくと便利なことまとめ

スポンサードリンク 日本では多くの人がスマホを使っています。その中でもAppleのiPhoneがトップシェアです。電車に乗れば多くの人がiPhoneを使っているのが分かります。他の人と同じようにi …

ESTAのことがわかるまとめ

スポンサードリンク 米国に出張・旅行する人は非常に多いです。パスポートが必要なことは誰もがご存知と思いますが、ESTAについては2008年から始まったので、よくご存知ではない方もいらっしゃいます。 …

最近のコメント