まとめ

インフルエンザのことが分かるまとめ

投稿日:

毎年日本だけでなく世界中でインフルエンザが流行します。インフルエンザが重症化すると命にも関わりますので、感染拡大を抑えること、感染してしまった場合には適切な治療を受けることが大切です。インフルエンザについて正しい知識を習得しましょう。

スポンサードリンク

インフルエンザワクチンの型はいつ決まる?製造は?不足する?

インフルエンザは日本のみならず世界的に流行する感染症です。そのため日本ではインフルエンザワクチンを製造し、適当な時期にワクチンの接種が推奨されています。2017年度はインフルエンザワクチンが不足し、一部の診療機関ではインフルエンザワクチンの接種ができない事態となりました。なぜインフルエンザワクチンが不足してしまったのでしょうか?インフルエンザワクチンの型の決定から製造までのことをおおよそ知っておくと、インフルエンザワクチン不足について理解が進むでしょう。以下の記事で詳しく紹介しています。

記事:インフルエンザワクチンの型はいつ決まる?製造は?不足する?

インフルエンザの予防接種は効果ない?時期は?2回接種する?

インフルエンザは感染力が強いため、日本では感染拡大を抑えるために流行期よりも前にインフルエンザの予防接種を受けることが推奨されています。しかし、予防接種を受けてもインフルエンザに感染して発症してしまうことがあります。予防接種の効果は無いのでしょうか?事前に流行するインフルエンザの型を予測して、それに対応するワクチンを製造しますが、型の予測が当たった場合でも、予防接種をすれば必ず防げるわけではありません。統計的には予防接種をした方がインフルエンザにかかる確率を低くできることは分かっています。さらに予防接種を受けた方がインフルエンザにかかった時の症状が軽くなることも多いようです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

記事:インフルエンザの予防接種は効果ない?時期は?2回接種する?


スポンサードリンク

インフルエンザの感染を予防する方法 飛沫から?予防接種は?

インフルエンザの感染者1人から2人に感染すると、感染者は指数的に増えていくことになり、ある人数を超えるとパンデミックになります。このことを考えても、感染を防ぐことが非常に大切であることがわかります。例えば、電車の中にインフルエンザの感染者がいた場合、その車両中の人にすぐに感染してしまうのでしょうか?インフルエンザは飛沫感染で広がることが多いので、感染者の飛沫に接触しなければ感染する可能性はほとんどありません。飛沫感染を想定した効果的な感染予防方法を実践しましょう。以下の記事で詳しく紹介しています。

記事:インフルエンザの感染を予防する方法 飛沫から?予防接種は?

子供がインフルエンザになった時に病院にいくタイミング

インフルエンザが流行する時期に子供が発熱し始めたら、インフルエンザに感染した可能性が高いです。インフルエンザに感染したことを確認するには、医療機関で検査を受ける必要があります。ほとんどの学校でインフルエンザを発症した場合は、一定の期間の出席停止措置が取られていますし、インフルエンザであれば特効薬が使えますので、インフルエンザの検査を受ける意義があります。しかし、インフルエンザは発症から12時間以上経たないと検査しても判定できません。したがって、子供が発熱し始めてもすぐに医療機関にはいかず、しばらく安静にして、しばらく時間が経ってから医療機関に行った方が良いでしょう。以下の記事で詳しく紹介しています。

記事:子供がインフルエンザになった時に病院にいくタイミング

インフルエンザで学校は出席停止?親は薬がもらえる?診断書は?

学校保健安全法という法律があり、インフルエンザを発症すると学生は出席停止になります。「発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては3日)を経過するまで」が出席停止期間となります。通学は、電車などの公共の交通機関を利用するケースも多いため、インフルエンザを発症してしまった場合には出席停止の措置も止むを得ないと言えるでしょう。出席停止になった学生は自宅で安静にしていることになりますが、その場合は同居する家族が居れば感染する危険があります。特に看病する親はインフルエンザの薬をもらうことができるのでしょうか?以下の記事で詳しく紹介しています。

記事:インフルエンザで学校は出席停止?親は薬がもらえる?診断書は?

高齢者がインフルエンザになると重症化しやすい?予防接種は?

インフルエンザは、インフルエンザウイルスに感染することによって引き起こされる感染症で、一般に急激な38℃以上の発熱、関節・筋肉痛、頭痛、全身倦怠感、食欲不振などが現れます。体力が弱い高齢者がインフルエンザを発症し、これらの症状が出るだけでも辛いですが、糖尿病、呼吸器系、心臓などに持病があると重症化しやすく大変危険です。高齢者はインフルエンザの予防接種を受けるべきなのでしょうか?また予防接種以外には、インフルエンザを予防する方法として何をするのが有効なのでしょうか?以下の記事で詳しく紹介しています。

記事:高齢者がインフルエンザになると重症化しやすい?予防接種は?

加湿器はウイルスの繁殖を抑える効果がある!インフルエンザ予防に!

毎年日本ではインフルエンザが流行します。高温多湿の夏にインフルエンザが流行せずに、低温低湿の冬に感染が広がって流行することから、インフルエンザウイルスが低温度・低湿度を好むことがわかります。インフルエンザは飛沫感染で広がりますので、室内を暖房し、さらに加湿することで空気中に浮遊するインフルエンザを撃退することができます。空気中に飛び出したインフルエンザウイルスは、室温が20.5-24度の場合、湿度が40%未満では6時間後でも50%以上が生き残りますが、湿度が50%以上になるとほとんどのインフルエンザウイルスが死滅するとのことです。詳しくは以下の記事で紹介しています。

記事:加湿器はウイルスの繁殖を抑える効果がある!インフルエンザ予防に!

まとめ

インフルエンザのワクチン製造、予防接種、感染予防、発症した時の医療機関にいくタイミングなど、役立つ情報をまとめました。これらの知識を基に、上手にインフルエンザに対処しましょう。

スポンサードリンク


-まとめ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

糖質制限ダイエットのことが分かるまとめ

スポンサードリンク 無理せず効果が出やすいダイエット法として、糖質制限ダイエットは人気です。なぜ無理なく痩せられるのか?それは合理的な方法だからでしょう。糖質制限ダイエットについてまとめました。 …

入間基地航空祭のまとめ

スポンサードリンク 埼玉県狭山市と入間市にまたがって位置している航空自衛隊入間基地。ここで毎年11月3日の文化の日に開催される入間航空祭は、都心からのアクセスも良く、ブルーインパルスのアクロバット …

紫外線・日焼け対策のことが分かるまとめ

スポンサードリンク 気温が高くなってくると、いろいろなところへ出かけたり、アウトドアでアクティブに活動する機会が増えますね。そんな時に紫外線・日焼け対策は十分にやっておいた方が良いでしょう。紫外線 …

カーナビについてのまとめ

スポンサードリンク カーナビはかなり普及し、レンタカーにも装備されていることが多くなりました。またスマホのカーナビソフトも登場し、車載専用のカーナビではなく、スマホをカーナビとして使用する人も増え …

車の安全装置・交通事故対策のまとめ

スポンサードリンク 悲惨な交通事故を防ぐために多くの人々が長年努力しています。そのお陰で着実に交通事故死亡者は年々減少し続けています。交通事故にはヒューマンエラーによるものが多数ありますが、人間が …

最近のコメント