羊山公園の芝桜の見頃はいつ?アクセスと注意点は?

イベント

桜の季節が終わり、ゴールデンウィークになると気候も良くなり、どこかきれいな花を見に行きたくなりますね。関東の有名スポットの一つとして埼玉県秩父市の羊山公園があります。一面芝桜が美しい公園で人気があります。実際に行ってみましたので以下に紹介します。

スポンサードリンク
  

注目!!
▼▼お花見と果物狩りについてはこちら▼▼
桜・芝桜・藤・ひまわりなどのお花見といちご狩りのスポット!

羊山公園の芝桜の見頃はいつ?

西武鉄道の西武秩父駅から徒歩20分上り坂を上がったところに、羊山公園の「芝桜の丘」があります。高台にあるため秩父市街も一望でき、天気の良い日には気分良く散策できるでしょう。

芝桜は非常に多く植えられており、関東でも有数の規模です。特に色とりどりの芝桜がデザインされ、植栽されていますので一際美しく鑑賞できます。植栽面積は約17,600m2、9種類、40万株以上です。

肝心の芝桜の開花時期は4月中旬から5月上旬です。おおよそゴールデンウィーク一杯と考えた方が良いでしょう。見頃の時期は「芝桜まつり」を開催しており、入園料が有料になります。つまり、「芝桜まつり」開催期間中が見頃とも言えます。

羊山公園に芝桜を見に行く時の注意点は?

前述のように西武秩父駅から徒歩で坂道を登って行きますし、公園内も芝桜を見ながら歩くので、歩きやすい靴を履いて行きましょう。羊山公園内に臨時駐車場がありますが、ゴールデンウィーク中の土・日・祝日には交通規制により入場できなくなります。また駅周辺は道路が大渋滞になることも多く、駐車場も満車になりやすいので、電車でのアクセスをおすすめします。


スポンサードリンク

羊山公園に芝桜を見に行く時の電車

電車で西武鉄道の西武秩父駅に行くには、池袋から特急レッドアロー号NRAに乗るのが快適です。これは昔からある定番の列車で、乗車時間が長くても指定席でゆったり座って行けます。

最近話題なのがS-TRAIN。これは西武鉄道西武池袋線、東京メトロ副都心線、東急東横線、横浜高速みなとみらい線が相互乗り入れすることによって実現した列車です。元町・中華街駅から西武秩父駅を結ぶ全席指定の新しい列車で、Free WiFi、電源、トイレも完備されています。特に横浜方面から秩父に行く人にはおすすめの列車です。

羊山公園で芝桜 最寄駅で温泉を楽しめます

羊山公園まで最寄駅の西武鉄道 西武秩父駅から徒歩20分ですので、往復で40分ですし、公園内も基本的に歩きますので、良い運動になります。実際、西武秩父駅まで戻ってくる頃には少々疲れているかもしれません。そんな時におすすめなのが温泉です。

駅のすぐ近くに「西武秩父駅前温泉 祭りの湯」があります。2017年4月24日にオープしたばかりの新しい温泉で、施設も新しく、綺麗です。ここで汗や汚れを流し、ゆっくりお湯に使って疲れを癒し、特急レッドアロー号NRAの指定席に座って帰るのが快適でおすすめです。

まとめ

1.秩父の羊山公園の芝桜の見頃は4月中旬から5月上旬。

2.車は渋滞し、駐車場も満車になりやすいので、電車で行くのがおすすめ。

3.西武鉄道のレッドアロー号とS-TRAINがおすすめ。

▼▼お花見と果物狩りについてはこちら▼▼
桜・芝桜・藤・ひまわりなどのお花見といちご狩りのスポット!

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました