コーヒーの美味しさを知ろう! 豆から自分で入れる方法

ライフ

スターバックスやタリーズ、ドトールなどのお店がいろいろな所にあることからも、多くの人がコーヒーを楽しんでいることがわかります。

最近ではコンビニエンスストアのコーヒーも美味しくなり、割安で人気が出ています。

ところで本当のコーヒーの美味しさをご存知ですか?初心者のためのコーヒーの手軽な美味しい入れ方を紹介します。

スポンサードリンク
  

コーヒーが美味しいお店で味わうのが第一歩

私が子供の頃は、両親がお茶が好きだったので、ほとんどコーヒーを飲んだ記憶がありません。

たまに家に置いてあったインスタントコーヒーを飲んでいた程度です。

つまり、コーヒーの味は「インスタントコーヒーの味」という認識だったのです。

大学生になって、友達の家に遊びに行った時に、コーヒーメーカーで入れてくれたコーヒーを飲んで「コーヒーはこんなに濃い味なんだ!」と思いました。その時のコーヒーが少し濃い目だったのです。

このようにコーヒーの味というものは自分で体験して見なければ知ることができないという事実があります。これは他の飲み物・食べ物でも同じでしょう。

インスタントコーヒーはインスタントなりの良さはあるとは思いますが、飲む時に豆を挽いて入れるコーヒーはもっと味わい深いものです。

そんなこともやはり実際に飲んで見なければ分からないでしょう。

冒頭でも書きましたように、今はあちこちにコーヒーのお店がありますので、まずはコーヒー専門店でコーヒーを飲んでみましょう。

美味しいコーヒー豆を買って自分で入れてみましょう

コーヒー専門店でゆっくりコーヒーを味わうのも楽しいですね。しかし、毎日行くのも時間的にも経済的にも大変ですし、朝起きたら自宅で美味しいコーヒーを飲みたいものです。

好きなコーヒー専門店で、美味しいと思ったコーヒー豆を買って、自分でコーヒーを入れてみましょう。

スポンサードリンク

まずはそんなに大袈裟な器具を買わなくても、ドリッパーとペーパーフィルターを買ってくればカップの上に乗せて簡単に入れられます。どちらも100円ショップで売っていますので、そんなにお金もかかりません。

ポイントはコーヒー専門店で豆を買う時に、「ペーパーフィルター用に挽いてください」と言って細かくコーヒー豆を挽いてもらうこと。これならばお湯を注ぐだけで簡単に入れられます。

コーヒー豆を取り出したら、しっかり封をしておきましょう。

自分で入れたコーヒーは美味しいでしょう。私もしばらくこれだけでコーヒーを楽しんでいました。

しかし、コーヒーを飲み慣れてくると、飲むペースにもよりますが、時間とともにコーヒーの香りがなくなってしまうことに気がつくでしょう。

ペーパーフィルター用に細かく挽くと、表面積が大きくなりますので、香りが飛ぶのが早まってしまいます。それは飲み始めの時の味と香りを覚えておけばすぐに気がつくことです。

やはり、飲む時に豆を挽いて、コーヒーを入れる方法の方が当たり前ですが、本来のコーヒーの味と香りを楽しめます。

そんな違いが分かるようになったらいよいよコーヒー豆を挽くためのミルを買うのが良いでしょう。

飲む前に挽くだけで、コーヒー本来の香りがしてきて、それだけで「買ってよかった!」という気持ちになります。

コーヒーのブレンドからストレートへ

コーヒー専門店で楽しめるコーヒーにはブレンドとストレートがあります。

ブレンドは数種類のコーヒー豆をそれぞれのコンセプトに合うように組み合わせたもので、多くの専門店でオリジナルのブレンドが販売されています。

比較的飲みやすく、まずはブレンドが体験してみるのが良いでしょう。

私もいくつかのお気に入りブレンドがあり、よく専門店で買っています。

ある程度の種類のブレンドを楽しんだら、次にストレートのコーヒーをお店で飲んでみましょう。

ブレンドに比べるとピュアな味わいで、コーヒー豆の個性がよく分かります。

色々なストレートのコーヒーを試してみて、その時の自分の気分にあったコーヒーを選べるようになればかなりのコーヒー通でしょう。

奥の深いコーヒーの世界をどうぞお楽しみください。

まとめ

1.美味しいコーヒーを専門店で体験してみましょう。

2.コーヒー豆を買って自分で入れてみましょう。

3.ブレンドだけでなくストレートも試してみましょう。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました