iPhoneのカーソル移動と文字入力を簡単にする方法

iPhone

iPhoneは使いこなすほど、その優れた性能と便利さに感動してしまいます。日本でもスマホでトップシェアであることも納得です。

幅広い年齢層に使われていますが、ある程度の年齢以上の方々にとっては、iPhoneの小さなキーボードから文字入力するのを面倒に感じる人も多いようです。iPhoneの文字入力が簡単になる方法を紹介します。

スポンサードリンク

注目!
▼▼iPhoneの知っておくと便利なことはこちら▼▼
iPhoneのアクセサリーとアプリと知っておくと便利なことまとめ

iPhoneのカーソル移動は3D Touchで!

iPhoneでメールやメモアプリで文章を書いている時、やり難くて困るのがすでに入力した文章中の特定の部分にカーソルを移動することです。文字入力の時には誰でも入力ミスはありますし、一旦書いた文章を後から修正したいこともあります。そんな時に簡単に特定の場所へカーソルを移動できないと困りますね。

そこでおすすめなのが、iPhoneのキーボード部分をトラックパッドのように使う方法です。

キーボードを3D Touchで押し込むと、キーボード部分の文字が消えます。そうすると、キーボードであった部分がトラックパッドのように使えます。ここで指を動かして動かしたい場所にカーソルを移動させます。

押し込んでいる指を戻すと、すぐにキーボードに戻ります。そのためカーソルを動かす時は3D Touchで押し込んだまま動かすようにしましょう。

iPhoneの文字入力はカーソルが使えれば簡単!

iPhoneのキーボードから文字入力することを面倒に感じる方は、一度、音声入力を試してみることをおすすめします。技術の進歩により、音声認識の精度がかなり高くなっていますし、文字入力のソフトの能力も高いので、かなり使えます。しかし、もちろん完璧ということはなく、変換ミスなどが発生します。ここで役立つのが前述の3D Touchによるカーソル移動です。

画面をタップしてカーソルを移動させようとすると、思ったところにカーソルを移動させるのが難しく、イライラします。実は私は、3D Touchによるカーソルの移動方法を知る前は、音声入力後の修正でカーソルをタップで置くのが面倒で、音声入力を止めてしまいました。3D Touchによるカーソル移動があればこそ、音声入力も活きてきます。


スポンサードリンク

iPhoneの文字入力時のキーボードの切り替え方法

音声入力でも、キーボードからの入力でも、日本語で入力するのか、英文で入力するのかを選択する必要があります。iPhoneの場合、キーボードの左下にある地球儀のマークのキーをタップすることで切り替えられます。しかし、希望するモードにするために何度もタップしないといけないので、少々面倒です。特に日本語中に半角英数での入力が混ざる場合は、モードの切替がとても面倒に感じます。

実は、前述の地球儀のマークを長押しすると、キーボードのモードが一覧できます。[日本語かな]、[日本語ローマ字]、[絵文字]、[English (Japan)]の中から、希望するモードをすぐに選べますので便利です。

まとめ

iPhoneで文字入力を簡単にするたもの方法を紹介しました。これらを使うだけで、格段にスピードもアップするでしょう。

▼▼iPhoneの知っておくと便利なことはこちら▼▼
iPhoneのアクセサリーとアプリと知っておくと便利なことまとめ

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました