まとめ

紫外線・日焼け対策のことが分かるまとめ

投稿日:

気温が高くなってくると、いろいろなところへ出かけたり、アウトドアでアクティブに活動する機会が増えますね。そんな時に紫外線・日焼け対策は十分にやっておいた方が良いでしょう。紫外線による肌の老化は修復できず、紫外線を浴びた分だけ着実に老化が進むからです。紫外線・日焼け対策についてまとめました。

スポンサードリンク

紫外線による肌の老化は修復できない!必ず肌を守りましょう!

紫外線を浴びると着実に肌の老化が進んでしまうことが研究により明らかになっています。肌の奥にはコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などを作り出す線維芽細胞があります。紫外線に含まれるA波(UVA)によってこの大切な線維芽細胞が損傷を受けるため、老化が進んでしまうのです。したがって、肌の老化を防ぐためには紫外線から肌を守ることが必要となります。紫外線から肌を守る具体的な対策について、以下の記事で紹介しました。

記事:紫外線による肌の老化は修復できない!必ず肌を守りましょう!

車の運転中の紫外線対策は必要です!日焼けを防ぎましょう!

車の中に居ると、屋根もあるので何となく日焼けしないような気がしてしまいますが、実は日焼けすることがあります。車の窓ガラス越しに日光が車内に入ってきますので、窓ガラスに十分なUVカット機能が無ければ紫外線が侵入してくることになります。その紫外線を浴びていれば当然のことながら日焼けするわけです。紫外線は着実に肌を老化させるため、車の運転中でも紫外線対策をとった方が良いでしょう。以下の記事で詳しく説明しました。

記事:車の運転中の紫外線対策は必要です!日焼けを防ぎましょう!


スポンサードリンク

日焼け止めのSPFとPAの意味と敏感肌の人のための選び方

紫外線対策として多くの人が利用しているのが日焼け止めです。日焼け止めには、SPFとPAという数値&記号が記載されていますが、その意味をご存知でしょうか?SPFは数値が大きいほど日焼け止めの効果が大きいことはご存知の方も多いと思いますが、数値が大きいほど日焼け止めの効果を発揮する物質が高濃度で含まれています。それらの成分が肌を刺激してしまうこともあるようです。SPFとPAの意味を正しく理解し、自分・状況に合った日焼け止めを選んで適切に使いましょう。以下の記事で紹介しました。

記事:日焼け止めのSPFとPAの意味と敏感肌の人のための選び方

日焼け止めの使用期限は?未開封の場合は?開封したら注意すること

紫外線が肌の老化を進めることが知られるようになってから、海やアウトドアスポーツの時には日焼け止めを使う人が増えてきました。日焼け止めを購入して、そのシーズンに使い切ってしまうならば特に問題ないのですが、使いきれなかった場合は翌年も引き続き開封した日焼け止めを使用しても問題無いのでしょうか?日焼け止めとしての効果も気になりますし、衛生上の観点から肌に害が無いのかどうかも気になります。以下の記事で日焼け止めの使用期限などについて紹介しました。

記事:日焼け止めの使用期限は?未開封の場合は?開封したら注意すること

髪の毛と頭皮の日焼け止めとケアの方法は?

紫外線対策として顔や身体に日焼け止めをしっかり塗っている人でも、案外髪の毛と頭皮の紫外線対策は忘れていることがあります。髪の毛そのものも日焼けでダメージを受けますし、髪の毛で覆われている頭皮も日焼けし、ダメージを受けてしまいます。顔や身体と同じように、まずは髪の毛と頭皮が日焼けしないように対策を取ることが必要です。また日焼けしてしまったらケアをしてそれ以上悪化しないようにしましょう。以下の記事で紹介しました。

記事:髪の毛と頭皮の日焼け止めとケアの方法は?

飲む日焼け止めの効果は?ニュートロックスサンに注目!

美肌を守るためにしっかり紫外線対策をしようとすると、かなりの重装備になってしまうこともあります。真夏に長袖のシャツやマフラーなどを着用して紫外線をカットするのもかなり大変です。もっと夏らしい服を選びたいですが、そうすると隙ができやすく、紫外線で日焼けしてしまうことが多くなります。最近注目されているのが飲む日焼け止めです。これを併用すれば、紫外線対策としてレベルアップできそうです。以下の記事で紹介しました。

記事:飲む日焼け止めの効果は?ニュートロックスサンに注目!

日焼け後のケアのまとめ!しっかりやれば差がつきます!

気温が高くなるとアウトドアでアクティブに活動したくなりますね。そんな時は紫外線対策をしっかりしたいものです。それでも日焼け止めが汗で流れてしまうなどして、気がつけば日焼けしているなんてこともよくあります。日焼けをしてしまったら、しっかりケアしましょう。日焼けは火傷と同じですので、適切にケアしないと肌へのダメージが大きくなります。以下の記事で詳しく紹介しました。

記事:日焼け後のケアのまとめ!しっかりやれば差がつきます!

まとめ

紫外線による肌へのダメージは完全には修復できず、元に戻ることはありません。そのため浴びた紫外線量が多くなるほど着実に肌の老化が進んで行きます。肌のことを考えたら紫外線対策が必要です。ここでまとめたノウハウを活用して、肌の老化を遅らせましょう。

スポンサードリンク


-まとめ
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

梅雨時期に知っておくと役立つことまとめ

スポンサードリンク 気温が徐々に高くなり、雨の日が多い梅雨時期は、湿度が高いため、濡れたものが乾きにくく、トラブルが多くなります。それぞれのトラブルへの対処方法を知っていれば、ジメジメする梅雨でも …

メンズスーツ、ネクタイ、ワイシャツのことがわかるまとめ

スポンサードリンク メンズスーツ、ネクタイ、ワイシャツ、ビジネスカジュアルなどのことについて、知っておくと役立つことをまとめてみました。社会人になるとこれらの服を着て通勤することが多いので、知って …

インフルエンザのことが分かるまとめ

スポンサードリンク 毎年日本だけでなく世界中でインフルエンザが流行します。インフルエンザが重症化すると命にも関わりますので、感染拡大を抑えること、感染してしまった場合には適切な治療を受けることが大 …

入間基地航空祭のまとめ

スポンサードリンク 埼玉県狭山市と入間市にまたがって位置している航空自衛隊入間基地。ここで毎年11月3日の文化の日に開催される入間航空祭は、都心からのアクセスも良く、ブルーインパルスのアクロバット …

お風呂についてのことが分かるまとめ

スポンサードリンク お風呂は気持ちいいですね。ゆっくり湯船に浸かれば、疲れた身体も心も癒されます。海外に行って、シャワーだけで済ませていて、帰国後にお風呂に入ると、「日本は良いなあ!」なんて思った …

最近のコメント