日焼け後のケアのまとめ!しっかりやれば差がつきます!

紫外線・日焼け

肌のことを考えると日焼けをしない方が良いことは多くの方がご存知でしょう。しかし、全く屋外に出ない人も珍しく、ほとんどの人は多かれ少なかれ紫外線を浴びて日焼けしてしまいます。休日にアウトドアで楽しむ時に紫外線対策をしていても、気がつくと日焼けしてしまっていることもあるでしょう。日焼け後のケアについて紹介します。

スポンサードリンク

注目!!
▼▼紫外線・日焼け対策の情報はこちら▼▼
紫外線・日焼け対策のことがわかるまとめ

日焼け後のケアはまず冷やす

日焼けをしてしまったら、通常は日焼けしたところが火照っているので、まず冷やしましょう。日焼けは火傷の一種ですので、冷やして熱を冷ますことが重要です。火傷した時は、その原因となった熱源を遠ざけても身体の中に「熱」が残ってしまいます。そのままにしておくと、熱が周囲の細胞にもダメージを与え、痛みも強くなります。冷やすことでこの「熱」を奪い取ることができます。日焼け後は火傷と同じで、肌にかなりダメージが残っていますので、こすったり、叩いたりするのはやめましょう。

次に日焼けの状態を観察しましょう。堪え難いほど痛みがあったり、水ぶくれができているような状態であれば、かなり重い火傷です。病院に行って診察を受けた方が良いでしょう。堪え難いほどひどくはないけれど、ヒリヒリして火照っている場合は、火傷用の軟膏を塗りましょう。火照りは無いけれど日焼けしてしまったという場合は、化粧水をつけて水分補給しましょう。

日焼け後のケアは水分補給・栄養・睡眠が大切

日焼け後は水分が不足しがちですので、しっかり水分補給しましょう。化粧水で外側から水分を補給するだけでなく、水分を摂取して、内側から補給することが大切です。

また日焼け後の肌を修復するためには、栄養が必要です。バランスよく十分な栄養を摂取することが大切です。特に日焼け後には、たんぱく質、亜鉛、ビタミンCが効き目があります。タンパク質は、肌だけでなく身体を作るために必要です。亜鉛は新陳代謝を活発にし、メラニン色素を早く取り除いてくれます。ビタミンCは、メラニン色素を分解してくれます。

これらの栄養をしっかり摂って、睡眠時間もしっかり確保することがポイントです。肌は寝ている間に修復されるからです。


スポンサードリンク

日焼け後のケアで注意すべきこと

日焼けしてしまった翌日から注意すべきことは、日焼けした肌をさらに日焼けしないこと。日焼けした肌はダメージを受けていますので、さらに紫外線を浴びればダメージがひどくなります。基本的には紫外線の強い時間帯に、紫外線を浴びるような場所に行かないことがもっとも効果的です。

しかし、どうしても紫外線を浴びるような場所に行かなければならない場合は、肌を隠すような衣類を身につける、日焼け止めを塗るなどの対策が必要でしょう。日焼け止めは、塗ってからある程度時間が経ったら必ず塗り直しましょう。時間とともに必ず効果が落ちてしまいますので。ただし、日焼けの程度がひどい場合は日焼け止めを塗ることも肌に良く無いので、肌を隠すようにした方が良いでしょう。

まとめ

1.日焼けは火傷と同じ。まずは冷やすこと。

2.日焼け後のケアは、水分補給・栄養・睡眠が大切。

3.日焼けした肌をさらに日焼けしないように注意すること。

▼▼紫外線・日焼け対策の情報はこちら▼▼
紫外線・日焼け対策のことがわかるまとめ

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました