MacBookのことが分かるまとめ

まとめ

最近は周囲の人でもAppleのMacBookを使っている人が増えてきました。近所のカフェなどにも多数MacBookユーザーがいます。私も仕事では長年PanasonicのLet’s Noteを使っていますが、プライベートでは約1年半前にMacBook Proを使い始めました。美しいデザインと高画質なディスプレイ、iPhone、iPad、Apple Watchなどとの連携が本当に魅力的です。MacBookについてのちょっとしたことをまとめてみました。

スポンサードリンク

MacBook Proを初めて購入 Windowsユーザーでも使える?

1980年代から長年Windowsパソコンを使い続けてきた私にとっては、プレイベート用のパソコンを初めてMacBookにすることはそれなりに不安を感じました。「本当にMacBookを使いこなせるのか?」「MacBookではできないことがあるのではないか?」というような不安です。仕事で長年Windowsパソコンを使っていたのは、かつてはMacで作った文書ファイルや種々のファイルがWindowsパソコンでは正しく開けないことが多く、さらに仕事上でやり取りする相手からはWindowsパソコンで使用するソフトウェアを指定されることがあったためです。しかし、かなり前からMacBookでもOfficeが使えるようになりましたし、ほとんどのことがMacBook上でも問題なくできます。ある程度使い続ければ、慣れてきますので問題なく使いこなせます。WindowsパソコンからMacBookに転向したことについて、以下の記事にまとめました。

関連記事:MacBook Proを初めて購入 Windowsユーザーでも使える?

MacBook Proのディスプレイが故障した時の対処法は?

ノートパソコンを長く使っていると、何らかの故障が発生することがあります。高性能の機器でありながら、あれほど薄型・軽量化し、実際にカバンに入れて持ち運びすると、力や衝撃が加わりますので、止むを得ないような気もします。いくつかある故障事例の中で、MacBook Proのディスプレイが故障して映らなくなる事例が案外あるようです。実際、我が家でも息子のMacBook Proのディスプレイが映らなくなりました。電源が入り、MacBook Proを起動できるのにディスプレイだけが故障している状況となると、何らかのケーブルでテレビなどど接続すればMacBook Proの状況をもう少し把握することができますし、バックアップを取ることもできるでしょう。MacBook Proはモデルによって接続可能なインターフェイスのコネクターが異なりますので、どのように接続するかを考える必要があります。実際に接続してみましたので以下の記事に紹介しました。

関連記事:MacBook Proのディスプレイが故障した時の対処法は?


スポンサードリンク

CDから音楽をパソコンへ取り込む方法!MacBook Proの場合

音楽を購入して機器へダウンロードできるサービスが普及し、音楽CDの販売は低迷しています。それでも自宅に多数の音楽CDを所有している方もまだまだいらっしゃるでしょう。私もその一人です。現在は、CDからMacBookに簡単に音楽が取り込めますので、取り込んしまって音楽CDを処分してしまえば狭い部屋も広く使えます。またiPhoneやiPadにMacBookから音楽を転送できますので、日常生活の中でもっと音楽を気軽に楽しめるようになるでしょう。音楽CDからMacBook Proへ音楽を取り込む方法について以下の記事に紹介しました。

関連記事:CDから音楽をパソコンへ取り込む方法!MacBook Proの場合

MacBook ProからiPhoneに音楽を転送する方法!簡単にできます!

CDからMacBook Proに取り込んだ音楽をiPhoneやiPadに転送してすることができます。iPhoneやiPadならば、MacBookよりも気軽に移動中や外出先で音楽を楽しむことができますので、便利ですね。MacBookからこれらの機器に転送できることは知っていても、実際にやろうとすると方法がよくわからなくて戸惑うことがあるかもしれません。最近は音楽を購入しても、ダウンロードして直接iPhoneやiPadに入れてしまうことが多いので、無理もありません。MacBook Proから取り込んだ音楽をiPhoneやiPadに転送する方法について以下の記事に紹介しました。

関連記事:MacBook ProからiPhoneに音楽を転送する方法!簡単にできます!

MacBookがフリーズした時の対処方法!頻繁に起こる場合は?

AppleのMacBook Proの2016年モデルを愛用しています。いつも使い終わった時に毎回MacBookを終了させるわけではなく、ディスプレイ部分を閉じて、サスペンドの状態にしています。先日、使っていたらフリーズしてしまいました。こんな時はどうすれば良いのでしょうか?

まず[command]+[option]+[esc]を同時に押しましょう。開いたウインドウの中からフリーズした時に使用していたアプリケーションを[強制終了]させます。それでフリーズが解消し、復帰できればそのまま使えます。しかし、この方法で解決しない時にはMacBookの再起動あるいはシャットダウンをすることになるでしょう。

マウスが使用できるようであれば、画面左上のアップルマークのボタンから再起動あるいはシステム終了を選択しましょう。アップルマークボタンが機能せず、再起動あるいはシステム終了が選択できない場合はこの方法では対処できないことになります。

上記の方法がダメであれば、パワーボタンを数秒間押し続けて、電源を強制的に切ることになります。この方法はMacBookにダメージを与える可能性があるため、頻繁に行うことは推奨されません。上記の方法で解決しない場合の最後の手段とし、再起動後にMacBookに異常が無いか確認するようにしましょう。

関連記事:MacBookがフリーズした時の対処方法!頻繁に起こる場合は?

MacBookが起動しない場合の対処法!

MacBookの電源ボタンを押しても何の反応もなかったり、起動中に停止してしまい、起動できないケースが報告されています。このようなケースでは、ハードウェアやmacOSに問題が発生している可能性があります。簡単に解決できることもありますし、修理に出さないと解決できないこともあります。どうしたら良いでしょうか?

単純にMacBookのバッテリーが空になっていることが原因で起動できないことがあります。電源アダプターおよびケーブルを、それぞれしっかり接続しましょう。この時に電源アダプターやケーブルをしっかり接続したのに、MacBookが充電できないことがあります。そのようなケースでは、電源アダプターとケーブルを一旦外し、1分程度放置してから再度接続してみましょう。

それでも充電できない場合は、電源アダプターあるいはケーブルが破損している可能性があります。まずそれらをよく見て、外観からどこかが破損していないか確認しましょう。

電源周りに異常が無く、バッテリーを充電しても起動しない場合は、電源ケーブル以外の他のケーブルやUSB機器が接続していないかを確認しましょう。プリンターやUSBメモリなどが接続されているようでしたら、それらを外し、電源ケーブルのみの接続とします。その状態で起動すれば、接続していた他の機器に原因がある可能性があります。

これでも起動できない場合は、「NVRAMおよびPRAMをリセットする」「SMCをリセットする」などの行うと解決することもあります。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:MacBookが起動しない場合の対処法!電源まわりの確認から

MacBookでデスクトップを表示する方法とウインドウを切り替え

MacBookを使う時に多くの人が複数のアプリケーションを使い、複数のウインドウを同時に開いているでしょう。そのため使用するウインドウを切り替する、デスクトップを表示するなどの操作を手早くできることが、スピーディに使いこなすために必要になります。

複数のアプリケーションのウインドウが開いている状況から、一気にデスクトップを表示することのできる操作は、[fn]+[F11]です。Touch Bar搭載のMacBook Proでは、[fn]キーを押すとTouch Barにファンクションキーが表示されますので、[fn]キーを押したまま[F11]を押します。

MacBookで同時に複数のアプリケーションを起動し、複数のウインドウを開いていると、それぞれのウインドウ間を素早く行き来できるかどうかで、操作の効率にかなり差が出ます。そこでおすすめなのは以下の「Mission Control」の活用です。画面下部のDockに「Mission Control」を追加しておくと、これをクリックするだけで現在開いているウインドウを一覧でき、そこから見たいウインドウを選択できますので便利です。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:MacBookでデスクトップを表示する方法とウインドウを切り替え

ノートパソコン買うならばSSDとHDDのどちらを選ぶべきか?

Appleの現在販売中のMacBookについては、すでにすべてSSD搭載機種になりましたので、SSDとHDDについて悩む必要はなくなりました。中古のMacBookを購入したりする場合は、まだHDDモデルが販売されている可能性があります。また現在販売中のSSD搭載モデルの特徴を理解する意味でも、SSDとHDDの特徴について知っておいた方が良いでしょう。SSDとHDDの比較について以下の記事に紹介しました。

関連記事:ノートパソコン買うならばSSDとHDDのどちらを選ぶべきか?

MacBookにGoogle日本語入力をインストールして使ってみた!

MacBookを使っていて少々辛く感じるのが日本語入力です。日本語は難しいので、米国メーカーが作ったパソコンの日本語入力が力不足でも止むを得ない気もしますが、頻繁に使用するものですので困ります。実はGoogleが提供する「Google日本語入力」アプリをインストールすると、断然日本語入力が使いやすくなります。世界一の検索エンジンを開発したGoogleが、検索を通じで得られた情報・ノウハウを基に開発したものですので、レベルが高いです。これが無料ということも驚きです。Google日本語入力について以下の記事に紹介しました。

関連記事:MacBookにGoogle日本語入力をインストールして使ってみた!

メモアプリをMacとiPhoneで活用する!iPadもOK!

MacBook、iPhone、iPadのすべてでメモアプリが使えます。iCloudを介して、同じメモを共有できるのが魅力的です。MacBookを使って大事なことをメモしておいて、外出先でiPhoneやiPadで確認するということが可能です。忘れないようにメモするということは基本的な使い方ですが、自分の目標や計画などを記しておいて、毎日それを見て確認することもできます。実はこれこそが自分の夢や願望を実現するための秘訣です。そう考えると、メモアプリはものすごい価値のあるアプリかもしれません。メモアプリについて以下の記事に紹介しました。

関連記事:メモアプリをMacとiPhoneで活用する!iPadもOK!

AirDropの使い方でiPhoneとiPadとMacBook間の送受信の方法

AppleのiPhone、iPad、MacBookの魅力の一つは、それぞれの機器が連携できることです。iCloudを介して写真や音楽などの共有などもできます。しかし、自分のiPhone、iPad、MacBookだけでなく、周囲の他の人のiPhone、iPad、MacBookなどともファイルや写真などを送受信しようとした場合、断然AirDropが便利です。比較的大きなファイルでもパケットを容量を気にせずに送れますし、相手のメールアドレスなどが分からなくても問題ありません。そんな便利なAirDropについて以下の記事に紹介しました。

関連記事:AirDropの使い方でiPhoneとiPadとMacBook間の送受信の方法

MacBookのUSB-Cは不便?おすすめのハブは?

Appleが2015年に発売したMacBookは、インターフェイスとなるポートを「USB-Cポート1個」に統合した思い切った設計を採用しました。ノートパソコンにいろいろなケーブル等を接続できるように、複数種類のポートを装備すると、そのポートの大きさがノートパソコンの薄型化を制限する要因となります。何らかのポートを省略すれば、薄型化が容易となり、デザイン、コストの点において有利になるのですが、「アナログRGBケーブルが接続できない」などの困る場面が多くなります。そのようなジレンマがある状況下で、AppleがUSB-CのみにしたことはAppleらしいですが、実際のところ不便ではないのでしょうか?以下の記事に紹介しました。

関連記事:MacBookのUSB-Cは不便?おすすめのハブは?

MacBook ProのThunderbolt 3 USB-Cとは?おすすめのハブは?

Appleのノートパソコンの最高峰であるMacBook Proは、Thunderbolt 3のポートとヘッドホンジャックのみがインターフェイスとして用意されています。前者はAppleのホームページで「Thunderbolt 3(USB-C)ポート」と表記されていますが、MacBookの「USB-Cポート」とは何が違うのでしょうか?USB-CとはUSB用のケーブル・ポートのコネクターの規格のことで、上記のポートはこのコネクター規格に対応するものということです。ThunderboltはIntelとAppleが共同開発したもので、その後バージョンアップを繰り返してThunderbolt 3となりました。詳細は以下の記事に紹介しました。

関連記事:MacBook ProのThunderbolt 3 USB-Cとは?おすすめのハブは?

MacBookで音声入力を使って文章を効率よく書く方法

MacBookには使いやすいキーボードがありますので、素早く文字を入力できます。案外活用されていないのがMacBookの音声入力です。自宅で長時間キーボードから文字入力をしていると疲れてくることがあります。そんな時は文字入力を使うと手を休ませることができますので、助かります。音声認識と文字変換もかなりレベルが高いので、使ってみると非常に便利なことが分かります。慣れてくると、キーボード入力を組み合わせて使ってみるのもよいでしょう。MacBookでの音声入力の方法など、詳細は以下の記事に紹介しました。

関連記事:MacBookで音声入力を使って文章を効率よく書く方法

iPhoneとMacBookでカレンダーを同期する方法

MacBookとiPhone、iPadにはカレンダーアプリが標準でインストールされています。これらはiCloudを介して同期させることができます。MacBookだけでなくiPhoneやiPadも使っているユーザーは多いと思いますが、複数の機器間で同じカレンダーを共有できるということは非常に嬉しい機能です。キーボードが得意であれば、いつもはスケジュールをMacBookから入力しているでしょう。しかし、外出中に電話やメールで相手とやり取りして新しい予定が決まったら、すぐにiPhoneあるいはiPadなどからカレンダーアプリでスケジュールを修正することができます。詳細は以下の記事に紹介しました。

関連記事:iPhoneとMacBookでカレンダーを同期する方法

MacBook Proのバックアップを外付けHDDにとりましょう!

MacBook Proを使っていると、徐々に大切なデータが蓄積されてきますので、バックアップをとった方が良いでしょう。また何らかの不具合が発生し、修理を依頼する場合も、通常はデータのバックアップを事前に行うことを求められます。不具合はいつ発生するかわかりませんので、データをバックアップする方法を知っておく必要があります。

MacBookでは、バックアップをとるためのツールとして「Time Machine」が用意されています。外付けHDDを接続し、Time Machineを使えば簡単にバックアップをとることができます。

Time Machineでは、バックアップを行った日時のMacBookの中身が記録されますが、使用しているMacBookのストレージ容量の数倍程度の容量がある外付けストレージを使うようにすれば、複数の日時の状態のバックアップが取れますのでファイルを上書きしてしまっても任意の時点のものに戻すことができて便利です。外付けHDDは万が一の時のバックアップを残すものですので、耐久性が高い機種を選ぶようにしましょう。詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:MacBook Proのバックアップを外付けHDDにとりましょう!

パソコンの指紋認証は便利!対応機種も増加!外付けも可能!

パソコンはセキュリティの関係上、起動時やある程度操作しないでいた際にパスワードロックがかかり、パスワードを入力しないと使用できなくなります。これは必要な機能ですが、あまりに頻繁にパスワードの入力を求められると、面倒に感じます。そのため最近は指紋認証のシステムを装備したノートパソコンが増えています。

私は2016年モデルのMacBook Proを購入しました。初めて有機ELのTouch Barを搭載したモデルです。そのため当時は有機ELのTouch Barが話題になっていましたので購入するまで指紋認証については気が付きませんでした。そして実際に使い始めた時に指紋認証の便利さに感動しました!これは本当に便利で、使い始めるとこれ無しでは耐え難いです!詳しくは以下の記事で紹介しています。

関連記事:パソコンの指紋認証は便利!対応機種も増加!外付けも可能!

まとめ

おしゃれで高性能なMacBookについて役立つ情報をまとめてみました。思う存分MacBookを使いこなしましょう!

スポンサードリンク


コメント

タイトルとURLをコピーしました