梅雨時期に知っておくと役立つことまとめ

梅雨対策

気温が徐々に高くなり、雨の日が多い梅雨時期は、湿度が高いため、濡れたものが乾きにくく、トラブルが多くなります。それぞれのトラブルへの対処方法を知っていれば、ジメジメする梅雨でも快適に過ごすことができるでしょう。梅雨時期に知っておくと役立つことをまとめました。

スポンサードリンク

部屋干しの時のニオイを防ぐには?

梅雨時期に一番困るのは何と言っても洗濯です。雨の日が多いため、洗濯したものを外に干せない日が多く、乾きにくくなります。

部屋干しして、濡れた洗濯物を乾かすのに時間がかかってしまうと、気温が高いために臭くなってしまうことも多くなります。せっかく洗濯して綺麗にしたのに、かえって臭くなってしまうなんて困りますね。洗濯物が臭くなる原因を理解し、臭くならないような部屋干しの方法を取れば、こんな悩みも解決できます。

部屋干しして洗濯物が臭くなるのは、雑菌が繁殖するためです。雑菌は湿った状態で置いておく時間が長くなるほど繁殖し易くなります。つまり、対策としては洗濯物をできるだけ速く乾かすことがポイントです。

部屋干しをした場合に、短時間で洗濯物を乾かすことができる方法として、エアコンの除湿を使う方法が有効です。梅雨時の気温にもよりますが、ジメジメして蒸し暑い日ならば、部屋干ししている部屋全体を除湿してしまえば快適で、洗濯物も早く乾かすことができます。気になる電気代ですが、通常の除湿モードでは案外電気代はかかりません。以下の記事で詳しく紹介しています。

関連記事:部屋干しの臭いの原因と対策!梅雨でもこれで大丈夫!

靴を速く乾かす方法は?

気温・湿度が高くなる梅雨時期から、靴の中も蒸れやすくなってきます。さらに雨が降ったりすると、靴も濡れやすくなります。汗や雨などを吸った靴をそのままにしておくと臭くなってしまうことが多く、できるだけ早く乾かすことが大切です。しかし、雨の日が多く、湿度も高い梅雨時期に靴を速く乾かすのもそれなりに大変です。

運動靴や上履きのように洗濯できる靴の場合は、洗濯後、洗濯機で脱水してしまえば早く乾かすことができるでしょう。

革靴などの洗濯できない靴の場合、新聞紙などを靴に詰めて水を吸い取らせましょう。おおよそ乾燥してきたら、新聞紙を取り出した方が通気性が良くなり速く乾きます。風通しのよい場所で日陰干ししましょう。

これらの方法でも早く乾燥できない場合は、布団乾燥機などで温風を送って積極的に乾燥させると良いでしょう。最近は、靴専用の乾燥機もお手頃の価格で購入できますので、それらを使うとより簡単に乾燥できます。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:靴を短時間で乾かす方法!梅雨時の革靴・上履きも大丈夫!


スポンサードリンク

中学生の子供の足のニオイ対策

靴は毎日履いていると臭くなりやすいです。大人の場合は、ある程度臭いにも気を付けるようになり、靴を複数用意するなどの対策を自発的にとることが多いでしょう。しかし、中学生の場合、学校指定の靴を連日履くことが多く、あまり自発的に匂いのケアをしないこともあるようです。成長期ですので、新陳代謝も活発で、また動き回って汗もかきやすいので、足の臭いが強烈になることも多くなります。両親や周囲の人が中学生の子供に有効な足の臭い対策を教えてあげた方が良いでしょう。

足の臭いの原因を考えると、入浴時に足に石鹸をつけて洗うことは基本です。その際に指と指の間などもしっかり洗うように教えましょう。しかし、成長期の中学生ですので、汗や皮脂・角質などの雑菌の栄養となるものもたっぷり毎日発生します。つまり、足を入浴時に洗うだけでは足の臭いは解消できないでしょう。

そこで使ってみたのが消臭靴下。いくつかのメーカーから消臭靴下が発売されていますが、売れ筋のブリーズブロンズのものを選びました。ビジネスマンがよく選ぶ通常のタイプの他に、最近流行りのショートソックスタイプのものもあります。

消臭靴下を使えば、簡単に足の臭いが抑えられます。しかし、靴が臭くなってしまっていると、その臭いが足に移るので、靴の消臭も大切です。丸洗いできるような素材の靴であれば、一度洗濯してしっかり乾かした方が良いでしょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:中学生の子供の足が臭い!効果がある消臭方法を紹介します!

お弁当の食中毒の原因と予防!梅雨時から増加する!

毎年、気温が上昇してくると発生するのが食中毒です。特に子供や家族のために作ったお弁当が原因で食中毒になると、せっかくの楽しい時間が台無しになってしまうので残念ですね。

食中毒を予防するためには、食中毒の原因を理解し、正しい予防方法を実践することが必要です。それによって食中毒の発生を予防できる可能性がかなり高くなるでしょう。

まずお弁当に食中毒の原因菌が入り込まないようにすることが第一歩です。これは夏場に限らず基本的なことですが、まな板、包丁、弁当箱など、使用したら必ず丁寧に洗いましょう。おにぎりなども素手で握らないのはもはや常識レベルの話です。その他のものをお弁当に詰め込む時も、決して素手で触らないようにしましょう。

喋りながらお弁当を作っていると唾が飛ぶ可能性もありますし、くしゃみや咳でも唾が飛びます。マスクをするか、唾が飛ばないように注意しましょう。

お弁当箱に中身を詰め込んだら、すぐに蓋を閉じずに冷ますことも重要です。うちわなどであおいで冷ますのが効果的で、冷蔵庫に入れて冷ますよりも短時間で温度が下げられます。このできるだけ早く冷ますということがポイントです。以下の記事で詳しく紹介しています。

関連記事:お弁当の食中毒の原因と予防!梅雨時から増加する!

まとめ

梅雨時期に役立つノウハウについてまとめてみました。もちろん梅雨時期に限らず、使える場面はあるでしょう。ノウハウを使いこなして快適な生活を送ってください。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました