睡眠のことがわかるまとめ!健康には大切です!

睡眠

睡眠時間をおよそ8時間とすると、1日の3分の1は寝ていることになり、それは人生の3分の1にもなります。60歳の人ならば20年分は寝ていることになるわけですので、大きな割合ですね。単純に睡眠時間の占める割合だけでなく、健康への影響も非常に大きいことが知られています。そんな大切な睡眠についてまとめてみました。

スポンサードリンク

睡眠時間の長さと質を上げる

最近は「睡眠負債」が注目されています。睡眠時間が不十分な日が続くと、借金が積み重なっていくように睡眠の負債が溜まっていくという概念です。それでは自分に必要な睡眠時間はどのぐらいなのでしょうか?また睡眠の質を上げれば睡眠時間が短くても良いのでしょうか?また睡眠の質を上げるにはどうすれば良いのでしょうか?これらについて以下の記事で詳しく紹介しました。健康維持に直結する重要なことですので、知っているのと知らないのでは大きな違いでしょう。

関連記事:睡眠時間の必要な長さ 質を上げる方が重要?その方法は?


スポンサードリンク

睡眠時無呼吸症候群の症状と調べ方

睡眠時無呼吸症候群をご存知でしょうか?睡眠時に呼吸が止まってしまう症状がある場合にこれに該当する可能性があります。
基準は、睡眠時に口・鼻による呼吸が10秒以上停止することが1時間に5回以上あることです。睡眠時無呼吸症候群になると、心臓発作、脳梗塞、心不全、不整脈などのリスクが高くなります。また寝不足になりやすく、日中の注意力が低下し、交通事故などの悲惨な事故等を引き起こす可能性も高くなります。このような人生を狂わせるリスクが大きい睡眠時無呼吸症候群について、以下の記事で詳しく紹介しました。

関連記事:睡眠時無呼吸症候群の症状とチェック方法!危険性と治療方法は?

抱き枕を活用しよう!

質の高い睡眠のためには枕は重要です。枕が自分に合っていなければ、質の高い睡眠ができない可能性もありますし、場合によっては寝違えてしまう場合もあります。多くの方々は自分に合った枕を選んでいると思います。せっかくならば抱き枕についても検討してみては如何でしょうか?自分に合った抱き枕を使えば、「睡眠時の姿勢のバリエーションが増える」「安心感が得られる」「いびき防止」などのメリットが期待できることが知られています。以下の記事で詳しく紹介しました。

関連記事:抱き枕は身体・健康に良い?選び方のポイントとおすすめは?

いびきの原因は?

自分が睡眠中にいびきをかいているかどうか把握できていますか?さすがに自分が寝ている間のことを自分自身で確認するのは難しいので、誰かと同じ部屋で寝ている時に、たまたま一緒にいる人が気がつくと苦情を言われることがあるでしょう。自分では通常は自覚できないので、苦情を言われても困るという方もいらっしゃるかもしれませんが、いびきをかいているようでしたらその原因を調べ、いびきの防止に努めた方が一緒にいる人との関係を悪化させないためにも良いでしょう。また重大な病気が原因で、急にいびきをかくようになることもあります。誰かが急にいびきをかき始めたら、緊急事態の可能性もあります。以下の記事で詳しく紹介しました。

関連記事:いびきの原因をチェックして防止!急にかくようになることも!

熟睡するためのコツは?

睡眠時間は同じでも、眠りが浅かったり、途中で目が覚めてしまったりすると、眠りの質が悪く、疲れがとれない場合があります。そのような状況が長期間続くと、疲労が蓄積し、身体を蝕みます。熟睡することは非常に大切なことです。

熟睡するために役立つ4つの方法を以下に記します。

1.布団と枕を選ぶ

2.寝室の温度と湿度を調節する

3.運動をする

4.寝室の照明を選ぶ

これらは睡眠と深い関係があります。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:熟睡するために役立つ4つの方法!ぐっすり眠れない方向け!

熟睡を妨げることとは?

熟睡するためには、布団や枕などが自分の身体に合ったものを用意したり、寝室の温度・湿度を快適になるように調節することも重要です。ここでは熟睡するために必要なそれらの環境的なことが整っているとして、「やってはいけない行動」にフォーカスします。それらは以下のような行動です。

1.お酒を飲まない方がよい

2.カフェインを摂らない方がよい

3.直前に食事をしない方がよい

4.直前に運動しない方がよい

5.悩み事を考えない方がよい

いくつか思い当たるものもあるのではないでしょうか?詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:熟睡するためにやってはいけないこと!お酒は?食事は?

まとめ

人間にとっては睡眠は非常に大切なものです。健康維持に欠かせませんので、睡眠について知っておきましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました