iPhone

iPhoneのバッテリーが少ない時の対処方法!長持ちさせる!

投稿日:2018年6月26日 更新日:

私はこれまでにiPhone 4、iPhone 6、iPhone 8と機種変更して使ってきました。新しくなるほど性能も向上していますので、機種変更する度に満足度が上がっています。バッテリーについても、持ちが良くなっているような気がします。そのためあまりバッテリー残量が少なくなってピンチになることは少なくなりました。それでもたまに充電するのを忘れてしまったために、ピンチになることがあります。そんな時はどうすればよいのでしょうか?

スポンサードリンク

iPhoneのバッテリーが少ない時の対処方法

iPhoneのバッテリーが少なくなってしまった時の対処方法は、主に以下の3つでしょう。

1.iPhoneを充電できる場所を探して充電する

スマホが普及したため、充電ができるコンセントが用意されているお店が増えています。スターバックス、タリーズ、ドトールなどのカフェやマクドナルドなどでもコンセントが使える店舗が増えています。ただし、すべての店舗にあるわけではないですし、コンセントが使えるお店でもすべての席にあるわけではありませんので注意する必要があります。また自分が使っている携帯電話会社のショップでもほとんどの店舗に充電できるコンセントがあります。

2.モバイルバッテリーを買って充電する

近くに家電量販店などがあればモバイルバッテリーを購入し、それで充電するという方法もあります(*充電済みですぐにiPhoneの充電に使えるのかを購入前に確認しましょう)。またコンビニや携帯電話ショップでもモバイルバッテリーは購入できるでしょう。モバイルバッテリーならば、購入後に移動しながら充電できるので便利です。

3.iPhoneの消費電力を下げてバッテリーを長持ちさせる

どこかで充電することもできず、モバイルバッテリーを購入することもできない場合は、iPhoneの消費電力を下げて少しでも長くバッテリーを持たせるしかありません。具体的な方法は次項で紹介します。

iPhoneのバッテリーが少ないのに充電できない!

iPhoneのバッテリー残量が少ないのに充電ができないと非常に困りますね。通常は帰宅あるいはホテルなどに戻れば充電できると思いますので、数時間程度なんとか凌げば良いような状況でしょう。

最悪の場合は、iPhoneの電源を落としてしまうという方法もあります。そして自分からどこかに電話したり、メールを送ったり、インターネットで何らかの情報を確認したい時だけ電源を入れれば最低限のことはできるでしょう。電源を切っている時に着信があるとそれをすぐに取ることはできませんが、次に電源を入れた時に不在着信があったことが分かりますので、その時に電話すればほとんど場合は何とかなるでしょう。

しかし、電源は切らずに何とか使い続けたいという場合もあるでしょう。そんな場合は、以下のように設定を変更して消費電力を下げましょう。

1.コントロールセンターからWi-FiとBluetoothをオフにする。

2.AirDropを[受信しない]にする。コントロールセンターでWi-FiやBluetoothなどがある四角の部分を強く押すとAirDropのアイコンが表示されます。それをタップすると設定できます。

3.[低電力モード]にする。設定アプリから[バッテリー]に進み、低電力モードに設定します。

4.GPSをオフにする。設定アプリから[プライバシー]に進み、[位置情報サービス]をオフにします。

色々と設定を変えると、後でもとに戻すのが面倒という方は、上記3の[低電力モード]だけでも良いかもしれません。ただし、動作が遅くなり、一部の機能が制限されますのでご注意下さい。


スポンサードリンク

iPhoneのバッテリーが少なくなりやすいならばモバイルバッテリーを準備

iPhoneの使い方は人それぞれなので、バッテリー残量がピンチになることは滅多に無いという方も多いでしょう。通勤・通学時などに長時間動画を見ている方の場合、もしかしたらバッテリーがかなり消耗するかもしれません。もし頻繁にバッテリー残量が気になるようでしたら、やはりモバイルバッテリーを一緒に持ち歩くようにした方が良いでしょう。

前述のようにiPhoneの設定を変更して消費電力を下げた場合は、動作が遅くなったり、一部の機能が制限されてしまったりしますので、本来のiPhoneの性能をフルに発揮することができなくなってしまいます。そんな状況でバッテリー残量を気にしながら使うようではストレスが溜まります。思う存分使えるようにモバイルバッテリーを用意した方が良いでしょう。

一部のモバイルバッテリーでは発火するなどのトラブルが発生するリスクもあるようですので、選ぶ場合は売れているものを選んだ方が良いでしょう。以下は楽天ランキング1位のモバイルバッテリーのバナーです。

まとめ

iPhoneのバッテリーが少なくなってしまった時の対処方法について紹介しました。バッテリー残量を気にしないで使えるようにしたいですね。

iPhoneの便利なアクセサリーやアプリ、使い方などはこちらの記事「iPhoneのアクセサリーとアプリと知っておくと便利なことまとめ」にまとめました。

スポンサードリンク


-iPhone
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

iPhoneのLightningケーブルは認証品でないといけないのか?

スポンサードリンク iPhoneやiPadは人気が高く、多数のユーザーがいますね。私も使っています。性能的にもデザイン的にも気に入っているのですが、ある程度使用するとLightningケーブルが壊 …

iPhoneのコントロールセンターをカスタマイズする方法

スポンサードリンク iPhoneは気軽に持ち歩けて、いつでもインターネットや電話を利用したり、アプリを使ったりできますので、本当に便利ですね。それだけにやりたい操作がすぐにできるように設定しておき …

iPhoneは落とすと壊れる?画面を保護・落下時に保護する方法

スポンサードリンク iPhoneユーザーは日本では多数います。使い込んで行くと、もはやiPhone無しでは気持ちが落ち着かなくなるほど、大切なものになってくるでしょう。そんな大切なiPhoneが故 …

iPhoneの天気アプリのおすすめ!雨雲レーダーも使える!

スポンサードリンク iPhoneには便利なアプリが多数ありますが、その中でも基本的なアプリとして多くの人が天気アプリです。快適な生活を送るためには、天気予報は大切ですね。しっかり確認していれば、傘 …

iPhoneのバッテリーの劣化を防ぐ方法!劣化の原因は?

スポンサードリンク AppleがiPhone 6などの機種で、リチウムイオンバッテリーの劣化度合いに応じて、iPhoneが突然シャットダウンするなどのトラブルを防止する制御を行っていることが話題に …

最近のコメント