お盆にお供え物をする意味 きゅうり・なす 下げた後

イベント

日本ではお盆にお供え物をする習慣があります。

そのため子供の頃から何となくお盆にお供え物をすることを知っていても、実際に自分でお供え物を用意しようとすると、どのようにするのが良くて、何がダメなのかよくわからなかったりします。

そんな方のために、お盆のお供え物について紹介します。

スポンサードリンク
  

お盆にお供え物をする意味は?

まず「お盆」とは、夏に行われるご先祖様や亡くなった方々を供養する一連の行事のことです。

かつては太陰暦の7月15日を中心とした時期に行われることが多かったようですが、最近は太陽暦の8月15日を中心とした時期に行われることが多くなっています。地域差もあります。

お盆の時期にご先祖様や亡くなられた方々の霊が家に帰ってくるという考えが根本にありますので、お供え物は「ご先祖様や亡くなられた方々」をお迎えして供養するために捧げるためのものです。

お盆のお供え物にはきゅうり・なすが良いの?

お盆のお供え物として、伝統的にきゅうりやなすに割り箸を刺したお供え物があります。これらはきゅうりを馬に、なすを牛に見立てた物で、「精霊馬」と呼ばれています。

スポンサードリンク

ご先祖様や亡くなられた方々があの世から帰ってくる時は足の速い馬で、あの世に戻る時は足の遅い牛に乗って行ってくださいという願いが込められています。

この精霊馬以外のものをお供えしてはいけないという意味ではなく、供養のためにご先祖様や亡くなられた方々が好きだったものを中心に、心を込めて選ぶのが基本です。

代表的なものは、お菓子、果物、飲み物です。

お供え物を贈る時は「のし」や「掛け紙」を付けましょう。表書きには「御供」と書きます。また現金を贈る場合には「御仏前」と書きます。

お供えする時は、箱に入ったままお盆の間に置いておくのではなく、お供えした物がどんな物か分かるように、すぐに食べられる状態でお供えしましょう。

お盆にお供えした物はどうすれば良いの?

お供えした物は、その後下げて、無駄にならないように家族で食べるのが本来のやり方です。

ご先祖様や亡くなられた方々と「一緒にいただく」という意味もあります。

最近では実家の負担を減らすという考え方で、お金をお供え物として贈る人も増えています。そのような場合は、お供えした後に使って構いません。

お供え物についての考え方・風習には、地域差・家庭による差が大きいため、相手方と相談しながら決められれば安心です。

まとめ

1.お盆にお供え物をするのは、家に帰ってくるご先祖様や亡くなられた方々を供養するため。

2.お供え物はご先祖様や亡くなられた方々が好きなものが良く、お菓子、果物、飲み物が代表的。

3.お供えした物は後で下げて、家族でいただくのが本来のやり方。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました