イベント

暑中見舞いの意味 送る時期 返事はどうする?

投稿日:2017年5月2日 更新日:

日本では夏になると暑中見舞いを送る文化・習慣があります。

恥をかかないように、基本的なポイントを押さえておきたいですね。

以下に紹介します。

スポンサードリンク
  

暑中見舞いとはどのような意味?

「暑中見舞い」とは、暑さが厳しくなる夏の時期に送る挨拶状です。普段なかなか会えない方や、お世話になっている方などに送ります。

江戸時代から始まった習慣と言われており、かつては物を贈ったりしていたようですが、明治になって郵便制度が生まれてからは挨拶状を送る習慣として定着したようです。

その根本には、「一年でもっとも暑さが厳しい時期に相手の健康を気にかけて送る」という考え方があります。

その意味では「残暑見舞い」も同様ですが、暑さのピークを過ぎて、まだ暑いけれども秋が近づいているという時期に出すという点が「暑中見舞い」とは異なります。

暑中見舞いを送る時期は?

暑中見舞は、「二十四節気」の小暑(2017年は7月7日。年により異なる)~立秋(2017年は8月7日。年により異なる)までに送るのが通例です。

スポンサードリンク

また残暑見舞は、立秋(2017年は8月7日。年により異なる)~8月末までに送るようにします。

時期についてはそれほど厳格ではないようですが、8月7日以降は残暑見舞いということだけ注意すれば良いでしょう。

ちなみにお中元をもらった返礼として「暑中見舞い」「残暑見舞い」を送ることもよくあります。その時もどちらにするかは前述のように判断しましょう。

暑中見舞いをもらったらどうする?

自分が送る前に、先に暑中見舞いを受け取ってしまったらどうすれば良いでしょうか?

暑中見舞いが「季節の挨拶」であることを考えれば、すぐに暑中見舞いを送るべきでしょう。時期によっては残暑見舞いとなります。

つまり、「挨拶」ですので、挨拶を受け取っておいてこちらからは挨拶しないというのは失礼にあたるわけです。

また喪中の際に寒中見舞いを送るように、暑中見舞いや残暑見舞いは喪中の方に送っても大丈夫です。

しかし、四十九日が済んでいない内に送るのは早過ぎるようですし、絵柄や文面にも配慮した方が良いでしょう。

あまり重い内容になり過ぎないようにしましょう。

まとめ

1.暑中見舞いは、一年でもっとも暑さの厳しい時期に、相手の身体のことを気遣って送る季節の挨拶です、

2.8月7日を過ぎたら残暑見舞いになります。

3.暑中見舞いをもらったら暑中見舞いあるいは残暑見舞いを送りしましょう。

スポンサードリンク


-イベント
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

小学校の入学祝いに鉛筆をプレゼント?名入れは?濃さは?

スポンサードリンク 甥・姪、孫が小学校に入学するというのは嬉しいことですね。子供の成長を実感する瞬間でもあります。入学をお祝いして何を贈ろうか悩みますね。入学祝いの贈り物として、鉛筆はよく選ばれま …

皇居一般参賀のまとめ

スポンサードリンク 毎年、皇居での一般参賀がテレビのニュースなどで放映されています。日本人には馴染み深い行事ですが、実際に皇居に行って一般参賀に参加したことはありますか?平成という時代が終わる節目 …

皇居一般参賀は混雑する?初めてならバスツアーもあり?

スポンサードリンク 毎年、皇居での一般参賀がテレビのニュースなどで報道されます。一度は一般参賀に行ってみたいと思いながら、機会がなくて行っていなかった人も、令和になってから最初の新年一般参賀に行こ …

春財布は縁起が良い?使い始めは?金運が上がる?色は?

スポンサードリンク まだまだ寒くても、新年を迎えると気分を一新して、晴れやかな気持ちで動き出したくなりますね。そんな新春の時期に新しい財布を使い始める方々がいらっしゃいます。いわゆる「春財布」とし …

お中元は誰に贈る?いつ?注意すべきことは?

スポンサードリンク お中元は日本の伝統的な習慣です。 正しい知識に基づいてお中元を贈れば、人と人の絆を深めることができるでしょう。 重要なポイントを以下に紹介します。 スポンサードリンク 関連

最近のコメント